2008年08月03日

蚊の襲撃

トンネルを抜けると海が見え 風が騒いでいる


旅に出て4日目 銭が尽きた


食料は米を含め乗り越えられるけれど 


ガソリンガタリン






これじゃぁ 君の家までたどり着けないじゃないか



困った時のキャッシュカード!というわけで行ってみました郵便局



がしかし 機械に何度ぶち込んでも 返ってくる

キャッシュカードなんか使うの何年かぶりだからな・・・


やり方違ったっけ?


まず 機械のいらっしゃいませに合せておじきして

自己紹介は名前、出身地、好きなタイプ、最近ハマっていること・・・


また のべもなくつき返ってくる 

きっ貴様ー 


「店員さーん」


解析の結果・・・

「カードの磁気がやられています」と一言

「そりゃイカン 再発行」とお願いもカード名義が嫁さんになってい

るので無理だった



万が一 銭が尽きた時の為にと 嫁がやさしく持たしてくれたこのカー

ドだったが・・・
 

とりあえず嫁さんとリンリン コンタクト

無理言って

嫁さんも(銭を持って)旅に参加することとなった


よーし よーし

今夜は風呂に入れるし、いいもん食える

我が家から1時間弱といった場所まで無いガソリンでなんとか走る

そこから嫁と合流

もうそのまま帰ればいいのにと言われるかもしれないが、この休み期

間めい一杯やりきるのだ


また 我が家から遠ざかっていく




僕らは四万十川を登った



いつもなら銭かかるキャンプ場は一切使用しないが、今日は嫁がいるの

で大きく構えて一人200円のキャンプ場を宿泊地に

h3.jpg

特に なーにもない 虫は多そうだが環境はいい



テントを張るわけじゃないので いきなり飲酒タイムに入れる


最近は立てるのも片付けるのも面倒なんで極力テントは使わない

連日宿泊地が変わるとなると尚更である



飯は炊かねば

飯盒と我が愛車(兼 寝床)

h1.jpg

荷台をステキに改造してあるんだと言いたいところだが

そうでもない カーテン位かな


まぁ 今夜は 豪華だ

h2.jpg

左から 四万十川の名水(湧水)、蚊取り線香、ビール、(見えにくい

けど)鰹のたたき!!!

最強!

素晴らしい夜になった・・・が!

嫁が苦しんでいる


「どうしたベイビー?」


「蚊が 蚊が強い」


「何?蚊が強い?どんな日本語だ?」


聞けば 蚊は服を苦にせず刺してくるようだ 


確かに痛くかゆい


町内に住む やわな蚊とは一味違う


「ひるむな こちらには蚊取り線香があるじゃないか!煙幕というオフ

ェンスとディフェンスを兼ね備えたこの立体的殺法」


だが、敵もさるもの

煙幕をかいくぐって、いや強硬突破を図るものもいる


「うーむ 一時 つうか 撤収!!!」


車に引っ込んだ


思えば

1日目・・・暑さ

2日目・・・高地による寒さ

3日目・・・廃校の小学校による怖さ

4日目・・・蚊の襲撃

と バラエティにとんだ何らかのイベントが起きているな

と関心する間もなく車内でも蚊は襲ってくる


嫁はうちわでオレに向かってあおいでいるが、明らかに

「暑いでしょう あなた」ではなく

蚊をこっちへやろうとしているのが見え見えだ


「もう知らん」できるだけの蚊取り線香に火をつけて


寝た


夜中、目が覚めるとまだ嫁がうちわをパタパタやっている

しかも また オレに


かゆい・・・暑い


それから一晩格闘


もう夜が明ける頃


「もう ここを出ようベイビー」とオレが言った


hana.jpg


二人がボリボリ体をかく間中


スピーカーの中でハナレグミがやさしく歌っていた





これで今日はさよなら  ありがとう と




こちらもどうぞ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ

「どうしようもなく気になる唄のお話 」へ
ラベル:ハナレグミ
posted by yuzamurai at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 四国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

たびのおわり

36度炎天下


松の木

hn3.jpg

昼ごはんと松ぼっくり

hn1.jpg





短い夏の旅が終わる 非常に残念だ



最終日 5日目を迎えた


忘れ物もした 無くした物もあった じゃあ 見つけた物は?

ふと荷台を振り返る

とっちらかった物、物、物

バスタオル、蚊取り線香、本、手つかずのインスタントラーメン、飯盒

、使わないであろうと予想した合羽・・・


焦げついたごはん


短かったけど きっとそれなりにありましたなぁ


hibi.jpg


何度か旅を繰り返しているとだんだん荷物が少なくなる

たぶん 少しづつ 無駄が無くなるのだろう

初めの頃は心配して あれもいるこれもいるなんて大荷物になったが、

最近は使わなかった物があったとしてもそれが余計な物、無駄では無く

なってきた気がする




僕がいつも 旅も間近になってゴソゴソやるそれを

嫁が「角の煙草屋までの旅支度」だと言った




「今夜は花火をみようじゃないかベイビー」




隣町の花火大会


時折訪れる見なれた町


普段の何倍もの人にふくれ上がった通りには、屋台が並び、町内のス

ピーカーから祭囃子が流れた


踊り子が列をなす


イベント会場では沢山のチラシが配られ


間もなく 歌謡ショーが始まった


僕らは拍手を送り



それから



花火をみた



「今夜は賑やかでいいもんね」と嫁が言った



これで 短い夏の旅が終わった






ハナレグミ


暑さと うちわと


hn4.jpg


たびのあと


hn2.jpg


ありがとうございました





こちらもどうぞ

「映画のお話」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
ラベル:ハナレグミ
posted by yuzamurai at 13:17| Comment(4) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 四国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。