2008年05月15日

天国生まれ

何で生きてんだっけ?

オレなんで生きてんだー

生きる意味を教えてけろ などとのたまう

おら 知らねー  じゃぁ死んでどうなる? では生きててどうなる?



人と同じが嫌だとか そういうのはあまりない

自分が好きなことやってたら 同じにはならんでしょう?


horoto.jpg


真夏のストレート






少し前の夏は8月 短い旅をした


自転車で一人 ザックにテント突っ込んで



すごく暑かった


暑い日の連続だった


毎日何リットルもの水を飲んだが ちいとも小便となって出てこない

んん! と下腹部にロッケンロール注入も

ちょろ ちょろ と 力なく出るのみ


ついでに タイヤがパンク ああ やんなっちゃた 

だいたい なんじゃー このガラスの破片はよー!

面倒くせーぞ


取り合えず日陰避難


自転車引っ張ってって タバコに火をつけた


ブンブン先をゆく自動車 そんなに急いでどこへ行く


煙の向こうに知らない山々が見えて はるかその上に大きな太陽



”パンクしないタイヤ欲しい しかも軽いやつ”



オレ何やってんだ  


ずっとそこにいても仕方がないので


日陰のない峠を自転車ついて下った





公園の水道で入浴


近所の人に ここへテント張っていいかと尋ねれば


「あなたさえ 良ければ」と 単純明快 


夜はそこらの浮浪者のおっさんがいる公園でテント張って


一人酒を飲んで歌った 


お金を払えば 快適なキャンプ場もあるが いかんせん遠いから

自転車じゃ無理 金も無いしな


そこから 丸い月とお城が見えた


siro.jpg


自転車だけは盗まれると困るんでテントにくくった 


テントは面倒なんで杭も一切打たない
 

だから 強い風が吹くとバサバサいってテントが揺れた


天国生まれに合わせて




朝は日の出と共に目が覚める 


テント内は燃える暑さ だらだら寝るのは無理 


あぢー  また ふらふら 自転車を漕いだ


えーっと


オレどこへ行くんだ 


時折 海が見えれば 自転車を停めて


「暑いなー」 と独り言 


そこを自転車ギコギコと同志が横を通り過ぎて行く


大量の荷物を自転車に括り付けた 中学生くらいの男の子

いや 高校生くらいか


互いに会釈を交わし見送った


旅ってなんだっけ? 

 
すると


「どこへ行きなさる?」と見知らぬおっさん


「四国を周っている」と答えると


「一人旅か 若いってええな おれもしたいなー」

と言って去っていった


旅が若者の特権だ なんて時点で つまらんなーと思ったが

おっさんはおっさんの事情があろう


あの おっさんも天国生まれかもしれない 


じゃぁ オレの事情ってなんだ?






今も人生 旅の途中



叶わない恋もあった
 

叶わない夢もあったか



生きる意味?



おら 知らねー わからないまま死んじゃうんじゃないの?


大きな海からびゅーと風が吹いた


ふるさと遠く天国生まれ 




旅に出て 4日目 恵みの雨が降った


 




面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

 
posted by yuzamurai at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 四国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。