2008年01月31日

かぜのひきかた



roll2.jpg


風邪をひいちまったよ

頭がいてぇし咳が出る


ん?


もすぃかして インフルエンザ?



あれは去年の今頃だった

友人の結婚式 恐怖の集団感染!

仲間がバタバタ倒れていったあれ…

新郎も新婚旅行先で点滴を打ったというあれだ

思い出・イン・マイ・ヘッド

高熱で頭がパーになるとこだったぜ

オレに資金があれば映画化するのに



まっ

今回は違うっしょ

外はこんなにいい天気

SORA.jpg

すこぶる快晴


盆栽に水やって・・・


葉が一枚もないけど いいんかな

冬の盆栽ってこんなもんだっけ

毎日、水はやってるけど

BONSA.jpg




自宅待機・・・




オレの傍らで暖房器が

ぼぼー

言うて頑張っている

けな気じゃ 





先ほど友人がふらり訪ねてきて「これからバイクで走るんだ」と言って

去って行った

風邪がうつるといいのに!





今夜のスタジオにむけて ギターとベースを交互に弾いた

さっきから曲の構成が全く頭に入らん

曲が複雑なのか

馬鹿と風邪が邪魔をするのか



あー頭が痛いぜ!


オーイエー

オレはもうダメだ!



ズックで転ぼう



ロックンロールと風邪の素敵な関係



風邪のひきかたをこっそり教えるから

今度、家においで


ROLL1.jpg
posted by yuzamurai at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

日本フォーク私的大全

nagirasann.jpg

なぎら健壱氏の「日本フォーク私的大全」

目次

高石ともや
岡林信康
五つの赤い風船
高田渡
遠藤賢司
加川良
三上寛
斎藤哲夫
吉田拓郎
武蔵野たんぽぽ団
RCサクセション
泉谷しげる
もんたよしのり
友川かずき
井上陽水
なぎら健壱


買ったのは10年位前だと思う

いかがわしい フォークグループ「クレージー・ゴン」をやっていた頃



いっちょ前に夜の高円寺なんかで歌ってたあの頃

gita.jpg

愛用のギターは

フリー・マーケットで千円で買ったギターが壊れて

お茶の水で8千円出してギター買ったんだった

そいつで夜な夜な歌った



頂いたチップ?で真夜中に遅い昼食を

メンバーで牛丼食って、アルコール喰らったね


女の子とお知り合いになりたいと淡い期待も抱いたね(甘いよオレ達)


高田渡氏には会えなかったけど

帰りの(早朝)ホームで時折会う時代錯誤のフォークの兄貴には憧れたな

あんたは誰だい?いかしてるぜ!ってね


うおおおー


「日本フォーク私的大全」の話に戻る


高田渡、RCサクセション、遠藤賢司 は今でも自分のアイドルだけれ

ど、その頃が一番熱心に聴いていた時期かもしれない

60年代末、70年代初頭の日本フォークに興味津々の当時のオレにはバッ

チリだった






なぎら氏本人がかなりの酒豪だけあって、酒にまつわるエピソードが特

にいい



コンサート会場に来るまでの夜行列車の中で飲みすぎて血を吐いてしま

う友川かずき氏

やっとこさ 会場やってきた青白い顔の友川氏を待っていたのは

本番前から泥酔する高田渡氏となぎら氏

友川氏は「少し飲んだら治ります」と言ってまた飲み始める・・・

素敵過ぎる!

この3人には絶対敵わんが

是非一緒に飲んでみたかったと思わせる



高田渡氏が楽屋のトイレで吐き出したら、やさしい友川氏は介抱するも”もらいゲロ”

お互いが背中をさすり合い ゲロゲロやってる

それを酒飲みながら見てるなぎら氏がいるんだ

コレ、本番前の話ですよ たまらんなぁ 

当時「新譜ジャーナル」が発表した

フォーク界酒豪ベスト3

@高田渡 A友川かずき Bなぎら健壱

にも納得




あんまり内容ばらすとアレですな

これは

つまみにもいい

是非酒でもグイグイいきながら読んでみてください イケます

本当でっす



なぎら健壱「日本フォーク私的大全」にまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「RCサクセション」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
posted by yuzamurai at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

かかしに跨ってブギするぜ!

両手を広げてこぼれない分だけしか

望んじゃいけねぇ 欲しがっちゃいけねぇ


窓を開けよう


そこから月が見えますか?

tuki3.jpg


家が無くなるという衝撃の事実に直面しているオレです

柱の傷は一昨年の…



そんな 充分な感傷に浸ったら 


月明かりでギターを弾き 我が家にお別れ

引っ越しベイビー 今夜は一晩中 歌って 踊ろう!!! 

うぇーい 




明日への希望

@今以上のド田舎に住みたい 

A納屋でロール

Bかかしに跨ってブギ

C肥えだめダイブ

Dおばあちゃんと縁側でお茶したい



ブギってのは


明日へ突き抜ける為の手段


そう


あのコに極上のブギを



愛してると月に叫んで



窓を閉めた



ho2.jpg

Hound Dog Taylor もニヤリ

あんたみたいにヤリタイよ




神様 今夜、オレとあのコに極上のブギをください




Hound Dog Taylor and the Houserockersのブギにまいってるのなら、

こちらもお薦め↓↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「チバさんのR&R」へ

「ロックンロールの偉人・変人1号2号大集合」へ


posted by yuzamurai at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーズを踏み鳴らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

ひっそりR&Rアンケート

yakei.jpg


アンケートのお話

もう アンケート投票したよ って方、ありがとうございます!

まだだよ って方、よろしければポチリと投票お願い致します


実は右サイド・バーで

”ひっそりR&Rアンケートやっているのでお願いします”店主
posted by yuzamurai at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | R&Rアンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ジュリーにクラクラするズラ!!!

JU3.jpg

おまちかね

続編 ジュリーです 

誰も待ってくれてなくてもやります

ジュリースイッチが入りました

きゃー


うーむ しかし いい男だ きらきらしとる  そっちのケはないが参

るね

クラクラするズラ!!! 

さぁ

樹木さんのジュリー



展開めまぐるしく

樹木さんから裕也さんへ 

チャック・ベリーに蹴りをいれた男 内田裕也

裕也さんもエピソードにことかかん人だけれどジュリーも負けちゃいな



「イモジュリー」事件とか

新幹線の車内で一般客に「イモジュリー」と呼ばれたことに立腹し、

蹴り&金玉を握ったというやつ

ずっとオレは逆だと思っていた

一般客がジュリーの金玉を握ったのかと ”モテ過ぎ”が故の嫉妬一握

りみたいな


どっちにしても結局は嫉妬からくるものかな きっと当時は全ての日本

男児が嫉妬したんじゃないか

やはりジュリーの時代だったと思うんだ





ではこれを!映画のワン・シーン↓

やくざ役のジュリーの一言 & 裕也さん吹っ飛ぶ

おさわがせ じゃなく おさがわせ 

「おさがわせしちゃったね」

http://www.youtube.com/watch?v=IeoAYeB6n74





そんなジュリーと裕也さん

かなりイカシタステージになってます

映像の途中で挿入される二人のスナップ写真も素敵です

裕也さんとジュリー

http://www.youtube.com/watch?v=aFumuJ6dibA

きゃー





ジュリーにズキュンなら この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「早川義夫とジャックス」へ

「The Rolling Stones」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

ラブ・ゼネレーション 早川義夫

hayakawa.jpg

「ラブ・ゼネレーション」早川義夫 著

72年に発売された早川義夫の本で「ラブ・ゼネレーション」ってのがあ




音楽に猥褻

遠藤賢司、岡林信康、はっぴいえんど、高田渡 他を早川義夫の視点で

書き綴った音楽エッセイ集


72年の発売から、長い間絶版であったが

92年、20年ぶりの復刊を果たした


ふんぎゃやあああ


”美人喫茶に美人なんかいないのと同じように、フォークコンサートにも

フォークソングなぞない

歌は歌のないところから聞こえてくる”



そう はじまるエッセイ





自分の手元にある「ラブ・ゼネレーション」は今から10数年前に買った

文庫本だ


時折、手に取る一冊


完結しない


終わることがない一冊


きっと、誰が読んでも、切れることなく続いていくだろう




”足りないのではなく、何かが多いのだ”



には しばし言葉を失った



風化することのない言葉が詰まっている


ほんとだよ






ラブ・ゼネレーションにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「ザ・ブルーハーツ」へ

2008年01月25日

ジュリーとラジオとネオ・ロカビリ−

ああ ジュリー

ju.jpg



伯母がジュリーのファンだった



家で縫製業を営んでいた伯母


ラジオからはジュリー


ジュリーが流れるラジオ


大人の音楽

お酒が飲める人の音楽


ミシンを踏む伯母の後ろ姿 と ジュリー



疲れたよ 肩がこるよ と言って ソファーで一休み


そしたら また、ラジオからジュリーが流れた





テレビで観るジュリーはなんだかとても艶っぽかった

男の人なのに、そこには女の人にしか醸し出せない何かがあったように

思う



ジュリー流れたら素敵だね 



ジュリーのネオ・ロカビリー 




伯母は今も縫製の仕事をしている

先日伯母の家を訪ねた 

家も新築されてて当時の面影はない

ただ  

作業机を覗いたらやっぱりラジオがあった


ねえ ジュリー





よろしければこちらもどうぞ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ
posted by yuzamurai at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ウルトラQ の痺れ方

uq.jpg

なんだか ウルトラマンで盛りあがって来たゾー

(変な方向に走らないと良いが)

こういうテーマは奥が深く

安易に突くと大変危険なのだが

オレは遠慮なく行くぜ

よーし

ウルトラシリーズで一番カッコイイ オープニング・テーマは何か

先にウルトラセブンはぶちかました あれもイカス

じゃあ ウルトラマン?

ギーターの音、フレーズがイイ!

だが一番となるとこいつだ


めっっちゃ かっこええ!!! ぎゃ!!!


ウルトラQ オープニング・テーマ






映像と相まって物凄い痺れる



以前、サーフ・コースターズがこのナンバーを最高のインストロメンタ

ル・ロックンロールに仕上げてくれた

あれは名カバーだったな

オレもカバーしようかなんて思う今日この頃


そしてだ

ウルトラQは当然全てのウルトラの元祖になるわけだ

内容も悪いわけがなかろう

有名なカネゴンやガラモンもここから飛び出したんだ



* オレはリアル・タイムで観たわけじゃない、セブンもそうだ

完全な後追い(の割に偉そう)



小さい頃からおかしかったオレはウルトラマン80では物足らず、昔のウ

ルトラ・シリーズの本を読み漁った

(実家は本屋を営んでいたので、本には困らなかった)

そしてぶち当たった ウルトラQの偉大なる壁

怖かったのはカネゴン

kanegon.jpg

貯金が趣味という普通?の小学生 加根田金男(名前が普通じゃない)が

お金お金言うてたら怪獣カネゴンになってしまう話だ

人間が、しかも自分と同じ小学生が怪獣になってしまうという設定が恐

ろしかった 

誰かに知ってもらいたくて、家で働く従業員のおじはんに

「カネゴン知ってるか?」と聞いたら知ってた


「お金、お金、言いよると、お前もカネゴンになるぞ!」と脅された


んなわけねーと思いつつもびびった


それで


守銭奴、銭ゲバにだけは死んでもなるまいと堅く心に決めたのである


だから現在も散財が止まらない



嫁さんごめんなさい




↓↓これで(ガラモン〜の流れで)カネゴンが観れます 



陽気にふるまってしまうからこそ、そこにある悲しさが心をつつく




面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月23日

クレージー・ゴンとオレとウルトラセブン

こうやって飛ぶ夢をみた

7to.jpg


みなさんいかがお過ごしでしょうか?


突然ですが、ウルトラマンの時間です


しかも、傑作セブン!


えーっと


とりあえず、変身しとこか






ウルトラマンを知らない日本人はいないだろう


みんなどこかで、ウルトラマンの衝撃を受けていると思うんだ


怪獣がもたらす衝撃


主人公は毎回登場する怪獣だと思ってるオレは毎度ドキドキしながら


・特徴

・しぐさ

・地球侵略に至った理由

・怪獣の生い立ち(これは重要だ)


すかさず 衝撃の4項目 をチェックした



恐ろしくも悲しい4項目を



オレの大好きな怪獣に”クレージー・ゴンってのがいる

この方が自動車を食べるロボット怪獣”クレージー・ゴン”↓↓

gon4.jpg






まず、動機がすごいんだ! 
 

自らの星に、鉄が不足していたが故の犯行だった!


鉄が足りねぇ!とりあえず地球で自動車を喰おう!


宇宙規模の見切り発車!!!! ズガーーン!!!!


きっと他にも鉄採取方法・手段はあったハズだが、バンダ星人によって


地球に送り込まれてしまった


言ったでしょう


恐ろしくも悲しいと


gon.jpg


ルックスも鉄不足の惑星で作られたロボットだけあって、生活感が漂う


圧倒的に資源が不足している感とでも言おうか 


町工場で、とりあえずそこらにあるもん全部くっつけてみたらこうなり


ましたみたいなバランスの悪さ


物凄く男前の、高性能のロボット怪獣でなかったのがリアリティを醸し

出す・・・ バンダ星人も苦労してるんだなと





こんなことがあった…


ある日の友人(バンド・メンバー)はスタジオに来たとたん嬉しそうに

「来る途中のおもちゃ屋で、見かけたら、買わずにいられなくてさ。」

とカバンから、クレージー・ゴンのソフトビニールの人形を取り出した

「こいつがね、車を、こーやって…こーやって」

「ちきしょー、上手く腕が曲がらねー、こーやって・・・」と再現する


あんたもクレージーだぜ



つまり、あれだな

クレージー・ゴンってのは、なんか ほっとけない奴なんだ


名前も凄い”クレージー・ゴン”だから


他の怪獣、キング・ジョーやエレキングなんかは名前もカッコイイのに




愛おしいぜ



10年以上前に活動していた オレ達の伝説のフォーキー・バンド”クレ

ージー・ゴン”の名前はここからまんま頂いた


バンドTシャツ!

gon3.jpg

バンドフラッグ!

gon2.jpg

さっき、タンスから引っ張りだしたら

めっちゃ 汚い!

けど

めっちゃ 懐かしい!


ここいらでバシッと”クレージー・ゴン”を流したいところだが・・・


無い


ウルトラセブンを流せ!


イントロで失禁もののかっこ良さ!↓↓!


ウルトラセブン オープニング・テーマ




変身メガネ欲しいね

それとウルトラセブン全12巻セット

大人になったらそんなブツをガバガバ購入できるもんだと思っていた

が、現実は厳しい





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月22日

問答無用の遠藤賢司

このアルバムのタイトルにジャケデザイン

エンケンにしか出来ぬ仕業


どんな、突っ込みにも微動だにせぬ

凛としたその姿 偉大なり




全ての要素が混在する宇宙



エンケンというブラックホール


boueigunn.jpg

遠藤賢司 「宇宙防衛軍」

1. 宇宙防衛軍
2. 通好みロック
3. ザ・ガードマン
4. 東京演歌
5. 白銀の翼
6. 春のめざめ
7. 喜びの歌
8. 哀愁の東京タワー
9. 夜汽車のブルース
10. 宇宙防衛軍のマーチ(インスト)
11. 宇宙防衛軍放送局(インスト)


遠藤賢司 通称 エンケン


時は70年代後半

一人のロックンローラーに火がついた



セックス・ピストルズに刺激を受け、基本を再確認した男 遠藤賢司

は”プリティ・ヴェイカント”のコーラスにインスパイアさ

れて、名曲「東京ワッショイ」を世に産み落とした

(遠藤賢司氏いわく ワッショイ ワッショイに聴こえたそうな)

確かに日本人の耳には”ワッショイ、ワッショイ”に聴こえる



エンケンは語る



”人間の生きていく存在の重さとか軽さとか、大地を踏みしめて生きる

力強さがロックンロールだと俺は思ってるから、そのロックンロールの

基本をセックス・ピストルズが灯台のように照らしてくれた”



ロックンロール!


これが、基本に立ち返った男の姿!


遠藤賢司 ”通好みロック”



ブラックホール


問答無用の遠藤賢司






遠藤賢司にまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「70's UKパンク・ロック 」へ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

posted by yuzamurai at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

質問@ 中古レコード屋 見つけて素通り出来ますか?

rek.jpg


こんな症状ありませんか?


・どこへ行っても中古レコード屋が気になる

・ビニールの匂いを嗅ぐと意識が飛ぶ

・レコードがオレ(わたし)を呼んでいる気がする

・気がついたら鞄に「レコード・マップ」が入っている


map.jpg


一つでも当てはまるようなら…

ああ 恐ろしい


被害者は誰?


そう


一番の被害者は周りの人々




ケースその1

「今日はレコードなんか買わないよ!ほんとさ!あははは」

なんて言っておきながら

事前の準備はバッチリ

何丁目のどこ

何とかビルの3階

最短コースは…

なんてデータはキチンと頭に入っている

白々しくも巧みに誘導し

「あーあれはレコード屋だね。ちょっとだけ行ってみようかな。仕方な

いねそこにレコード屋があるんだから。仕方ないさ。」

と最低一時間は出て来ない


レコードをまさぐる姿は獣のよう

「怖いわ アナタのその手つき、眼!獣のようだわ!」

と言われたことはなくても



「私の存在忘れてない?」と言われたことありませんか?





ケースその2

意中の盤を発見するとニヤニヤ近寄って来る

「うひひっ、コレねコレ知ってるだろ?前に聴かしたアレの、ジャケ違

い!」

そんな受け答えに困るような報告を嬉しそうにする

「ジャケが違うだけ?勿体無いわ!」と返そうもんなら

またニヤニヤした顔で

「いやいや貴重なんだよ!このA面の3曲目これでしか聴けないんだ!曲

が違うんだ!それとB面のラストもね!CD化されてないしね!しかも値

段見て!奇跡的な値段!うひひっ」





ケースその…


・・・これ以上は書けない 


震えが止まりません


かかわるな危険


病名を付けるならヤッパリ



「ビニール中毒」


「ビニール・ジャンキー」



できるなら学会にでも発表したい


いや、発表しょう


世の為に



近くにそういう方いらっしゃったら御一報下さい





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビニール・ジャンキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ザ・ダイナマイツ R&Bの爆発

dyn.jpg

ザ・ダイナマイツ「ヤング・サウンド R&Bはこれだ!!」

1. トンネル天国
2. マサチューセッツ
3. デイドリーム
4. 恋はもうたくさん
5. ウォーキング・ザ・ドッグ
6. 恋の終列車
7. マイ・ガール
8. ユメがほしい
9. ジュディのごまかし
10. マーシー・マーシー・マーシー
11. のぼせちゃいけない
12. 大人の戦争

瀬川 洋(vo)20才
山口 冨士夫(g)19才
大木 啓造(g)18才
吉田 博(b)17才
野村 光朗(dr)21才

発売時のメンバーの年齢だ

若いな 正真正銘の ”ヤング・サウンド”


ライナーノーツの瀬川氏の発言も胸を熱くする

”今いちばん欲しいもの それはR&Bのすべて”

”そして日本のR&Bを世界に通用させるまでは闘い続ける”

今も闘い続ける男、その発言に偽りは無かった





ザ・ダイナマイツがロックンロール・エンジンを搭載していたのは一曲

目の「トンネル天国」ですぐにわかる

”トンネル抜けて お花畑”って スケベな歌詞も ぎゃいん

この楽曲はプロの作家によるものだが、だからこその気合で怒りのロッ

クンロールに仕上げてみせた

ナンバーから溢れ出んばかり、かなりの爆発力だ


「トンネル天国」がもし他のGSにプレゼントされていたら

某音楽誌のアンケート”一番カッコイイGSナンバー”で1位を取った

り、ガレージ・パンクの古典として愛されるナンバーとはなっておら

ず、全く違う運命を辿ったであろう



他のナンバーも粒揃いだ(CDならボーナス・トラックがガッツリ)


カルトGSや山口冨士夫氏が在籍した…云々を取っ払い

ロックンロール・バンド「ザ・ダイナマイツ」として聴くのをお勧めす



こいつぁ できるぜ




貴重だ! 動くザ・ダイナマイツ 



映画のワン・シーン ゴーゴー・コンテスト!?
 

めっちゃ蛇足だが

個人的に愛する 三大 ”トンネル・ナンバー”があり

@「トンネルの唄」高田渡  物凄く泣けてくる

A「トンネル抜けて」ボ・ガンボス  やっぱり泣ける どんと!

B「トンネル天国」ザ・ダイナマイツ  イエス ロッケンロール!


とにかくこの三つが最高


マスト!米軍キャンプで鍛え上げられたR&Bが爆発する



ザ・ダイナマイツにズキュンなら この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「早川義夫とジャックス」へ

「The Rolling Stones」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月19日

無人の野音で”カレーライス”を歌う遠藤賢司

mannzoku.jpg

遠藤賢司 「満足できるかな 」71年発表の2ndアルバム

1. 満足できるかな
2. カレーライス
3. おやすみ
4. 待ちすぎた僕はとても疲れてしまった
5. 外は暑いのに
6. 今日はとってもいい日みたい
7. 寝図美よこれが太平洋だ
8. ミルク・ティー
9. 早く帰ろう
10. 雪見酒
11. 君はまだ帰ってこない


素敵な映像をみつけたのです

話には聞いていた遠藤賢司氏のドラマ出演シーン



雨が降る中、無人の野音で”カレーライス”を歌う 史上最長寿のロッ

ケンローラー若き日のお姿

貴重だ 観れて素直に嬉しい


しかし めっちゃ シュール


この中で

「友川さん知ってますか?いまどこにいます?」ってのは友川かずき氏

のことのようだ

「まだ、あの人 ギター弾いてますか?」


ギター弾く手を休めない、遠藤賢司


「知らない」と一言

ここだけ観ても、ちいともわからんが、全部観ても結局わからんだろう


71年に、NHKで放映された ドラマ「さすらい」のワンシーン

遠藤賢司 ”カレーライス”



そういう時代だったのか

これがNHKだ

やっぱり

頭からケツまで観ても理解できなそうです

はい


posted by yuzamurai at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

早川義夫とジャックスの世界

ja.jpg

ジャックス「ジャックの世界」68年発売のデビューアルバム

1. マリアンヌ
2. 時計をとめて
3. からっぽの世界
4. われた鏡の中から
5. 裏切りの季節
6. ラヴ・ジェネレーション
7. 薔薇卍
8. どこへ
9. 遠い海へ旅に出た私の恋人
10. つめたい空から500マイル

早川義夫(vo、g)
水橋春夫(g)
谷野ひとし(b)
木田高介(dr、fl)



ジャックスを初めて耳にしてどう思うだろうか?

おどろおどろしい声と言葉

オレは妙なものを聴いてしまった!という違和感が全てだった



そもそも、ジャックスが万人に受け止められるかと言えば無理だろう

日常のあちらこちらで流れる音楽とは異なる性質を持っているジャック

スは、日常一般音楽に慣れてしまった耳に、異物と感じてしまうかもし

れないし、拒否反応は出て当然だ



ひっくり返してしまえば、それがジャックスの凄さ、凄味なのだが


今も昔も関係なく、ジャックスは違和感であり続ける


拒否しようが、受け止めようがどっちだってかまわない

戻ってこようが、戻ってこまいが自由なのだ

ただ、どこかにジャックスが残っていて

早川義夫の言葉に心を握られたまま生きていると、ふいとどこかで再会

するそれに


”伝えたいことと、伝えたい人がいれば、才能がなくても、歌は生まれ

ると、僕は、今でも、思っている”




言葉を失うほど射抜かれる







ジャックスには名盤と評価の高い「ジャックスの世界」ともう一枚

「ジャックスの奇蹟」がある


解散決定後のレコーディング作とあって、メンバーのモチベーションの

問題も大きかろう「ジャックスの世界」ほどの激情はない


曲によっては、早川義夫抜きであったりするわけだが


jac.jpg

69年に発売された 2ndアルバム「ジャックスの奇蹟」

1. ジョーのロック
2. この青い海に
3. 堕天使ロック
4. 運命の囚人
5. トゥ・ラヴ・ユー
6. Dm4 - 50
7. 花が咲いて
8. 君をさらって
9. ロール・オーヴァーゆらの助
10. ハウ・トゥ・ラヴ
11. 敵は遠くに



”ころがってゆけ くずれてゆけ 堕ちるとこまで堕ちてゆけ

咲いた花がひとつになればよい”


堕天使ロック


油断してると、一撃を喰らう


ジャックス ”マリアンヌ ”




早川義夫はビートルズ日本公演体験者だ

ビートルズをはじめとする海の向こうの音楽に魅せられて、ジャックス

を始動した

しかし

当のジャックスはビートルズとも、何とも似つかぬ異質のロックを完成

させた



68年の日本と言う土壌

ジャックスでしか、なし得なかった独自のロックンロールがそこにある




ジャックスにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「ザ・ブルーハーツ」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月17日

ワタリガラス RAVEN 照井利幸

ロックンロール



何気に差し出された、像と音


オレはここで完全に突き抜けた



スタジオLIVE


RAVEN ”Cherry Bon Bon”







raven.jpg

RAVEN(レイヴン)「限り無く赤に近い黒」

1. Concorde Drive
2. 森のアリゲーター
3. Chevy
4. Cherry Bon Bon
5. Demonstration
6. Sugar Cube
7. Voodoo Club
8. Blue Waltz



チバユウスケ氏、中村達也氏らが参加した、照井 利幸ソロプロジェク

ト RAVEN





JOE BROWNNでも


JIM SPIDERでもなく


コイツは


ワタリガラス





ROSSO(赤)ではなく



限り無く赤に近い黒




とかくロックンロールがあって


詩はそこらに転がってる


切なくもあるし、悲しくもある 


それでいて美しい


RAVEN ”Chevy”





RAVENに想いを寄せた方↓こちらもどうぞ

「 ROSSO 」へ

「 The Birthday 」へ

「Blankey Jet City」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | チバユウスケR&R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

彫刻刀でベロマークを刻む男の話



おッ

思い出の暴発

アンディ・ウォーホル デザインの有名なベロマークにまつわる お話

bero.jpg


小学6年生の時の図工時間に ”木製の時計を作る”という授業があっ



20p四方の木板を自由に彫刻し、最後に時計取り付けるといった内容

の…



デザインは自由にとのことなので

無邪気なオレは彫刻刀でガリガリとストーンズのベロマークを彫った


作成途中


「コレは何?」

と同じ班の女の子が聞くので

(クラスが5〜6つ班に分かれているのだ しかも俺は班長だった!…

この制度は特殊なのか?高知県だけか 全国区なのかは不明 )


「ローリング・ストーンズじゃ ロッケンロールバンドじゃ」


とだけ言って またガリガリと彫り始めた

(いやなガキだわ)

そして 苦節数時間

見事なベロ時計が完成したのであった

ただ

勘違いも刻んだ

ローリング・ストーンズがアメリカ人だと思っていたもんだから

ベロマークのバックに彫りこまれたのはアメリカ国旗だった






その思い出のベロ時計が今はもう無い






あのベロ時計はどこへいったろうと探したがどこにも無かった

何度か引っ越しを繰り返したのでその間に無くしたんだろう


非常に残念だ

おしい…



それをおかんに話すと

「もう一回彫れば」と言われた



それは

できない

2008年01月15日

ザ・ポーグス 最高のダンス・ミュージック

shane.jpg

The Pogues(ザ・ポーグス)

アイルランド産の酔いどれダンス・ミュージック


The Pogues(ザ・ポーグス)は、82年、シェイン・マガウアン(vo)、

スパイダー・ステイシー(Wh)、ジェム・ファイナー(ba)

を中心にアイルランドの仲間達で結成された

当初は”Pogue Mahone(ザ・ポーグ・マホーン)”なる名で活動していたが、


「オレのケツにキスしろ」


てなイカシタ意味であったので、良識あるBBCからダメ出しくらったよ

うだ

ややこしいんで、それからThe Pogues(ザ・ポーグス)に改名する

Poguesってのは英語ではなく、ゲーリック語、古代アイルランドの言葉



後年、シェイン(vo)…アルコールでぶっ倒れて脱退 を含むメンバーの脱退後「Pogue Mahone」というアルバムを発表した

オレが初めてのポーグス聴いたのはコレだった

mahone.jpg




84年デビュー・アルバムをスティッフからリリースする

po.bmp

「Red Roses for Me(赤い薔薇を僕に)」

The Pogues(ザ・ポーグス)


1. Transmetropolitan
2. Battle of Brisbane
3. Auld Triangle
4. Waxie's Dargle
5. Boys from the Country Hell
6. Sea Shanty
7. Dark Streets of London
8. Streams of Whiskey
9. Poor Paddy
10. Dingle Regatta
11. Greenland Whale Fisheries
12. Down in the Ground Where the Deadmen Go
13. Kitty

アイルランド民謡とカントリーとパンク・ロックの出会い

こいつぁ 最高の発明だ!





85年エルビス・コステロのプロデュースで2ndアルバムリリース

rum.jpg

「Rum Sodomy & the Lash(ラム酒、愛、そして鞭の響き)」

The Pogues(ザ・ポーグス)


1. Sick Bed of Cuchulainn
2. Old Main Drag
3. Wild Cats of Kilkenny
4. I'm a Man You Don't Meet Every Day
5. Pair of Brown Eyes
6. Sally Maclennane
7. Pistol for Paddy Garcia
8. Dirty Old Town
9. Jesse James
10. Navigator
11. Billy's Bones
12. Gentleman Soldier

おらぁ このアルバムが大好きだ

最高のダンス・ミュージック

世の中とか人生、楽しいことばかりじゃねぇからな

カッコ良いことも悪いことも目一杯 詰まってんじゃないか

ポーグスはオレにバンジョーを買わせたし

(今はケースの中で眠ってるが)

親子の仲も取り持ってくれた

(オレがポーグス聴いてたら親父が「それ貸してくれ」と言った。レコ

ード貸したのはそれが最初で最後?だ)


シェインがタバコ燻らせながら、アルコールかっくらってる




カッコ良くも、悪くもあった

年中アルコールの抜けないシェインの

そのしゃがれ声が、ガタガタの歯の隙間から洩れてオレの気持ちを揺さ

ぶる




君もどうだい?




楽しい時も、悲しい時も ポーグスを



そん時は是非、オレも呼んでくれ


その時は こいつを回そう

The Pogues ”Dirty Old Town”







The Poguesにズキュンなら この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「The Clash」へ

「Elvis costello 」へ

「 ROSSO 」へ

「 The Birthday 」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | シェイン・マガウアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

BLUE CHEER 3ピースの轟音ロックンロール

blue c.jpg

「Vincebus Eruptum」 BLUE CHEER(ブルー・チアー)

1. Summertime Blues
2. Rock Me Baby
3. Doctor Please
4. Out of Focus
5. Parchment Farm
6. Second Time Around



ニルヴァーナ・ボックス DVDの映像で

このアルバムが結構目立つ場所にドカッとあるのが確認できる

3ピースの轟音ロックンロールはカート・コバーンのお気に入りだった

のか



ジャケ見たらすぐわかるだろうけど

thee michelle gun elephant(ミッシェル・ガン・エレファント)の

Chicken Zombies(チキン・ゾンビーズ)

の元ネタもここにありみたいな

cz.jpg




BLUE CHEER

ディッキー・ピーターソン(b、vo)

リー・スティーブンス(g)

ポール・ウェイリー(dr)



誰もやったことのないヘヴィでハードなロックンロールを鳴らしたかっ

た3人組は(その心意気にシビレル)

1968年「サマータイム・ブルース」の変態カバーで世に飛び出した



音聴いたらすぐ、この人たちが普通じゃないのはわかる

じぇったい オカシイ!



長髪を揺らしながら、手数でバキバキに迫ってくるポール・ウェイリ

ーは恐ろしいし

ベース弾きながら、吐き散らかすディッキー・ピーターソンも非常に危

ない

そこへ リー・スティーブンス衝撃のヤクザギターをかき鳴らす



だいたい

デビュー曲にエディ・コクランのサマータイム・ブルースをTHE WHOに

先駆け1968年にやっちゃたのも


素敵だ




オレがそいつをキャッチしたのは30年後


意気揚々とレコード買って帰ったその日さ


音量調整を間違えて針を落としたもんだから、ガラスが割れるかと思っ

たぜ


ババ様は「今のは何事ですか?何て音なの?何かヨカラヌことが起きる

のではありませぬか?」

と怯えていたが


気にせずBLUE CHEERを鳴らした


愉快だ

Blue Cheer ” Summertime Blues”







BLUE CHEERにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ」へ

「チバさんのR&R」へ

2008年01月13日

「アシュラ」ジョージ秋山

裕福ではないが、貧乏でもない

いままで食う物に困ったことなどない


飢え

何の選択の余地も与えられることのない飢え

何だ?


asyura jou.jpg

「アシュラ」ジョージ秋山

少年マガジン連載:1970年〜1971年


舞台は、飢饉に喘ぐ中世の日本


人肉を食う男と屍の描写からこの物語が始まる





40年近く前の少年誌で連載された

ジョージ秋山の「アシュラ」

asyurage.jpg

有害図書に指定されたり、少年マガジンの回収騒動も引き起こした問題




飢餓から母親に食べられそうなった少年”アシュラ”の”生きる”物語


飢餓という地獄を

人を殺し、人肉を食うことによって生き延びてゆく




生きるために、人を殺し、喰う”アシュラ”は獣か?

じゃあ

人間とは

人間らしく生きるとはなんだ


生まれてこないほうがよかったのに

という”アシュラ”想いはどこへゆくのか


後追い世代のオレにも古びぬ一撃


突き刺さる







面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

おかん時々ロックンロール

vol.jpg

こいつを右に回せ!!!



”ロックンロールは大きな音で聴きましょう”



オレが中学に上がりたての、いがくり頭で可愛かった頃

部屋で一人ロックンロールを聴いていたら

突然、おかんがズカズカ入ってきて



「あんた、ロックはデカイ音で聴きなさい」



と言ってボリュームを右に回した


部屋中に大音量で鳴り響くロックンロール

おおー

おかん大丈夫か この音量は




曲は

ストーンズの”ブラウン・シュガー”だった





大音量の余韻にフラフラになりながら

一階の食卓に降りると

やっぱり、おかんがジュンスカ(JUN SKY WALKER(S)の略・・・当時大

変な人気を誇ったビート・パンクバンド)のライブビデオを大音量で観

ていた


恐るべし おかん


「あんたがストーンズで私がジュンスカって年齢的に逆やん」

とおかん言った

そんなことは問題ではないよ おかん


それ以来、トラウマになっている


ロックンロールは爆音でかけろと


実家や学生寮にいる時は爆音で隣近所に迷惑をかけたが


最近のオレはおとなしい


また、おかんに怒られそうな気がする


「あんた、ロックはデカイ音で聴きなさい」と


roll.jpg





ロックンロールに想いを寄せたい方↓こちらもどうぞ

「ロックンロールを想うぜよ」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。