2008年09月24日

星に願い

星に願いをかけたのはいつの日のことか

そんなこと本当はなかったのかね?



君が

「昨日は星が綺麗でした」と言うから


「ああ 星」


とオレは会話にならない中途半端な返答をしたのでした

加えて「これから 寒くなって星が綺麗です」と言われた

そうだなと思ったから


「空気が澄むからね」と答えたんだ


君はそうやって毎晩 夜空を見上げるのだろう


オレは念願の天体望遠鏡などと言いながら、一向にその値段の高さを理由に購入する

気配はないし

星をながめる余裕もない… のかもしれない

もし望遠鏡を買っても物置で眠ってしまうのがオチだ


そうなるかもなぁと思いつつも


「天体望遠鏡が欲しいのです キャンプのお供に」とオレは言った


君は

「私は欲しくありません」と

「望遠鏡なんて無くても君の家からは綺麗に大きく見えるのだろう」と言うと

「見えます」とね



望遠鏡は今までのまま おあずけでしょうね


実際、願いをかけることもありません



当面は吐き気がするほどのロマンチストになるってのを目標に・・・




君に

「めっちゃロマンチストやん」と言うと

「そうでしょうか?」と真顔で言った



本物は自覚に欠ける





こちらもどうぞ

「たのしいにっき」へ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

「旅の手帖」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。