2008年11月30日

「しんせい」一箱分の一日

tomobesann1.jpg

高知市で19時に開演する友部正人さんのライブ

嫁の仕事終了時間は15時半

我が町から高知市まで車で3時間

ギリギリじゃん


オレは一人バタバタしながら、仕事帰りの嫁と友人をさらって車をさっさと高知市へと

走らせる


排尿も排便も禁止のノンストップドライヴィング


そんな努力の甲斐あって18時半会場のRINGに到着

頑張った分だけ腹が減る

この店の名物と名高いタコライスを頼んだ


確かにうまい・・・ 


がしかし タコが行方不明

「いったいどこにタコが入ってんだ?」と聞いたら

嫁と友人が口をそろえて

「タコは入ってないよ 蛸飯じゃないのだ 外国のえらい料理なのだ」

と言われた

日本でタコっつたら蛸じゃないのか? 


とにかくタコライスは大変にショックだったが・・・友部さんは良かった

やっぱり「一本道」が沁みた

歌い出した瞬間に

「ああ」と自然と声が出る

そして

”ああ 中央線よ 空を飛んであの娘の胸に つきさされ”という有名な

フレーズにわかっていながら鳥肌と感動を頂戴

他の曲では「反復」も良かったしオレの好きな「地獄のレストラン」もやってくれた


だから終演後ははりきって詩集も買ってサインももらった

tomobesann0.jpg

帰りに

当初からオレの頭の中の予定にバッチ組み込まれていた

ロケンな居酒屋”座くろ”にお邪魔


当然 D・I・Jのカクテルをいただいた


そしていつものしつこいオレ登場

”まわりのもう帰ろうよな雰囲気”にもめげず
(運転手係の友人は素面なのだ!むごいぜ!)

結局深夜1時頃まで粘った末に座くろを(高知市)出発


朝から仕事なのに我が家に着いたのは3時半


大変ロケンでハードな「しんせい」一箱分の一日が終わった




沁みる




よろしければこちらもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
ラベル:友部正人
posted by yuzamurai at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

涙がこぼれそう

ああ

いつかのかっこいいロックンロールは涙がこぼれそう

namida.jpg


さっきまで きつく雨が降ってた


夜の仕事を朝に終え 昼ごろから布団に転がった

目が覚めた どしゃぶりの夕刻 


少し出かけようと思って

玄関にあった傘を一本無造作に引っぱり出し通りに差した


雨がビニールを叩く


それから

家から数分の道のりを水たまりバシャバシャ蹴りながら一人歩いた

雨は強く降りズボンの裾が重く濡れる




見慣れたいつもの通り


いつぞやの飲み屋さんがオレに

「また来てや 先日はありがとう」と言う

だからオレも

「いえいえ こちらこそありがとう」と




雨が退屈で憂鬱だなんて誰が言ったんだろう?


なんて思いながら歩いてた





こちらもどうぞ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ
ラベル:The Birthday
posted by yuzamurai at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | チバユウスケR&R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

銀杏の季節

昔住んでいた家のすぐそばの駐車場に大きな銀杏の木があった

「お前が生まれる前からそこにある」と言う


春も夏も秋も冬も

晴れでも曇りでも、雨振りだって

窓を開けるといつもそこに見えた



2人で木のそばを歩きながら

「この木、落ちた実が臭い ここ通る度に参る」と言ったら

「でも大きくて綺麗やが」と言ってあなたは立ち止まり木を見上げた


銀杏0.jpg


秋も終わりに近づく11月下旬

葉が色づき やがては散った

銀杏の木 その辺り一面は黄色の絨毯


冬の訪れ 




あの時


「もしかしたら、切ないから歌があるんじゃなくて

歌があるから切ないんじゃないだろうか」


とあなたが僕に言ったのをふと思い出した


akisora.jpg


こちらもどうぞ

「映画のお話」へ
posted by yuzamurai at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ベートーベンをぶっ飛ばす

オレはダックウォークができない

cb0.jpg

偉大なるチャックベリーの

”ベートーベンに恨みはないが今夜ぶっ飛ばす”

という試みに痺れたいならコレが最高



三宅伸治さんの日本語詩が素晴らしい

「Roll Over Beethoven」の数あるカバーの中でも最高の部類に入ると思う

posted by yuzamurai at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

友部正人さんのライブ

ああッ 突然、友部正人さん

tomobesan.jpg

たった今、友部正人さんのライブチケットを取った

tm0.jpg

僕が友部さんで思い出すのは

10年以上前、上京ほやほやの4月暖かい午後、ふと立ち寄った都内の図書館


視聴機の中の友部正人さんが数組の親子連れがうろつく館内で


”大阪へやってーきた”と歌いだしたこと


田舎の感覚では図書館でCDは借りれません


あの日、恋と金の都 東京Cityは町の図書館まですごいんだなと知った




こんな話もどうぞ

「どうしようもなく気になる唄のお話 」へ

「私は最高のダンス・ナンバーで踊りたい 」へ

ラベル:友部正人
posted by yuzamurai at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻からちょうちんぶらさげて一年

ki-su0.bmp

鼻からちょうちんぶらさげて今日で一年がたった

この先どうなるかはおいらもよくわからない

posted by yuzamurai at 13:57| Comment(8) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

犬でロック(しげき的な日々)

昨夜は姪っ子のお誕生日会でした


無事に招待されたこのオレがしくじるわけにはいかない

rockn.jpg

KEEP ON ROCKIN' 〈キープ・オン・ロッキン〉!!!


わざわざこの為にある筋から着ぐるみを借りてきたオレが素敵に熱い! 

で、暑い! 

シャツもにじんで汗くさみ 危険な青春アブラーセ


(着ぐるみの暑さは尋常じゃない… この寒い時期に一人写真撮影だけで汗だく) 


よーしお誕生会突入じゃ!

の前に一人携帯電話のセルフタイマーでパチリッする


オレも最高 お前(グレッチ)も最高 果てしなく最高

rockn2.jpg

自画自賛したところで乗り込んだ


「たのもー」言うて玄関を勢いよく開けた


日も暮れて真っ暗な玄関に浮かび上がる犬ロック!


肝心の姪っ子がビビってた えへへっ


「はっぴぃ ばーすでい 君にロックンロールを」

rockn1.jpg
(オレはずっとクマかと思ってたが、よくみると犬だった)


キープ・オン・ロッキン

犬でロックしたまま

帰りに行きつけのロックンロールホール(バー?)”ノイエ”にも立ち寄ったの

でした


おしまい



こんな話もどうぞ↓


「ロックンロールを想うぜよ」へ

「ロックンロール会議」へ
posted by yuzamurai at 10:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

リー・ブリローがいた

1975年に発表されたDR.FEELGOODの「Down by the Jetty」だが、僕が知った

時は…

それからもう20年もたっていた



また後追い

好きになったバンドはどれも結構な確率で間に合わない 

洋楽、邦楽ともに最新の音楽も聴かないではないが、好きになるのはいつも自分が

生まれる前だとかの音楽になる

するとそのバンド等は僕が知った時点で大多数がすでに解散している

つまり、ライブをみることもできない上に、新譜の期待もできないんである

これはデカイ





dr.fel.jpg


あの日

「これいいよ」と友人は「Down by the Jetty」のジャケットを僕に手渡した

そして自らがレコード盤をプレイヤーに乗せる



「このジャケだけでもうびんびんきますな」と言うと

「きっとそう言うだろうと思った。それなら 音聴くと死ぬよ」と

友人が流したのが

1曲目の”She Does It Right”でした



まだ当時、ミッシェル・ガン・エレファントは知らず

ドクター・フィールグッドの影響を感じるバンドといえば

圧倒的にTheピーズ

グレイト・リッチーズも”牛乳&タバコ”

あとマッドギャング


ミッシェル・ガン・エレファントも初めは雑誌に第二のピーズなんて書かれ方を

していたと記憶します



残念に思うのは1994年のリー・ブリロー(ボーカル・ハーモニカ) の死去

僕がドクター・フィールグッドを知った1996年にはもうこの世にいなかったわけです

今も現役のドクター・フィールグッドですが、リー・ブリロー がいないのは

寂しすぎる



友人の部屋、あの日の「Down by the Jetty」


僕にはリー・ブリローこそがドクター・フィールグッドだった 


R・I・P




こんな話もどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

2008年11月15日

ゆらゆら帝国の亀川千代さん

坂本慎太郎、亀川千代、柴田一郎の3人からなる

”ゆらゆら帝国”

yurayura.jpg

<勝手に人物紹介>

坂本慎太郎さん(ヴォーカル&ギター)

・爆発系天然パーマヘアの維持のため、なるだけ頭は洗わない

・眉毛はのばすと海苔のようになってしまうためごく短く刈っており、

とても薄い(Wiki参照)



柴田一郎さん(ドラム)

・皇居前でドラムの練習をしたため、右翼に拘束された(Wiki参照)


そして

tiyosann.jpg

亀川千代さん(ベース)

その髪型。ビジュアル的に痺れます




オレが学生の頃、寮の先輩(男性)にも千代さんカット風(便宜上そう呼ばせて頂きま

す)の方がいて非常に気になっていたことがありました


ある日、友人がオレに

「あの人の髪型はなんだか気になるね」と打ち明けたので


「君もそう思っていたか。私もだ」と答えた


「顔面男前であるから益々インパクトあるよな」と友人が言った




それから数日…

夕食後いつものように友人数人と部屋でだらけていたら

何かを思い出したのだろう

友人は

「あッ」と言った後、こう続けた


「楠田 枝里子だってよ」


「突然だな 何が?」と聞き返すと

「あの変わった髪型の先輩だよ。楠田 枝里子イメージしたんだってさ。

オレこの間、玄関で偶然はち合わせちゃって、一度も話したことないのに

耐え切れずに聞いちゃったよ!「髪型変わってていいですね」ってさ!」



意表を突かれたオレはとりあえず


「世界が丸見え 楠田 枝里子…」と呟いてみた


結局その先輩とは一度も話したことはなかったし名前すら知ることがなかった

今思えば、面白そうな人だったのでお知り合いになれなかったは残念である



それから数年後

ゆらゆら帝国を知り、千代さんを初めて見た時、灰野敬二さんより先にあの

先輩を先に思い出した

(千代さんのかぐや姫カットとその先輩の楠田枝里子カットもまたちょっと

違いますけど)

「発光体」PV




当時を思い出して今日もまた痺れる




こちらもどうぞ↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ


2008年11月13日

ロックンロール献立表

今日の献立

hiyacyuu0.jpg

盛り付けが武骨な自作”冷やし中華”

<つくり方>

麺ゆがいて2分経過後、もやしを投入、また2分ゆがいたら

あとは卵とトマト添えて完成した


ゆがく時間を計るのは演奏時間を基準に

ramo0.jpg

1曲目「電撃Bop」と2曲目「Beat on the Brat」でだいたい2分、2分



たったコレだけだけど面倒くせー



あとは自作”冷奴”

hiyayakko.jpg

<つくり方>

豆腐一丁(もめんでも絹ごしでもなんでもいい)に鰹節とゆずポン酢と一味

唐辛子をかける

これは大好きなんで毎日食ってる




そして、今後に課題を残す”茹でたもやし”

moyaiyude.jpg

<つくり方>

もやしを2分茹でたら、ゆずポン酢と一味唐辛子をかけて完成

だが非常に物足りない

劇的にうまくする何かが必要だと考えるが面倒になるとイヤなので現状維持

でここまできた




以上が今日の献立

料理はたいへんだ 面倒くさいから


美味しんぼ「冷やし中華」





海原先生が面倒くさい






こんな話もどうぞ↓

「ビニール・ジャンキー」へ
posted by yuzamurai at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

タイムカプセルの丘

音楽は好きだけれど

四六時中聴いていたいか?と問われれば答えは完全に

NOであります

taimu.jpg

そいつぁ ものすごく聴きたい時もあれば、全く聴きたくない時もある

聴きたくない時っていうのは本当に聴きたくないので

以前、24時間年中無休で音を垂れ流す「コンビニ」という場所で働いていた時は

独断で有線放送を止めたりしていた


そのうち常連客がふらりやってきて

「店の中、静かだね」と言うので

「家のコンビニは音楽止めました。うるさいので」と


逆に聴きたい時はいつものJ−POPチャンネルをロックンロールチャンネルに変えて

ボリュームを上げたりと迷惑な店員だったかもしれない



そんな「コンビニ」労働生活中にお世話になった有線放送では

ごく稀にだが、名も知らぬ良い歌手や良い歌に出会った



ある日のこと

その有線放送に電話をかけ

「曲名もアーティスト名もわからんのですが

たった今、流れた

”木枯らしが吹いた頃〜 一緒にのせていたサヨナラ〜”

(受話器で私が実際に歌う)

って歌もう一度お願いします」

とリクエストしたのが


矢野真紀さんの「タイムカプセルの丘」でした




これが有線放送なんかだと立て続けに曲が流され

名曲の余韻に浸る暇が無いのが残念であります


無音は必要です




こんなのもどうぞ

「映画のお話」へ
ラベル:矢野真紀

2008年11月11日

小谷美紗子さんのおはなし

曲というのは

作詞者がいて作曲者がいて歌い手がいます

そして

その曲を最初に吹き込んだのがオリジナルです

名曲になればなるほど後々カバーを産んでいくわけですが…


ただカバーでも(ましてやコピーでも)、その歌を知らない人相手なら

”私の歌だ”な気分で自信を持って歌えば(偽りの)オリジネイターになれる

気がする

ああロックンロール詐欺

やり方はずいぶん乱暴ですがね


小谷美紗子さんを歌うオレが正にそうです

嫁はオリジナルを聴いたことがありませんので

嫁にとって「明日からではなく」はオレの歌(?)

utaki.jpg

嫁さんよ これが本家です



凄くいいでしょう


中島みゆきさんの系譜 この曲はそんな素敵なにおい




こちらもどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ
ラベル:小谷美紗子

The ピーズで個人的1なアルバムはどれですか?

Theピーズの

個人的1アルバムを決めようと思いたったが一向に決まらない


非常に難しい


pees0.jpg


ブログの←左隅にTheピーズに関するアンケートを忍ばせました




アンケート「The ピーズで個人的1なアルバムはどれですか?」店主




こちらもどうぞ↓

「R&Rアンケート」へ
ラベル:Theピーズ
posted by yuzamurai at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Theピーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

情熱のベクトル

小学生の頃

筆箱に鼻くそを集めている同級生がいた

絵の具を食べたり、水に薄めた絵の具を飲んだりしていた友人もいた

「赤が甘くてうまい」そうだ

tvj.jpg

別に白いギターを狙ってたわけでもなく…

純粋においしかったのかな?

*危険です 絶対にマネはしないでください



あと、水晶を集めていた友人もいた

仲が良かったのでコレクションを見せてもらったこともあった

すると中には明らかにただのすり減ったガラスみたいなのがあったので


「これはただのガラスだ」と言ったら


「いや、これは珍しい天然水晶。なかなか無い」と彼は言った

情熱の前ではそれ以上の言葉は無意味だから

もう余計なことは言わずにおいたのです


彼とのエピソードでこんなのもある

小学生グループ同士のケンカ


僕らの仲間の一人が相手グループに捕まった

たいへんだぜ!


そして

当時やってた「太陽にほえろ!」なんかの刑事ものでよくある、人質を後ろから

羽交い絞めにしナイフを突き立てるなんてシーンが小学生のスケールで再現された

hoero.jpg

人質を羽交い絞めにした子が

「コイツがどうなってもええか?コレが何かわかるか?」と言って

小学生なりに精一杯凄んでみせたあとに


ガラスの破片を天に突き上げた

すると

「ああ 水晶!」と言ったのが彼でした


ナイフ代わりの刃物としてガラスを選択した相手の子は照れくさそうに

「違うわ!ガラスじゃ!切れるぞ!」と訂正していた


*危険です 絶対にマネはしないでください




継続は力だ

どんな物でも何年も集めれば、嗜めばね


その同級生は今も鼻くそ、水晶を集めている・・・なら もう美談だ


ネタのひとつにもなって雑誌やTVに出られるかもしれない



そんな度量の問題



私は変わったものを収集した人、嗜んだ人にはたくさん出会ったが、

今はもう皆がまともな大人なった


ほっとした反面、ちょっと寂しい気がする





こちらもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
ラベル:みうらじゅん
posted by yuzamurai at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

青春ノイローゼ

ああ 長く短い夢は青春のプレイバック 

あの頃、童貞をこじらせていたわたしは過剰な自意識と妄想の中を懸命に

生きていたのでした…  おしまい  うぎー



今日もハッとして! Good



ばちっと目が覚めたら いつもの見慣れたしみだらけの天井

時は 2008年11月

お天気は雨 午後からお仕事

遅めの朝食 早めの昼食

おにぎりと味噌汁と納豆


先日、歳をひとつとった


noiro-ze.jpg


「三宅裕司のいかすバンド天国」俗に言う”イカ天”

1989年2月11日から1990年12月29日まで放送とある

すぐ終了したイメージがあったけど 2年近くやったんだなぁ 

・・・そんなもんか


みうらじゅんさん率いる大島渚で「カルフォルニアの青いバカ」




ああ 


「愛らしく」みうらじゅん




青春ノイローゼ


また こじらせそうだ


行ってきます





こちらもどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

posted by yuzamurai at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

Theピーズが一番だった

今年の3月7日から我がブログでやってたアンケート

「日本ロックンロール界最高の3ピースバンドは?」ですが

71票もいだだきました!本当にありがとうございます!



そして結果は・・・ 

20票でTheピーズが1位(!) 

pi-zu.jpg

本命のブランキーを抑えての1位は快挙だと思います 私も嬉しいであります 

pi-zu1.jpg

ピーズは私の人生ですから(?)



結果

1位:The ピーズ 20票 (28%)

2位:ブランキー・ジェット・シティ 14票 (20%)

3位:ゆらゆら帝国 9票 (13%)

4位:ギターウルフ 6票 (8%)

5位:外道 5票 (7%)

6位:フリクション 4票 (6%)

7位:ピンク・クラウド(JL&C) 2票 (3%)

7位:THE 5.6.7.8’s 2票 (3%)

9位:ロッソ (初期) 1票 (1%)

その他の偉大なる3ピースバンド 8票 (11%)

合計投票数:71票


ロッソが1票なのは寂しい気が・・・
(3ピース時の”シャロン”とかマジ痺れます)




このアンケートに対するコメント

回答:The ピーズ
曲も人もロックンロールだから。
投稿者:マーヤ 2008/10/26 00:49:33

----------------------------------------------------------------

回答:フリクション
これからも残ると思うので。
投稿者:鳥居 2008/09/30 14:26:26

----------------------------------------------------------------

回答:その他の偉大なる3ピースバンド
ジグザグ。
CD化切望ってことで。
投稿者:おーや 2008/09/27 20:52:09

----------------------------------------------------------------

回答:The ピーズ
ブランキーもゆら帝もほんとに天才だと思いますが、ピーズに1票です。何回聴いても、思い出したように泣けてきます・・・
投稿者:しろ 2008/09/22 21:59:00

----------------------------------------------------------------

回答:The ピーズ
もう21年もファンだ。こんなにたのしくて、馬鹿で、そして切ないバンドがほかにいるだろうか?年とるにつれ切ないです。。
投稿者:おっさん 2008/05/02 03:28:49

----------------------------------------------------------------

ギターウルフに一票。
ランブルでアンプからジャンプ、着地失敗で顔面強打なんてロッケンロールすぎるゼ☆
投稿者:通りすがりのベイベー 2008/04/30 11:43:20

----------------------------------------------------------------

回答:ゆらゆら帝国
やっぱゆら帝でしょうか。あのサイケ感は独特です。ロックを芸術に昇華させていますね。
投稿者:おいどん 2008/04/19 07:35:53

----------------------------------------------------------------

回答:ブランキー・ジェット・シティ
初めまして。ブランキー以外に脳が痺れませんでした。ROSSOもかなり良いですが、ブランキーには到底・・・。鋭く尖ったロックンロール!最高です。
投稿者:s 2008/03/25 21:10:43

----------------------------------------------------------------

回答:ブランキー・ジェット・シティ
Theピーズにしたいのですが初期のブランキーの緊迫感っていったら恐ろしいほどで、やっぱりそれって3ピースの醍醐味のような気がします。
投稿者:グレッチ 2008/03/24 00:28:24

----------------------------------------------------------------

回答:ブランキー・ジェット・シティ
フリクション(ツネマツ時代)とスゲエ、悩みましたが、ライヴ観てないので・・・。BJCはライヴ良かったからな〜。
投稿者:LA MOSCA 2008/03/10 21:02:36

----------------------------------------------------------------

回答:その他の偉大なる3ピースバンド
日本ロックンロール界最高の3ピースバンドは、高知のスワンだっっっ!!!
投稿者:Gretsch 2008/03/08 16:44:22


皆さん 本当にありがとうございました!

ENKOUNO3.jpg

Theピーズ 「生きのばし」(Live2007)




しかし 涙出るなぁ


「生きのばし」をトップに収録した8thアルバム

5年8ヵ月の休止からの復活 ↓そんな一枚です




こちらもどうぞ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ
posted by yuzamurai at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | R&Rアンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

村八分の映像 -よだれべろべろ-

欲しいのは

よだれべろべろのロックンロール 

ああチャー坊

cya-bo-.jpg



こういった映像が観れるようになったってのは本当に凄いことだと思います

自分が村八分を知った(たかだか)10数年前(ですが)は思いもよらなかった


よだれにまみれたロックンロール

カラー映像



これもべろべろ



あとはTV「リブヤング」出演時の村八分 観れたら最高です

言うことありません




こちらもどうぞ

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

「The Rolling Stones」へ
ラベル:村八分

お天気とロック

今日の高知は物凄いええ天気です

一歩外に出るとこんな感じ

eetenki.jpg

しかしですよ

ロックに”ええ天気ー”って歌は少ないように思いますね


そこはやっぱり”雨”なんだな


しかもその度合いがキツくなるほど名曲率も高まる気がする

”降り続く雨” ”激しい雨” ”どしゃぶり” ”台風”

番外編で”雨上がり”ってのもありますが


なぜロックは雨なんだ?


家に引っ込んでもう一度”晴天”の歌を思い出してみるけど

すぐに浮かばないのでやめた


そんな昼下がり





僕は昼飯のどんぶりをかき込みながら


中島らもさんをおもいました




こちらもどうぞ

「The Rolling Stones」へ
ラベル:中島らも
posted by yuzamurai at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

旅人賀曽利隆さんの話

温泉好きとしては

300日3000湯めぐり日本一周を果たした旅人賀曽利隆さんを尊敬します

(それは最近ギネス記録として認定されることになりました)

正確には3063カ所の温泉に入った還暦ライダーの加曾利さん

kasorisann.jpg

私も加曾利さん気取って、一昨日、昨日に2湯行きました

高知県は吾北郡 寒風山のふもと道の駅併設の”木の香温泉”と

そのご近所の”むささび温泉”


この辺は予想通り寒くてキャンプと温泉に最高

木々も藪から棒に紅葉してるし

gohoku1.jpg

その地を流れる桑瀬川の水も死ぬほど冷たいぜ

gohoku0.jpg



さてと

問1:温泉とSEXどっちが好きか?

「音泉ファック」M.J.Q



遠藤ミチロウさんの問いに若造の私は大いに迷います 


どっちも好きなら 音泉ファック


ぬるいのはオレも嫌いですが




こちらもどうぞ

「たのしいにっき」へ
posted by yuzamurai at 18:10| Comment(4) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 四国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

お前はひな菊

”俺はお前と寝たいだけ”と早川義夫さんが唄い

hayakawasann0.jpg



”俺はただあんたとやりたいだけ”と大江慎也さんが唄ったのでした

ooesann1.jpg



こちらもいかがでしょうか

「めんたいビート」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。