2008年06月11日

夢は箱バンに乗って

ああ

切ない思い出のような雨が降っている

m.jpg


雨の降る日は本を読みたいということで


今夜は湯をはって 風呂で本を読むことにした

長湯は苦手だがコレだといける

なんだか好きな時間だ

湯の船で読む


「オイラ船長!」


「おもかじいっぱーい」


ああ アホだ


オレ アホで本当に良かった



「おとーさん おかーさん」



外は相変わらずの雨




しかし 普段何気なく聴く雨の音も


よく聴くと色んな音を出してんな


ぼちゃ ぼちゃ 



ばちばち



ぴちゃぴちゃ



面倒なんで 他 多数




少し関心して


窓を開けると 電灯に雨が煙ってステキ


また 本に目を落とす



「にっぽん・海風魚旅2」


気分にぴったり


この梅雨が明けて本格的な夏が来れば箱バン貧乏旅に出るんだ(予定)

kuruma1.jpg

どこに行くかわからないが良いところがあれば住みついてもいいかもし

れん


んー無理かな いや無理ではない 


しかしそんな生活はいかがだろう


実際 職場にそんな同僚がいて オレは非常に嫉妬する


山形の生まれの妙な男


一人南下してきて今は高知ってわけだ 


しっかりと釣り竿持って…


頭の中は趣味の釣りと酒


てんてんとしている



彼は口癖なんだろう

やたら

「いいですねー いいですねー」を連発するが


「いや 一番いいのは 君かもしれん 幸せな男だ」と言い返す


「そーですかねー うーん 確かに楽しいですけどね 今度は屋久島に

住みます」

そうやって

また

「いいですねー いいですねー」を連発しながら


日本をてんてんとして行くのだ


素晴らしい




でもそれじゃー

「その土地に慣れた頃には いつも さいならではないか」と言えば


「寂しくないかと言われれば 寂しくなくはない・・・」と言う



しかし 


そのさいならには続きがきちんとあって


また 新しい人と出会えるとさ



そりゃーそーだー



奴はいつも金が無い オレもない


何か 似てる気がしないでもない


奴はもうそろそろ次の土地へ出掛けるころだろう


さいならする時はいってくれ


一杯奢ろう 


でも またどこかで会うかもしれんよ





posted by yuzamurai at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。