2008年01月14日

BLUE CHEER 3ピースの轟音ロックンロール

blue c.jpg

「Vincebus Eruptum」 BLUE CHEER(ブルー・チアー)

1. Summertime Blues
2. Rock Me Baby
3. Doctor Please
4. Out of Focus
5. Parchment Farm
6. Second Time Around



ニルヴァーナ・ボックス DVDの映像で

このアルバムが結構目立つ場所にドカッとあるのが確認できる

3ピースの轟音ロックンロールはカート・コバーンのお気に入りだった

のか



ジャケ見たらすぐわかるだろうけど

thee michelle gun elephant(ミッシェル・ガン・エレファント)の

Chicken Zombies(チキン・ゾンビーズ)

の元ネタもここにありみたいな

cz.jpg




BLUE CHEER

ディッキー・ピーターソン(b、vo)

リー・スティーブンス(g)

ポール・ウェイリー(dr)



誰もやったことのないヘヴィでハードなロックンロールを鳴らしたかっ

た3人組は(その心意気にシビレル)

1968年「サマータイム・ブルース」の変態カバーで世に飛び出した



音聴いたらすぐ、この人たちが普通じゃないのはわかる

じぇったい オカシイ!



長髪を揺らしながら、手数でバキバキに迫ってくるポール・ウェイリ

ーは恐ろしいし

ベース弾きながら、吐き散らかすディッキー・ピーターソンも非常に危

ない

そこへ リー・スティーブンス衝撃のヤクザギターをかき鳴らす



だいたい

デビュー曲にエディ・コクランのサマータイム・ブルースをTHE WHOに

先駆け1968年にやっちゃたのも


素敵だ




オレがそいつをキャッチしたのは30年後


意気揚々とレコード買って帰ったその日さ


音量調整を間違えて針を落としたもんだから、ガラスが割れるかと思っ

たぜ


ババ様は「今のは何事ですか?何て音なの?何かヨカラヌことが起きる

のではありませぬか?」

と怯えていたが


気にせずBLUE CHEERを鳴らした


愉快だ

Blue Cheer ” Summertime Blues”







BLUE CHEERにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ」へ

「チバさんのR&R」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。