2008年04月10日

絶倫ビートの炸裂

bo.jpg

Bo Diddley Is A Gunslinger

1960年発表の傑作アルバム



えらい突然ですけど



ボ大先生 と 義理のおとーちゃんはよう似てる




以前ブログに書いた我が家のトイレ… というより便所

わたしは大好きなこのアルバムのジャケを印刷加工し便所(とてもロッ

クなぼっとん便所)に貼ってます


そいつを

2人の姪っ子が死ぬほど喜んでくれるんです


「じ、じいちゃんの写真!ふぎゃぎゃぎゃー」


じーちゃんコールが始まります


鳴りやまなくなります


そしてもう一度便所に確認に行きます

するとやっぱり


「じ、じいちゃんの写真!ふぎゃぎゃぎゃー」


2人で喜ぶのです


義理の母ちゃんも「おとーさんの若い頃によう似てるわー」言うて喜び

ます


すると

とーちゃん

「そーかぁ オラに似ちょるかー」とまんざらでもありません 


他にもチャック・ベリー大先生やミック・ジャガー大先生のお写真も貼

ってあるんですが姪っ子は見向きもしませんね


それほど似ているっていうことでしょう




人間いい味が出てくると人種など軽く飛び越えるということですね




ただ、ルックス以外… 音楽的な共通点は見当たらないような・・・

いや あるような・・・

(おとーちゃんは石原裕次郎さんの歌が得意です

いつも自然とジャストより遅れ気味に歌うという高等技術を駆使しま

す)



最近はボ・ディドリーを知らない若者が増えちょりますけん


おとーちゃんには頑張ってもらい裕次郎さんより


”Gun Slinger”とか”Cadillac”を


歌ってほしいです はい






兎にも角にも

ボ・ディドリーに痺れようってことで

まず、ジャケの尋常じゃないカッコヨサと音!絶倫ビートの炸裂!

(ボ・ディドリー・ビートとかジャングル・ビート言われるやつです

ね)

ボ・ディドリーは他にもカッコヨイアルバムがありますけど

なかでもコレはいいジャケが手伝ってぶち抜き1等!

ローリング・ストーンズを筆頭に数あるビート・バンドが憧れたこのパ

ンクなサウンド

いや もうパンクなどオコガマシイか? 


ワンアンドオンリー!


あのどんとが在籍した日本のボ・ガンボスもここからキテマス


このアルバム収録のナンバーの映像ではないが

キャッコイイ!おとーちゃーん!



最高に痺れるビート!

ロッケンロール!



こちらもお薦め↓↓

「The Rolling Stones」へ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。