2008年03月31日

夜ヒットの功績

もういくつ寝ると・・・

一週間後いや6日後!

またオレ達のロックンロール・ショーがあるんだ

嬉しいったらねぇー

本当は毎週末ロールしたい!

だらだらやってっとすぐに爺様になっちまう

そんな気持ちをRCでなだめるのさ


BL.jpg


夜のヒットスタジオっていい映像があるんだぜ

驚いたのは(知らないのはオレだけだろか?)

1968年からやってること スパイダースなんかも出たんだね

日本のロック界に多大なる貢献をしております

さていきましょー

山本 譲二氏が歌う「トランジスタ・ラジオ」ええ声じゃー!


あっ


待てよ 先日我が町に譲二さんが来てました本当でつ

この田舎町に譲二さんが! 

そんな時、義兄さんから

「只今スナックで山本 譲二氏と飲んでいるからお前も出動!」と連絡

入ったのに行けなかった…

場所はめっちゃ近いんだ

家から徒歩2分のスナック!走れば1分弱の衝撃!既に我が家で伝説!


ちきしょー 仕事だった!!こればっかりは仕方がないぜ!


ああ 譲二さんのUFOと宇宙人の話と「トランジスタ・ラジオ」聴きた

かった!



気を取り直して

山本 譲二氏とRCの瞬間共演!

以前も紹介した夜のヒットのフル・バージョン

めっさカッコエエ!!!

聖子ちゃんの「夏の扉」を歌う RCサクセション

夜のヒットスタジオ RCサクセション



そして 懐かしの三菱ミラージュ!



そういえば

我が家に「ベイビー!逃げるんだ」のドーナツ盤ありました

スピン!




面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ヘッドバンガーズに会った

義父ちゃんと二人朝からパチンコに出掛けた

オレと義父ちゃんは仲がいい よくふたりで出掛ける

それは釣りであったり、潜りであったり、山芋掘り…

2人で温泉に2人でキャンプもある

変わってんなー 実の親父とはそんなことしたことがないのに



そんな義父ちゃんは実に面白い野人だ



2人で貝をとりに海へ出掛けた時も…



磯までは結構な山道

道のないところもある

貝をとり終えさて帰るぞとなったが、まだ義父さんがゴゾゴゾやってた

ので

重い荷物を抱え(年齢的に重いものはオレの役目なのです)先に山道を

あがった

一時期 オレは自転車や水泳、山登りにも凝っていたので意外と体力は

あるから10分ほどで車にたどり着く

義父ちゃんなら15〜20分かかるだろうか

しかし待てども待てどもあがって来ない

流石に心配になってきた

滑り落ちたのではないか・・・

こりゃーイカン!と来た道を下ったら ガサガサと音がするので

そちらの方へ


「おとーちゃーん!!!」


と絶叫したが返事がない

もう一度叫びながら近づくと物凄い早さで離れていくので

こっちも意地になって


「おとーちゃーん!!!」と追うとだった


すると下の方で

「何をしよーがぞ?」と義父さんが山芋を掘っていた


迷惑な人だ


この日もやたら朝早く電話が鳴って

「パチンコ行くぞ!」と起こされた

「開店9時やん!早過ぎでは?」とオレがなだめるも

隣町のパチンコ屋までいって並ぶのでこの時間じゃないとイカン!と燃

えている

で生まれて初めてパチンコするのに並んだ


並ぶの嫌い


しかし

並んだ甲斐あってふたりとも新台に座れてまずまずの出だ

がだんだん飽きてきた


この台は退屈だ!


勝ち分を換金しスロットへ出かける

すると… まずまずの勝ち分が30分でぶっとんだ!

つまらん!もう止めだベイビー!


義父ちゃんを覗くとまだとり憑かれたように打っていたので

時間つぶしに一人近くのバッハとかいう本屋に立ち読みに出掛けた

音楽のコーナーで何かないかなーとパラパラやっていた

すると一冊の音楽雑誌

昔は良く買って読んでいたがここ何年も読んでいない

久々に手に取って読んでいたら

head.jpg

ヘびじのインタビューが載っていた 

(ヘびじについてはこちらを参照「へびじの心意気」へ

ニューアルバムの紹介とともに


凄い偶然だ! 毎回へびじの記事が載ってるわけじゃないだろうからね

この雑誌読んだのも数年ぶりだ!ジャスト!

嬉しくなったので 義父ちゃん誘って回転寿司食った

「30分しか休憩がないぞ!」とそわそわする義父ちゃんをよそに


オレは嬉しくてちょっと幸せだった





「ヘッドバンガーズのブログ」へ


へびじの心意気についてはこちらからどうぞ↓

「ザ・ヘッドバンガーズ」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ


2008年03月29日

恋のパトカー

ピストルズはロックンロール詐欺だったが

この人が醸し出す雰囲気も実にいかがわしい

pb.jpg

今、私の手元には日本で結婚詐欺でもしてそうな感じが素敵なジャケの

ベスト盤のCDと

1stのLP(こちらもその種の匂いを感じ取れる)がある


さて

HUBBLE BUBBLE.jpg

70'SベルギーにHUBBLE BUBBLEという恐ろしくカッコイイパンク・バン

ドが存在する

ベルギーには他にもカッコイイバンドがあるんだが

どうしても、日本ではB級の存在になってしまう 

(致し方ないか・・・)


そこで日本に一矢を報いた?のがPLASTIC BERTRAND(プラスティック・

ベルトラン)であったか

まぁ よく言われるところのクラブ・ヒッツ!

それ系のクラブでは今でもヘビーに回ってんじゃなかろうか?

夜な夜な若者達がぶりぶり踊るんである



HUBBLE BUBBLE時代はドラムを担当していた彼がフランスでパンク歌手

として覚醒!


邦題が「恋のパトカー」ってのがまた す・て・き


頭ん中 カラッポにして踊ろよベイビー!


PLASTIC BERTRAND 「CA PLANE POUR MOI」



こちら↓↓もどうぞ!

「70's UKパンク・ロック 」へ

「70's USパンク・ロック 」へ




面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月28日

世は花の金曜日

花の金曜日

easy.jpg

嫁さんと喧嘩中のオレは今夜の晩飯に頭を悩ます

財布には現金45円

とても外食は無理だ

最近運動不足で喰い逃げも自信がねぇぜ!

かといって突然親戚の家にしばらくご飯をごちそうに…などとおしかけ

たら

普段そんなことしないから

勘ぐられるだろう

イカン!

今日もけんこうイカをかじって明日を見据えよう

なんつって・・・

米はあるからヘーキ!


オレのガソリンは米!最高!


ああ この妙なテンション!


それは



つい先日ことだった



早朝


散歩をしている見知らぬおばはんに起こされた

「あんた 大丈夫かい?」と

外で寝ていたようだ 飲み屋ビル脇の道路だった

とても寒い

でもまだ猛烈に酔っているから

面倒臭くなって もう一度寝てやろうと横になったら

おばはんがまた世話を焼いてくるので 帰ることにした ふらふらと


アノ日がいけんかった! そいつがお前を憂鬱にさせるのかい?と嫁に

尋ねたら

「原因はあんたじゃー」と言われた

だから

昨日も

花の金曜日にも


どこへも行かず家でギターを弾いてロールするのさ

すると

「他でやってくれる?」とくるんだ

怖いぜ!


だから音は全てミュートしている


今度オレのギターを聴いてくれ

抜群のミュートを聴かせるぜ



ここでイージービーツをブチかまそう!

知ってるだろ?

オレも大好きなオーストラリアのロックンロールバンドさ!

「花の金曜日!!!」

と心で叫んで嫁を横目でチラリ


横顔がこえー!


ロ、ロッケンロール!!

The EasyBeats 「Friday on my mind」





是非↓こちらもどうぞ

「The Rolling Stones」へ

「The Kinks」へ

「THE WHO」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月27日

空耳の奇跡

夜更けに一人

酒を飲んで 空耳アワーを鑑賞する

空耳アワーとは深夜番組「タモリ倶楽部」において、1992年から長

きに渡り放送されている人気コーナーだ

昔は時々観ていたが、最近全然観ないなぁ

現在、高知県の民放では放送されていないのだと思われる


<空耳アワーの賞品について>

作品の出来によって賞品が変わる

@手ぬぐい

A耳掻き(ソラミミかき)

BTシャツ(フリーサイズ)

Cジャンパー


Cのジャンパーが最高の賞品であり難関

コレは中々進呈されないんである…



「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる空耳アワー

のお時間がやってまいりました」



空耳アワー 100連発





少し笑ったあとはまた静寂が訪れる



お供に

何かちょうど良かったので・・・


ああ


今夜は冷えるなぁ  もう一本いこう



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ザ・ブルーハーツ 初めてのテレビ出演

1987年 ザ・ブルーハーツ 初めてのテレビ出演


こりゃー興味深いでっす!


話には聞いてた(読んでた)このやりとり・・・


まずここから

夜のヒットスタジオ  オープニング部



ヒロトと古館氏とのやりとり

「武道館ソールド・アウトは嘘です・・・そう言った方が盛り上がるじ

ゃろー」とヒロトがいえば

「じゃろー?」と語尾の方言をやたら強調する古館氏


「これで演奏出来なかったらただのチンピラですね」と演奏前に一言


それにこたえヒロトは


”ドブネズミみたいに美しくなりたい

写真には  テレビにも  写らない”

とリンダリンダを歌った


夜のヒットスタジオ  ザ・ブルーハーツ「リンダリンダ」



リンダとはスペイン語で美しいの意


写真にもテレビにも写らない美しさがある




こちら↓↓もどうぞ!

「ザ・ブルーハーツ」へ

「ザ・ハイロウズ」へ

「ザ・クロマニヨンズ」へ

「Sex Pistols」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 18:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 甲本ヒロトと真島昌利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

Monkey man

ああ 猿

猿男の歌  


最期はベタにオナニーのし過ぎで死にたいとのたまう

spe.jpg

The Specials

1. A Message To You Rudy
2. Do The Dog
3. It's Up To You
4. Nite Klub
5. Doesn't Make It Alright
6. Concrete Jungle
7. Too Hot
8. Monkey Man
9. (Dawning Of A) New Era
10. Blank Expression
11. Stupid Marriage
12. Too Much Too Young
13. Little Bitch
14. You're Wondering Now


そんな午後に

オレは大好きなスペシャルズを流す

曲は「Monkey man 」

死ぬほどアイラブユーな1stアルバムに猿男の歌


スカ・ビートに乗ってやってくる


辛辣だ 最高にイカシテル

世の中クソだらけじゃー 

厭世感にかられたら

こいつで朝まで踊ろう オレが付き合うぜ! 

The Specials 「Monkey man」



字幕付きで最高!80年の日本ライブ!

モンキー・マンって誰のことだい?



あんたならわかるだろう?





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月24日

ひつこく キャンディーズのお話

うおおおおおおおおおおおおおおお

cand.jpg

ご ご ごーるでん べすと!


ジャケがやば過ぎる!たまらん!


レジ5回素通りしそう


中学生のオレじゃなくて良かった




そんな徹夜明けの30のオッサンは

色々なキャンディーズの映像観て朝から唸る!

何気にコーラスワークも渋いし、猛烈カワイイぜ!

コンサート会場のやつなんか

ランちゃーんとか叫んでる奴いるけど


あれオレか?


叫ぼう! 

そして お母さんに謝ろう こんな僕でごめんなさいと



でね気づきました



そのランちゃーんと叫ぶ声が良く聴くと(良く聴かなくても)時折ハモ

ってることに!!

確実に集団!  ハウ メニィ イズ イット

応援団?


きっとハッピに鉢巻きの団長がバリバリに仕切るんだろー

そして

タイミングがズレたらしばかれるんだろーな

結構 過酷な世界だ


オレは

スーちゃーんの時も

ミキちゃーんの時も

断固ランちゃーん叫んで袋叩き

うーむ

ある意味この時代に生まれなくて正解だったかもしれん

オレが危険すぎる!

キャンディーズに狂って明星毎月買ってたかもしれんし、その切り抜き

を下敷きにはさんでたかもしれないんだぜ

そして

スーちゃんファンとミキちゃんファンとはいつも いがみ合うのさ

休み時間にね




で この映像だ

「皆さんに謝らなくてはならないことが…あります…」

謝らないでくれよ ベイビー オレ号泣必至じゃん!!!

笛をリズミカルに吹いてる人(観客:きっと応援団)が猛烈に気になる

のはオレだけ?

キャンディーズ 解散宣言



再結成望む



ヤッパリ

「年下の男の子」が抜群にいい!





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ランとスーとミキ

ランとスーとミキ

うーん三人の名前もいい

でも誰がランで誰がスーか顔が一致しないけど

その程度で貴様はキャンディーズを語る無かれと怒られそう!

確かにその通り


こりゃイカン!

ポチンと調べてみたら

1978年4月4日にはファイナルカーニバルと銘打ち5万5千人を前に後

楽園球場で解散コンサートだそうな

オレはまだ1歳にも届かないぜ

でも映像は見たことある 懐かしの何とかってテレビ番組で何度も

気になるぜ キャンディーズ!


正直いうと ピンクレディはあまり気にならない

ピンクレディも世代じゃないなぁ


何故か

キャンディーズはすごく気になるんだ



ちなみにグループ名の由来は

”食べてしまいたいほどかわいい女の子たち”だからキャンディーズ

だそうな


猛烈アタック!!!



例えばこれ

初めてベスト10に入った記念すべきナンバーだそう

キャンディーズ 「年下の男の子」



三人の並んだ姿がいいよね なんつっても楽曲・メロディがいい

他のナンバーもスゲーいい!

今はこんなガールズ・グループいねぇで

ちなみに真ん中の子がオレのタイプです

ランなのかな?

ちくしょー ヤッパリ わかりません
 
勉強してきます!



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ


posted by yuzamurai at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

Jon Spencer Blues Explosion

朝酒


昼酒


夜酒



がループするような素敵な日々は


ジョン・スペでぶっ飛びたい

jsb.jpg

うおお 


永遠はいらねぇ


今が欲しい


導火線の短いロックンロールが瞬間で爆発する

Jon Spencer Blues Explosion 「She Said」



今夜も仕事終わりに連行喰らって

朝までダンパ!



ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月21日

欲望の加速

rcab.jpg

ロックンロール

またはそのルーツとは?

どこが始まりか?


そこにはブルースがあって、ええーっと

などと

青筋立てて講釈たれるのは、不毛でもあるし非常に面倒である


ハッキリとした何かがあるのかなんてわかりはしない

ただそんな気がするだけだ

1954年の”ロック・アラウンド・ザ・クロック”が全ての始まりか

それ以前にロックンロールは無かったのか?




ロックンロールはビートの加速ではなく欲望の加速によって生まれ育った

と誰かが言った

ではこれからどこへ行くのか



我が家では[RCAブルースの古典]がターンテーブルを回る


戦前のブルース


80年前の音を聴いて想いに耽る




ロックンロールとは生きることの話


”ロック・アラウンド・ザ・クロック”より以前にそれがあったのは

確かである

Robert Petway 「Catfishblues」



[RCAブルースの古典]を初めて聴いた時

(それが戦前ブルースとの出会いでもありました)

「Catfishblues」に驚いた




↓こちらもどうぞ

「 サンハウス 」へ

「 ザ・ルースターズ」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーズを踏み鳴らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

次のオファー

気怠い宿酔いの昼下がり・・・

次のオファーが届いた・・・

(本当は随分前から話はあったんだけどね)

コレだ

「今度パーチーがあるので是非ロックンロールして下さい」とお手紙着いた

場所は高知市

都会だ!都会だけど!ひるむなベイビー!

友人主催のパーチー

決戦は4月上旬 すぐじゃんベイビー!

「是非ロックンロールさせてもらいますので覚悟して下さい」とお手紙書いた

ROLL1.jpg

パーチーというからには踊らさなくてはいけないのだ

ジョニー改めバーンナックルのテリー(ベース弾き)準備はいいか

い?

そして96の瞳

彼とは高校時代からバンドを組んだ古い仲

ジ・オールマイティ

最高のバンドマン



今夜はあの娘と踊りたいぜ!



準備はいいかい?


俺たちのロックンロールでスリリングな夜を皆に約束しよう




こいつをたずさえて今日はどの町

gu.jpg


roll2.jpgROLL1.jpg

いつもグデグデだけど

よりグデグデでいこーよ

どうにかなるさ

えーっと 

たぶん



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

posted by yuzamurai at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア

ccr.jpg

出会った人を今も想う…

そんなことがあります

東京で過ごした2年間で素敵な人に沢山出会えたんだなーとか

それは東京だけではなくて今も住むこの田舎町だってそうだな

今も出会い続けている

時々ブログに書くロックンロール会議も素敵な面々だ

いの先輩を通じて すー先輩やジーにも出会えたし

書いていけば切りがないけどね


そうだ

東京で1度だけ会った田中のおじさんの話をしよう 


あれはまだ20歳にもならぬ頃



親戚のおばさんから晩餐会に呼ばれた


このおばさんの旦那さんがまた面白い人で

昔ロックバンドをやっていたからその辺の話はオレのど真ん中だった


ミッキーカーティス氏の付き人時代の話

ミッキーカーティス氏がまだ売れなていない頃の矢沢永吉氏を家につれ

てきた話

「それこそ、ここの部屋で矢沢氏と飲んだりしたけど 凄くパワーを感

じた」と旦那さんが言えば

おばさんも

「もうあの頃矢沢さん子供もいたわ。でもとても とがってた。」

そんな話が面白かった



余談だけれど

この家の裏庭にはスタジオがある

さかのぼること20年30年前はそこで演奏し録音していたそうだ

オレはそこを友人とバンド、音楽の練習に使わせてもらっていた

そして

このスタジオには部屋の隅にドーンともう何十年ものホコリをかぶって

しまった大きな卓がある 

roll2.jpg

なかなかの存在感 こりゃー当時でいくらしたのだろう 家が建つなこ

りゃーと友人と話した



まれに中古レコード屋で旦那さんのレコードに遭遇することがあるんだ

けど、そんな時このスタジオを思い出す

ああ あそこで録られたんだなーって

ROLL1.jpg


晩餐会の話に戻ろう

その日は沢山の人がいた

おばさんや旦那さんの友人だ

そして旦那さんの昔のバンドメンバーも集まった

愉快な人達

なかでもヴォーカルだった田中のおじさんは良かった

今も音楽の世界で仕事しているそうで、加奈崎さん(元古井戸)と

仕事をしていると言ってた

「オレ、古井戸好きです」と言うと「お前若いのに良く知ってんなー」

と笑った

「じゃーこれ知ってるか?」と友部正人氏の”大阪へやってきた”を田

中のおじさんが歌った

素敵な声だった

「知ってる!知ってる!オレは友部さんも好きです!」と”一本道”を

口ずさんだ

「お前は面白いなー 最近 友部さんとも仕事したんだよ」とまた”大

阪へやってきた”を歌った


晩餐会の最後は演奏会


田中のおじさんの出番だ

そして

CCRの”Looking Out My Back Door ”をさっきの素敵な声で歌った


奥行きのあるとてもいい声

いい声ってのは空気を変えるんだとその時知った

晩餐会の空気がスッと変わったのがわかった

それまで歌上手いねーなんて人には沢山出会ったけど

例えばカラオケなんかで…

そんなもんは屁のつっぱりにもならん

カラオケで歌声聴いて鳥肌が立ったことなどオレは今まで一度もない

当然痺れたこともない


田中のおじさんには痺れた


本当に…

だから

あの時聴いた”Looking Out My Back Door ”はオレの中で特別な曲


田中のおじさんに負けじとオレもギター弾いて”Looking Out My Ba

ck Door ”歌うけど

ちっとも上手く歌えない 到底敵わない


こればっかりは… しょうがないか


会ったのはあの時だけだったけど


とても素敵な出会いだったと今も想うんだ

Creedence Clearwater Revival「 Looking Out My Back Door 」





ロックンロール会議の記録です↓

「ロックンロール会議」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

へびじの心意気

雑誌の読者投稿でこんなのを発見しました


”自分は日本で言われるところのBボーイという格好をして

大きな音でヒップホップミュージックを流しながら車を乗り回しイキが

ってはいますが・・・

本当はゆずが好きです。家に帰ればゆずの歌に癒されます。でも仲間には

言えません”
とあった

その話を読んで


はせ君(仮名)を思い出した

あれは10年以上前かな

はせ君はオレに言った

”自分はこんな格好(モッズファッション)をしているが

そういう音楽は好きじゃないんだ・・・R&Bとかね・・・

ちっともイイとは思わない ジュディマリが好きなんだ”


オレはとりあえず 

「それでいいんでないの 無理しなくても」と答えたら

「でも周りはこんなファッションでそういう音楽一筋に聴いてるか

ら…」

とはせ君が言ったので

「あと2〜3年すればそういう人達も大半がもうモッズファッションじ

ゃないし、そういう音楽も聴いていないハズだべ」

と言ったら

「そーかなー」とはせ君が言った

roll2.jpg

ここで へびじのお話

オレがへびじに会ったのも10数年前

ヘびじは同じ専門学校に通っていた東京生まれ東京育ちのパンク・ロッ

カーだ

入学間もないある日、学校の階段で

「少し話をしよう」と声を掛けられた

へびじ とは同じ学校とはいえ専攻する科が全く違うのでオレはへびじ

を知らなかった



学校地下の喫煙所でオレとへびじ ともう一人 へびじ の横にいたのは

ベーやん

へびじは

「オレは初期のパンク・ロックが好きだ。君はどう?」と言う

「オレも好きだ」と言うと

「ヤッパリ 君とは絶対に合うと思った」

とへびじ 変わった男だ


へびじ は履き古したスリムのジーンズにこれまた履き古したコンバー

ス、ほつれたネルシャツ

ベーやんはどちらかといえばもっとわかりやすいゴリゴリのパンクファ

ッションだった

2人ともカッコよかった


後日へびじは1本のテープをくれた

「これね オレが高校の時にやってたバンド 音が汚くてねガレージバ

ンドみたいだけどね。聴いてよ」

すかさず ベーやんが

「めっちゃ カッケーよ へびじのオリジナルなんだ!」と言った


オリジナル?高校生が?オレの同級生が? 

とにかくビックリした オリジナルってありなんだと


180度考えが曲げられた


もしあの時のへびじのテープがただのコピーバンドだったらなんとも思

わなかっただろうが

このオリジナルのナンバーに とにかくガツーンときた


それから

「一緒にバンドやりたいね」となった

へびじはヴォーカリストでありベーシスト

オレは「もの凄くヘタクソだがギター弾けるよ」と言った

まぁその時 へびじにはへびじのバンドがあったんで

オレはすぐギターボーカルで別のバンドを組んだ

ベーやんがドラムで

(そのバンドもあっさりダメになったけど)



へびじと結局バンドは出来なかった

スタジオで遊んだくらいだな



それからのオレは…うーむ 全く形にならぬものを ごにょごにょとや

っていた







はせ君はどうしているだろうか?

きっともうモッズファッションではないだろうが

それを誰がいいとかか悪いとか言えようか

はせ君は、はせ君で構わない






そうそう

そんな これも随分前の話になるけどヘびじが初めて出した自主制作の

ドーナツ盤はジーンときた

スペシャルサンクスには何も言わずにオレの名前…

泣けた


昔、レコードを作りたいのだと二人で話したね

ああ へびじ のレコード


不変の男へびじの心意気は素敵だ


今年の へびじ の年賀状

”新しいアルバムが出来るよ 今度送ります”と

彼は今も変らずロックし続けている…


ROLL1.jpg

2008年03月14日

スワンキーズが鳴らしたのは

ザ・スワンキーズ

店頭で見るこのジャケにはドキドキしたものです

sw2.jpg

The Swankys「NEVER CAN EAT SWANK DINNER」

1,OLD FASHION
2,MANIAC
3,KNIFE WILL NOT OPEN BECAUS RUST
4,BAD BRAIN
5,SWANK DINNER
6,BLACK OR WHITE
7,WATER BRANKET LOVER
8,GOOD FRIENDS
9,NO BONDAGE

そういえばスワンキーズも九州は博多のバンドですな

しかし博多はカッコイイバンドが仰山出てくるなぁ



スワンキーズは解散ライブが89年だったから、自分が知った頃にはもう

解散していましたしスワンキーズは伝説みたいな・・・いや伝説でし




解散後6〜7年後に初めて聴いたスワンキーズだったけど

どえれーカッコよかった!

曲は”OLD FASHION”

とにかくでっかく鳴らしたんだ

その頃は、パンクばかり聴いていて

それも70'S スタイルの

一番しっくりきたし、というかそれ以外のパンク・ロックと呼ばれるも

のはあまり好きになれなかった(今もそうかもしれん)



スワンキーズが鳴らしたのは80年代後半の日本

ピストルズから10年後のパンク・ロックだったが



日本のパンクバンドで一番ピストルズが持ってた

アノ感じを醸し出してた



スワンキーズ ”OLD FASHION”を鳴らそう!



荒れた画像だけどカッコえーわー 


スワンキーズは2005年に再結成を果たしたさ

こちら↓↓もどうぞ!

「70's UKパンク・ロック 」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月13日

オランダの不良よるロックンロール

最近は陽気な高知県も今日は少しお寒いどすぇ

そして!

雨が降っている

切ない思い出のような雨が降っている



荷物来ない

(「博多とロックと爆裂都市」カテゴリー:ロッカーズ参照)



ちきしょー 朝の配達かよと思ってたのは昨夜のこと

あー寒い

ポストもからっぽ

不在連絡票もない(不在じゃないけど)




気を取り直して

雨降りとも荷物ともなんの因果関係もないロックンロールをご紹介しよ




かなり久々海外のロックンロール

しかもオランダ産

THE OUTSIDERS(ジ・アウトサイダース)!!!

out.jpg

67年ファースト·アルバム『Outsiders』

不良のダッチ・ビート!

ジャケからプンプン におって来るこの感じ


この小汚い服装と長髪


ロックンロールは少し汚い感じとイメージがよろしい 

昔はローリング・ストーンズもロンドンの乞食バンドと言われてたよう

だしね

あとプリティ・シングスとの共通点も特大だな

前日のブログで紹介した”爆裂都市”のオープニングのナンバー「セル

ナンバー8」の元ネタはアウトサイダースの「wont' you listen」にあ



(あってもなくてもどっちも抜群カッコイイからええのですけど)

「wont' you listen」も聴いてみてくださいビビッときますから



そういえば

イギリスが世界に誇れるものが3つあるんだとかなんとか・・・

そんなイギリス映画のワンシーンがあった

「ビートルズとローリングストーンズとベッカムの右足」

そう主人公が言ったんだっけか?

(まてよ ハリー・ポッターも入ってたような気が・・・)



それにならえば

オランダが世界に誇れるものと言えば

「クライフ(フライング・ダッチマン)とQ65とアウトサイダース」

(個人的趣味丸出しなわけだが)

フライング・ダッチマンとして有名になったなW杯ブラジル戦のゴー

ル!

解説付きでわかりやすいです







<注意点>

アメリカにも同名のバンドがいますからご注意を

私もなんの知識もない10代の頃

とある中古レコードショップで

「おおーこれがあのアウトサイダース!!!」と意気揚揚とレジへ運ん

だが

アメリカ産のアウトサイダースを間違って買いました

皆さんはお間違いのないようにオランダ産ですよ





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



2008年03月12日

博多とロックと爆裂都市

予定はあくまで予定なので致し方ないのだが

見事に予定は狂った!

期待バンバンのブツが届かない!!!



ぐおおおおおっ

と唸りながら非常に硬い家の玄関の扉を開けて

通りに鋭く眼光を放つも

配達屋さんの姿はない

ちっ ちっ ちっ

と3つ舌打ちをしてから


たてつけの悪い扉をまた

ぐおおおおおっ

と唸りながら閉めた



今夜はこいつで夜をぶっ飛ばそうと思っていたのに

hakata.jpg

そう朝から決めてたのに!

届かなかった


だから今夜は


爆裂都市でぶっ飛ばそう

オレが初めて爆裂都市を観たのは高校2年生

友人の家で数人で観たんだったかな 

オレがどうしても観たいと無理いって・・・街のレンタルビデオ屋で借

りたのだ

友人にとっては明らかに観たいビデオではなかったから

興奮して観てたのはオレだけだったような気もする


「なんか仮面ライダーを観ているようだ」と誰かが言った


とにかくかっこいいぜ!



ぎゃあああああああーーーー

マッド・スターリンじゃーーー



完璧!圧倒!最高!物凄いパワーだ!!!

見習いたい!



爆裂都市はパート2を作ろうって話があったそうだが・・・

石井監督はやる気だったとかなんとか

ブランキーとか候補だったんじゃなかったけ?

おしいな

実におしい


ともかく

これは映画もサントラも爆裂に買いですよ

まじでロックンロールです



こちらもどうぞ↓

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ
posted by yuzamurai at 22:15| Comment(5) | TrackBack(1) | めんたいビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

キングスネークブルースの話

ああ ロックンロール・ショーは素敵だった

たぶん

ああ

そしてまた宿酔いだ


傍らで嫁さんも死んだように寝ている

オレはなんの役にも立てないだろう

まるでオレはゴミのようだ


そんな自虐ネタはいいとして 

・・・

友人の自動車修理工場へちっとした用事で行った

普段は新聞なんか読まないのだが(我が家は新聞を取っていない)、車

を見てもらっている間に目を通した

なかなか面白いもんだね


中にこんな興味深い記事があった


「やまももに載らなかった詩」

やまもも?な方が多数いらしゃるでしょう

まず”やまもも”とは何か?

高知県に住む方ならご存知かもしれない

小学生の頃なんかに学校で読んだりしたんじゃないだろうか

高知県下のこども達の詩を集めた本だ


ただこれは誰でも載るわけじゃなくて何やらお偉い方の審査がある

それを通って初めて本に載るわけだ

オレも確か載った記憶がある・・・

(小学低学年の頃たぶん詩が載ったような…) 




その新聞の記事だが「やまももに載らなかった詩」

つまり審査にひっかかった詩ということになる


そのひとつがコレだ




おちんちいこるな  小学1年生


”なんちゃあせんのに ひっとりおちんちがいこる

よるねていて ひっとりいこる

ひるがっこうで ひっとりいこる

ズボンをつっぱっていたい

こら

おちんちいこるな”



うーん 素敵!

なのに何故審査を通らなかったか?

女先生方からこんな下品な詩はダメだと反発が大きかったからだそうだ

どの世界も似たようなもの

実につまらん理由だ 

オレは新聞を読んでその場でこの詩を携帯にメモった

おちんち

おちんち

と唱えながら!


こいつは

正にサンハウスの「キングスネークブルース」の流れをくんでいる

ucyo.jpg

1. キングスネークブルース
2. 借家のブルース
3. 風よ吹け
4. もうがまんできない
5. レモンティ
6. ロックンロールの真最中
7. ミルクのみ人形
8. 地獄へドライブ
9. スーツケースブルース
10. なまずの唄
11. 夢みるボロ人形


子供てぇのは時々凄まじい詩や絵や歌をぶちかます!

油断はできない

オレは9つ離れた弟がいるんだが、その弟がまだ小学1年か2年だった

かな


凄まじい絵を描いてきた

お題は「歯磨きをする僕」

衝撃だった 

オレも個人的に絵を描いたりしていたんだが、どうやってもこんな絵は

オレには描けないと思った


物凄い破壊力だった!



感激したオレは弟に譲ってくれと頼んで部屋に貼っておいたのさ


当時の彼女が「なにこの絵は?」とびびっていたよ



すごいだろう!すごいだろう!と自慢したのであった

残念ながらその絵はもうない

たぶん引っ越しの時に無くした

  
あれ?

何の話だっけ?


おちんち!



Zi:LiE-YA  「キングスネークブルース」


作詩:柴山 俊之 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス

俺の身体は黒くて長い 夜になったらぬけだして



菊さんは今も転がり続ける



サンハウスに想いを寄せて



↓こちらもどうぞ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「The Rolling Stones」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | めんたいビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

お隣さんの釜炊き

寒い…

「めっちゃに寒いぜ!ベイビー!」と一言発し布団から這い出た

油断、ホットカーペットOFF

布団から出るともっと寒い

ROLL1.jpg


ああ

今日は何の日だったけ 朝の8時で宿酔いふらふら


発狂はお友達 らららー



・・・



きゃー

今夜はロックンロールライブだった

今夜はライブ


そこには問題が山のよう


いくらやってもやっても 愕然とヘタッピー


じっと手を見る


仕方がないのさ


もうなるようにしかならないぜ




窓の外はすこぶる快晴と一筋の煙


お隣さんの釜炊き



そういえば昔、プラットホームの上、灰色の煙の天使が浮かんでいた

で、今になって思うんだ あいつら流されて来たんだって


今日はどの町


オレ達よそ者


もう前にも後ろにも行かないよ


朝はあしたの後ろ姿


夜は夜で思い出を繕う



アイ!フィール!オーライ!!!
posted by yuzamurai at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

ロックンロールと長嶋のフルスイング

こんにちわ エブリバディ 店長です


突然なんですが


そこいらにある

何か平らな物を指で持ち上げてみて欲しいでっす


雑誌でもなんでも構わないから


指1本


2本 


んー どうでしょー(長嶋氏風に)


グラグラしてとてもじゃないが支えてるといえる状態じゃないのでは?


これが3本ならどうか?



!!!(おおげさ)



がおおお
 

つまり


平面を支えるのに最小限必要なのは3つの点





あなたの部屋の机でも椅子でもなんでも構わないが

足が何本ついているだろうか?

きっと4本だろう

4本…無難だ

本当は3本でも十分なんだぜ!

4本目があるという安心感

安心を買ったのさ


何かが足りないのではなく何かが多いのだ


その心は

3ピースのロックンロール


店長のロックンロール・バンドも頑固一徹こだわり3ピースなのです



わりと強引に

ENKOUNO3.jpg

鼻からちょうちん第2回アンケート


「日本ロックンロール界最高の3ピースバンドは?」


短期間ではありましたがロッソも入っています


右サイドバーで大々的に(?)行います



どしどし投票下さい よろしくお願いします 鼻からちょうちん店長




誰かがロックンロールのカッコヨサは長嶋のフルスイングに似ていると

言った

それはオレ きゃー!!!

ロックンロールも長嶋のフルスイングも相当にカッコイイ




面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

ラベル:3ピース
posted by yuzamurai at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | R&Rアンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。