2008年08月25日

冷やし中華との出会いと別れと愛好会

頭の奥深い所がギンギンする 


夕べ飲み過ぎたのかも知れない

と寝ぼけた頭が考える

ゴソゴソと寝床から這い出、洗面所へ

うがいをしようと水を口に含んだら今度は舌に激痛が走った



「いででででぇ」



原因は昨日の冷やし中華です


hiyasic.jpg
(現物とは違いますが たいへんおいしそうであります)



突然ですが

私は西日本でも指折りの冷やし中華愛好家(最近そのような気がしてきた)


hiyasic2.jpg
(西日本では冷やし中華より冷麺との呼び名が一般的です)



昨日、何があったかといいますと…


昼飯に冷やし中華二人前を自作し 物凄い勢いで摂取していたら舌も一

緒にいってしまったのです・・・食べ急いでおもいっきり噛んでしまった 



ただそれだけ



でも、わかるでしょう

この食べ急ぐ気持ち・・・

もうすぐ 会えなくなるという 切ない思い




何故 これほどまでに冷やし中華を愛してしまったのだろうか?

別れが近づく晩夏にいつも考える私


夏の間にしか会えないなんてあんまりだと思うが、だからこそ思いがつ

のるのかしら?


この仕打ちは何?


愛するものは数あれど

そう・・・


”ロックンロール ポン酢 もずく 納豆 冷奴 ・・・”


あなた達には年中会えるものね・・・




「冷やし中華はじめました」の告知ポスタ−いや張り紙が初夏の風に揺

れるのをまだかまだかと待ちわび・・・ 

私は毎夏 久方ぶりの再会に胸を弾ますのです





<冷やし中華の研究>

hiyasi.jpg

「ミスター味っ子 冷やし中華編 」


あの日 あの時 小学生の私

本棚にミスター味っ子が並ぶ友人の家


実際に食えるわけでもないからなのか 昔からこの類の料理漫画や料理

番組といったものは全くもって好きではないので

この時も パラパラとやって

「うーむ よくわからん」と感想を述べた


しかし 冷やし中華となると話は別

友人に昔の無礼を謝って読ませてもらおう


そして

hiyasi2.jpg

「空飛ぶ冷やし中華」


愛好家ならここは避けて通れぬ道だ


昔、オヤジの所有する本にジャズピアニスト山下洋輔さんのエッセイを

数冊見つけた

その中から無作為に選んだら

今や伝説となった“全日本冷し中華愛好会”の話が載っていた


”ああ 嬉しい 同志がいるのだ・・・”


当時の私が思ったとか思わなかったとか・・・




その全日本冷し中華愛好会も認定する

冷やし中華発祥の地”仙台”

sendai.jpg

「るるぶ 仙台」


愛好家の間で大変有名な中華料理店”龍亭”をすかさずチェック

聖地仙台では冷やし中華は夏限定ではなく、通年メニューとしてを出し

ている店も少なくないそうだ

いつかは行かねばなるまい



あと アマゾンでも冷やし中華が買える 

reimen.jpg

これは冷麺と書いてあるので西日本を主戦場としている商品であろう…

と私は推測する

こんな感じで今や私も立派な西日本冷やし中華愛好家なのです



ただ

現在所属する西日本冷やし中華を愛する会(会員2名)は

冷やし中華食べるかそれ関連の漫画や本を読む以外の活動は特にしてい

ませんし、望んでいないのが玉にキズです




こちらもどうぞ↓

「旅の手帖」へ
posted by yuzamurai at 19:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。