2016年03月29日

Flying Dutchman

「クライフがいってしまった」

とオレが言ったら


職場のロッカールームで彼は何も言わずにうなづいた


barcelona.jpg

Johan Cruyff



R.I.P.
posted by yuzamurai at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | football好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

Helter Skelter (しっちゃかめっちゃか)

へルタースケルター.jpg
(原画)

「ヘルタースケルター」岡崎京子


有名なヘルタースケルターも名作だ



日本ではヘルタースケルターを、しっちゃかめっちゃかと訳すのです


「ひっちゃかめっちゃか」かと思っていたが、

「しっちゃかめっちゃか」が正しいのか



「しつこい」

「ひつこい」っていったりするからな


「7」も「ひち」っていうたり


西日本に多いのでしょうか



はて



しっちゃかめっちゃかのすさまじい映像


ホワイトアルバムが世に出たのは1968年の暮れだから、

この映像もその年のものだろう



posted by yuzamurai at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

岡崎京子さんの作品で知ったこと(テクノポップ)

エッジ.jpg


岡崎京子さんは、

80、90年代に多感な時期を過ごした人間にとって、

なかなか避けられず



わっちも一撃くらった




テクノ、ニュー・ウェーヴ(New Wave)、ツバキハウス、ロンドンナイトなど

その存在を知ったのも岡崎京子さんのたくさんの漫画だったと思う




今のようにネットが普及していない時代だったし、

80、90年代の田舎の中学、高校生(わっち)は

少なからず、その作品群から東京を想像、妄想したりした


「原爆オナニーズが〜」みたいなセリフも刺激的だった


そのおかげで毎夜、

オシャレでイカレタ原宿とかこわい新宿が頭の中を渦巻いていたような



ガールズ.jpg


岡崎京子という人をテクノ、ニューウェーブというくくりだけでどうこうゆっても

とても、もったいないのだが


ただ、

彼女の作品には、いつも自分がまだ見ぬ知らぬ

音楽、風俗があった




わっちは今もこうして、感謝したい


テクノポップの番組見て

それを思い出してた





600こちら情報部「'80春 テクノ・ポップって何?」(1980) 1/2


600こちら情報部「'80春 テクノ・ポップって何?」(1980) 2/2



「ありがとう」





posted by yuzamurai at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

FENDER MUSTANG MINI 〜ギターアンプの進歩にびびる〜

買ってもうた


「まじで、びびる」


image2.JPG

ポータブルサイズのモデリング・アンプ「MUSTANG MINI」
• 計8モデルのアンプ・モデリングを内蔵。
• 2のエフェクターを搭載。
• USB接続によりPCでディープな音色編集が可能
• バッテリー駆動(単二電池×6)が可能


初めてのギターアンプは

2万円で買ったギターについてきた

あの、バンドやろうぜの小型アンプ

ばんやろ.jpg
(燃えよパンクス)


電池で動く、すさまじく音量の無いあの小型アンプ


ああ、

あの日あの時、友達の家で練習した


ドラムの生音に

圧倒的に負けた、あの音量



ドラムに

「もっと小さい音で叩け」というと

ドラム担当の方.jpg


「無理!」と彼はいう




鳴り響くツーバスドラム

しかも、高速









「頼むけん

バスは1個にしてくれや」



これが、あの時あればなと思ったのでした





posted by yuzamurai at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

タモリ vs Run DMC vs

rundmc.png

画像に難はありますけど、観れるだけでありがたい



タイムリーで、さっき

職場でRun DMCのかっこよさについて熱弁していたところだったぜ



タモリ vs Run DMC 1986



して、

半ば強引だが、アディダスのジャージはオールドに限る(個人的好みの問題ですが)


ja-ji.jpg


あと、フットボールファンの観点からは

クライフ.jpg

変則2本線もしびれる


この時、クライフは個人的にプーマとの契約があった為に

苦肉の策として

オランダ代表のアディダス3本線をひとりだけ、2本線にしています

しかし、この頃もクライフは立ち姿やその所作がいいな






posted by yuzamurai at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロール会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

「渡良瀬橋」と私

「いってみたくなります」




森高千里の「渡良瀬橋」誕生秘話
タグ:森高千里
posted by yuzamurai at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

とどのつまりの洗濯板(Washboard)A

またずいぶんと書いてなかった

その間にも

いろいろあった洗濯板

image1.JPG

まず横っちょに

ギターのストラップホルダーっていうのかな?ピン?
それをねじ込んだ
(これはストラップつける為のもの。ちなみにストラップはまだない。
ださいストラップはいやだから、革を切って自作します『予定』)




「そして、シンバル!

ロケンローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」



楽器屋さんで

見るからにジョニー・ウィンターみたいなお兄さん(店員)に相談しながらさ


彼(ジョニー)の得意分野はギターでなかったのかしらん

たまたま、ドラム担当者が休憩時間とかで

彼は(ジョニー)は汗をかいてた

「はぁ、はぁ、

せ、洗濯板

はぁ、はぁ、せ、洗濯板に合う

シンバル・・・」いうて


不慣れなせいだろう

・・・


したらやね

ドラム担当の方が、


ドラム担当の方.jpg



「あとは、まかせんしゃーいいい」



いうて、くるわけよ


シンバルがオレの洗濯板でロールするわけよ



「わかるかなぁ」



image3.JPG

今、ハーモニカも引っ張り出してきた

ずいぶん数が足りないのはどうしてだろうか




「母上様

こうして、さっぽろは今日も平和です」
posted by yuzamurai at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

スケートボードについて

わたしは昔、スケートボードに乗っていた

それは、小学生から中学生のころで

でもそれで飛んだり、トリックをするといったものではなく、とにかくチクタク乗る

滑るというのかな


遊びと移動手段だった


スケボー1.jpg

我が家が面したアーケード街の路面は凹凸が無く綺麗に舗装されていて

スケボーやローラースケートをやるのにはとても適していた


その為、ご近所は小さなスケーター達のメッカと化していた


すこしだけ





わたしはブームが去っても買い物やおばあちゃん、おばさんの家に行くのに

つまり、移動で使っていた



だから、乗るだけならすいすいと速い



一度、車に突っ込んだけど

つるつる路面で小石が挟まるとタイヤがロックするのです


「キュッ」って


車の中からおばさん出てきて

素直に謝ったらゆるしてくれた



「そう」

暖かくなったら、移動に遊びにスケートボードを買おうと思うのだ

すいすい乗るだけ




わたしはもう小学生でも

中学生でもない

スケボー.jpg
スーツのいかしたオジサン(1960年代のニューヨーク)


ただ、スケートボードに乗るのに

永遠の14歳のような格好でなくてもよいのでした



「でも、怪我には気をつけましょう」
posted by yuzamurai at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

テントが宙に浮く

この世には重力いうものがあって


わたしやあなたが

日々、物を持った時に感じている



わたしが勉強した重力、

アインシュタインの一般相対性理論でいうところの、時空のゆがみ



「The Weight」でThe Bandが歌う

荷をおろせよ ファニー

自由になり、荷をおろしてくつろぎな

そして



スノーピーク、


カタログ.JPG


何か所も何か所も

カンッカンッ とペグを打ち込まれ、

大地にびしっと固定されるのが、テントだったのだが、



荷をおろし自由を求め

ついに、

宙に浮いた

のかな




そして、福袋




なるほど


スカイ.jpg


人生に野遊び
posted by yuzamurai at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの相棒や素敵な道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

とどのつまりの洗濯板(Washboard)



「Soap And Water Blues」Washboard Sam



洗濯板を買った


日本で買うにはあんまし選択肢がない

以前欲しかった洗濯板は、後回しにしていたらもう無かった


それからというもの


ずいぶん調べ探したけど、ほぼこれ一択となっていた



「これから、カスタムせねば」

と思っている

まずはシンバルかしら

カウベルかしら



「これは、

わたしのセンスが問われるな」



洗濯板.JPG


posted by yuzamurai at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。