2008年12月30日

猫と天狗と鯛を釣った人

「いやぁ 寒いね 最高 キャンプに行こう」と嫁を巻き込んで高知県は梼原へ


今年最後のキャンプだ


しかしですよ


隣町の津野町道の駅で嫁が買い物をしている間はとても退屈なのです

すると

neko0.jpg

猫だぎゃあああ

寄ってきた かわいいぎゃああああ


意外にオレは猫好きなんだ

でも…

オレがエサを持ってないと鋭く察知した彼(彼女?)は3秒後つれなく去って行った

neko5.jpg


奴もシビアだな



もうは猫はいいや



津野町はええ景色じゃし

tengu5.jpg

ええ天狗じゃし



tengu0.jpg

アレは天狗様!

近くで見ると物凄い迫力じゃ

tengu1.jpg

口に滑り込む

そんな滑り台

天狗様の滑り台

滑ったみた ロケンロール

ぐおおおおおおお デカイ!

tengu3.jpg

でも…

tengu2.jpg

天狗様過ぎるとあとは何もない


到着地はこれまた何も無く


とりあえず

滑った山道をハァハァ言いながら登る 


途中、大きな鯛を釣った人に会った

tairyou.jpg


鯛はかなりのサイズだ


説明書きは長いので読まなかった




それから一人 ハァハァ言っていると心配した猫がやって来て

neko1.jpg

またスグに去って行った

neko2.jpg

周り見て

neko3.jpg

掘って

neko4.jpg

うんこしててカワイかったです




posted by yuzamurai at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 四国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

破廉ケンチさんとロック画報

この写真を見て

harensan.jpg

「ああぁ 破廉ケンチ(はれん けんち)さん」と言ってしまう人は僕の周りに

あまりいません つーか全くいません

残念なことですが、あまり知られていないようです


きっとRCファンの間でもRCサクセションのギタリストと言えば

仲井戸 麗市(なかいど れいち)さんが先に連想されます

nakaido.jpg

「オレがチャボだ」

といわんばかりのカッコイイ一枚 サイコーのギター弾き 

しかもチャボはいつもハンサム




しかし です

ぎっちょ(破廉さんはレフティなのでした)の破廉ケンチさんのギターにも大いに

痺れて欲しいのです

ここに2002年に発売された「ロック画報 -RCサクセションに捧ぐ-」という一冊の

本があって… 清志郎の股から 破廉さん

rcgahou0.bmp

こいつには清志郎さんと破廉ケンチさんの貴重な対談あり、未発表音源(例えば…

”トランジスタラジオ”の原曲!)ありでRCサクセションファンが気を失いそうなブツ

なのです


だんだん手に入りづらくなっているそうですが…

そんなこっちゃイカンな

syokinorc0.jpg

とにかく

僕が破廉ケンチさん・初期のRCサクセションに想いを寄せる一冊です




こんな話もどうぞ

「めんたいビート」へ

「日本のフォーク大全」へ











ラベル:破廉ケンチ

2008年12月25日

12月25日の最後に

クリスマスに引っ張り出そう

ポーグス最高の3rdアルバム

po0.jpg

12月25日の最後にサンタは「ニューヨークの夢」で踊るのでした





こちらもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
ラベル:ポーグス
posted by yuzamurai at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シェイン・マガウアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタクロースがやってくる

「サンタさんがやってきますよー」と園長先生が園児に言った

santa.jpg

私がどこで何しているのかと言うと…

地元の幼稚園でサンタクロース(義理の兄の代打)

待ち時間ナゲーよとサンタの恰好で職員室の中、腕組みしながら手持無沙汰にして

いたら


遂にお呼びが!

「サンタさんお願いします」と園長先生

設定が外国人のサンタクロースなのでおしゃべり厳禁、ジェスチャーのみ

そりゃー 難しくないかいと思ったが、園長先生が通訳になってくれるという


そうか そうか 左様でございますかと

サンタ(私)が登場

みんな物凄いキラキラした目でこっちを見ている

うーん眩しい… 最近は濁った大人の目しか見てないからな

こいつら クールなロックみたいにけがれ知らずだぜ


数人の園児が手を振ってくるので振り返す


そして 私に質問が飛んだ

”どこから来たのか?”

”サンタさんの住む町にはペンギンはたくさんいるか?”

”寒いか?”

サンタはしゃべれないので斜め45度を指差し、あっちから来たとアピールし、めっちゃ

寒いと両手を抱えポーズ、ペンギンも大きく大きく手を振りまわしデカイのが

たくさんいるとジェスチャーした


物凄い興味津津の園児達、まぁビビって泣いている子もいるんだが…

プレゼントをあげる時、記念写真撮影時も園児それぞれで…

泣いている子(実は親友の子供)は最後までサンタに寄って来なかった


写真撮影時、ある子がサンタにささやいた

「サンタさん このプレゼントは何くれたの? 僕のお願いした物かな?」


なんて澄んだ目をしているんだ君は!


私生活で酔っ払ってチン毛に火をつけたり、路上で就寝するこの私に

そんな目をしないでくれ


「みんなー 写真撮りますよー 前向いてー」と保母さんから声がかかる

しゃべれない私はその園児の頭を精一杯撫ぜた




・・・

ああ でも時間はやってくる サンタのお役御免

残念だがお別れだね

サンタが手をブンブン振ったらみんな


「ありがとー バイバーイ サンタさーん」と…




最初は面倒くさかったけどサンタやって良かったぜ


世の中そんなことばっかりで、要は”やるかやらんか”なのでね


やらなきゃ損なことっていっぱいあるんだと思いながら


サンタクロースは幼稚園を後にした

sanntasannokaeri.jpg



メリークリスマス!





こんな話もどうぞ

「映画のお話」へ

「旅の手帖」へ



posted by yuzamurai at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

鼻からちょうちんTV化失敗

randr.jpgな話

一ケ月ほど前のこと 某TV局の方から

「もし宜しければ そちらのブログの話をTVで紹介させてもらいたいのです」

とお便りあった

tv.jpg
*おかんとTV(写真は完全にイメージです)


ああ 突然ダンボール(関係ない)


遂に「鼻からちょうちん」もテレビの世界に進出ですね


で… どの話かと思ったら


”おかん時々ロックンロール”だと言う


タイトルが既にパロってるけど大丈夫?

とにかく自由にしてもらって結構です… おかんも喜びますとお返事


その後は電話で打ち合わせ

「では今日の午後に行われる番組会議で”おかん時々ロックンロール”について検討

いたします。ただ、採用されるかは時期の問題もあり… わかりません」

とのこと

不採用の場合の方が多いのだろうなと思ったら


やっぱりダメだったみたいだ


ちきしょー 残念だぜ ベイビー



「あんた、ロックはデカイ音で聴きなさい」



あの日おかんがそう言ったんだよ


本当なんだ ミスターテレビ局のプロデューサー



次回はおかんにもっとイカスrandr.jpgなエピソード捻出して

もらおうと思うので


是非オンエアーして下さい


”おかん時々ロックンロール”はこちらをどうぞ↓(ずいぶん下の方ですけど)

「ロックンロールを想うぜよ」へ











posted by yuzamurai at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

宿毛市にノータリンズがやってくる

ああ

宿毛にやってくる偉人達

すでにポスターとチケットは宿毛市立宿毛歴史館から歴史貴重品コーナーへ展示の

依頼が!(くるかも)

我が町もそれぐらいの茶目気は欲しいぜ!

ノータリンズライブ.jpg


NOTALIN'S(ノータリンズ)!

遠藤ミチロウ(ボーカル・ギター)

石塚俊明(ドラム、パーカッション)

坂本弘道(チェロ)


以前は元頭脳警察の石塚俊明氏とスターリンの遠藤ミチロウ氏の二人で

(頭脳警察の「脳」にスターリンの「ターリン」)”ノータリン”をやってたそう

ですが、坂本弘道氏が加入したことにより頭文字の「S」をおしりにくっつ

けて NOTALIN'S(ノータリンズ)となったそうです


単純なネーミングが深い すげぇざんす


あれ?今回の編成は遠藤ミチロウ(ボーカル、ギター)石塚俊明(ドラム)だから

ノータリンなんかな?


兎にも角にも 高知県の片田舎である我が町宿毛(すくもと読むのだ)に

ノータリンズがやってくる

今からオレはたまらんことになってます

ノータリンズのチケット.jpg


伝説必死のチケット ぎゃー



こちらもどうぞ

「めんたいビート」へ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

2008年12月20日

遠藤ミチロウさんと我が町

mitirousan.jpg

遠藤ミチロウさん知ってますか?と聞けば

「ええ? 遠藤みちる?」

と言う方がいましたので危うく狙撃するところでした


あと…

「ああ! あの食べ物の歌の… なんだっけ?」と鋭く反応を示す方もいたのですが

良く考えてみると遠藤賢司氏の名曲「カレーライス」のことを言っており

「食べ物?ん? カレーライス?オムライス?違うぜー それはエンケンだ」

と訂正した後、やっぱり狙撃の対象になりました

しかも、全く同じことを言った人がもう一人いた


困ったもんだ!


つうことは逆もあるのかな?

「遠藤賢司さん?ああ あの なんだっけ豚の首投げたり」みたいな

我が田舎ではその辺で混乱している


スターリン時代の若いミチロウさん↓



我が町はたいへんなことになってます



こんなのもどうぞ

「どうしようもなく気になる唄のお話 」へ

「私は最高のダンス・ナンバーで踊りたい 」へ

ラベル:遠藤ミチロウ

2008年12月19日

遠藤ミチロウさんにまつわる ひつこい話

だいたい

我が宿毛市にこんな人が来ることじたいが驚きです

おじいちゃん、おばあちゃんがびっくりします

10数年前の映画「ザザンボ」上映以上の衝撃と言って差し支えないでしょう

あの時は2万5千人に満たぬこの小さな町がちょっとだけパニックしたのかな…

今回?

とにかくこんな人が来るんだ! あの日の遠藤ミチロウ氏↓



やっぱ 良識ある おじんさん、おばあさんが心配

12月11日にノータリンズがやってきます


市長には内緒です


mitirou isiduka.jpg

こんな話もどうぞ

「RCサクセション」へ

「めんたいビート」へ
ラベル:遠藤ミチロウ

2008年12月18日

ノータリンズイン宿毛シティ@

ノータリンズは最高だった

今回はその話を

ノータリンズのチケット.jpg

12月11日晴天の宿毛シティ

お昼前に いの先輩(今回ライブ会場になるレストホール”ノイエ”のマスター)

からお電話があって

午後1時にノイエに来て欲しいという

会場のノイエは基本ライブハウスではない

だから今回は宿毛市から3時間離れた高知市からわざわざPAさんをお呼びしたそうだ
(いつもより気合が入ってます)

その機材の搬入手伝い



電話の中いの先輩は

「その前に飯食いに行こうぜ」と言ったが

オレは張り切って早飯済み 既に昼食は食ってたんで

「もう食った」と言ったら寂しそうに

「うええ マジ早い」と言った

「オレは食わんが飯屋ついて行くよ」と言ったら

「ええよ アレなら電話する」とまた寂しそうに呟いて電話が切れた


ヘイ! アレってなんだい?


(結局アレにならなかったようで電話は無かった)


さて1時 メンツは いの先輩、その部下ジー、オレ、そしてとても人当たりの良い

フロム高知市のPAさん

PAさんと いの先輩は作業をしているが、機材などさっぱりわからんので

力仕事だけやったらオレとジーは手持無沙汰になってしまった


すると機材の鬼 すー先輩が登場

オレらには意味不明の単語を連発しPAさんとテキパキやっている

それをアホの子のように眺めながら


「ミチロウさんはいつ来るのだ?」と聞くと

「とっしー先輩(いの先輩と共同の主催者)が宇和島に迎えに行った、宿毛には

2時過ぎだな」

といの先輩からのお返事

「もうすぐじゃんけ」

「うへへ 緊張するろ? うへへへ」とジーがオレに言ったが

不思議とそうでもなかった


またしばらくアホの子になっていたら扉が開いた


男の人が一人入ってきて

「こんちわ 今日はよろしくお願いします」とすごく丁寧に言った


ああああ ミチロウさんだ


すると失礼な いの先輩は

「えっえっ ほ、本人ですか? す、す、スタッフの方じゃないですか?」

と言ったが

ミチロウさんが

「遠藤ミチロウです」と

それからぞくぞくと来場!石塚俊明さん(トシさん)、マネージャーさん、

主催者のとっしー先輩


ああああートシさんだ!と心で思ったが口には出さなかった


うー


素晴らしい光景だぜ

いつもの3割増しでノイエが輝いている 


あちこちで”初めましてよろしくお願いします”な話になった

すると とっしー先輩がミチロウさんに

オレを”ミチロウさんのファンで今回のライブポスター、チケットの作成をした男”

だと紹介してくれた

no.jpg

「ありがとう あの写真、写真集のやつですね」とミチロウさん

「いの先輩からあの写真使ってくれと頼まれたんです・・・

ポスター・チケット作成も素人なんで良いものになったかどうか・・・」

と緊張のオレ

「ありがとう」言ったミチロウさんとそこで握手を交わした


そして

「アコースティックギターの弦張ってくれる人いませんか?頼みたいのですが」

とミチロウさん

「オレ弦張りめっちゃ雑なのでダメッス」

と辞退し 楽器アンド機材の鬼 すー先輩を紹介した

オレの弦張りはかなり汚い 本に載っている巻き方はできない

いつも自己流で適当だから





ロックな火種を抱えたままオレは一度帰宅し、友人の軍曹と合流した


すると軍曹「嫁と喧嘩中やけん家に帰りたくない」と言う


ヘイヘイ!マイマイ!


結局、オレの家でライブまで酒盛り、仕事終え帰宅した嫁も合流


ノータリンズもミチロウさんも全くしらない軍曹だがライブに行く

何曲か聴かすと

”音泉ファック”と”ロマンチスト”が気に入ったようで興奮している

「”音泉ファック”はやるかもしれん…でも”ロマンチスト”はやらんろうね」

とオレが言うと

「うへーマジか! やってほしいぜよ!」と興奮気味だ

軍曹すでに酔っ払い 仕事が早いなぁ

そういうオレも・・・酔っ払い


ハイテンションのオレと軍曹 


ノイエまで歩いて行く道すがら板金ロッカーとアイク合流

そしてオレの右わきには愛聴盤”虫”と”1st”のアナログ

MUSI.jpgZUNOU.jpg

(ズバリサインを頂く為に)


道中、アイクが

「お前ら酔い過ぎ うるせー」とはしゃぐオレと軍曹に言った



友人が引き合わせたこのライブ

「ほんまは来る予定は無かったけど 久々のライブや!おもろなって来た うひゃひゃ」

と軍曹が言った


「ロマンチスト喰らいたいね」とオレが言って


開演30分前の午後6時半 男4人(内2人泥酔)はノイエに到着した




つづく


こちらもどうぞ

「RCサクセション」へ

「めんたいビート」へ


2008年12月17日

ノータリンズイン宿毛シティA

朝起きたら声が もんたよしのり みたいになってた

MONNTASANN.jpg

ライブと忘年会が立て続けにあったからその後遺症か?と思ったが

どうやら原因はソレだけではなく風邪との併発!

オレともあろうものが迂闊でした


今宵 菌はロックで殺そうと思います


mich02.jpg


ノータリンズの話 つづき


ライブ会場の”ノイエ”入場から…





着いたわけです 男4人(内泥酔者2名)

午後6時半、客の入りはまだまだ


とっしー先輩によると開演は午後7時の予定だったが前座が中止になったので30分

押すとのこと

「残念だ オレが前座やるべきだった」などとゴキゲンのオレは口走ってみるも


実は怖気づいてました…


その昼間、ミチロウさんが

「前座やってくれよ」と宿毛バンド野郎一団に言ったのですが

「いやー とても出来ません 最近 全くしてないので」と

オレを含め みんなビビってて…

ダメだねー


そんなこんなでライブまでの時間は酒盛り

遅れて嫁がやって来て、また酒盛り

いい時間に言い具合なったとこで


「うえぇぇい 最前線にいこうぜぇ」となった


まず

今は邪魔になる物をお店に預けた

MUSI.jpgZUNOU.jpg

(サイン頂くようにレコード2枚持参)


「ここ! ここ! 最高!」と軍曹が手招きする


男4人が横並び+オレの嫁

正に最前列

ノータリンズまでの距離1メートル半?位かな


「うほほほー チョー至近距離ぜよー」と皆うるさい


アルコールがまだ足りないと全員の意見が一致

いつもの”じゃんけんで負けたもんおごり”でアイクが見事負けた

ブツブツ言いながらも買って来る


さぁ アルコール再補充


準備は万端 オレ達 ハイテンション!



そ・し・て



SEが鳴りやみノータリンズ登場!

ノイエの二階から2人がおりてきた


「うひゃひゃひゃひゃあああああああ」と

言葉にならないオレ達の叫びの中、定位置についたミチロウさんとトシさんから

ブッ放たれるアンプラグド・パンク!


n0.jpg


「1999」が始まった




が・・・ 実は


興奮しすぎてライブの詳細はあまり覚えていない

ジャックスの「マリアンヌ」の興奮

「オデッセイ」の嬌声

「お母さん、いいかげんあなたの顔は忘れてしまいました」では

曲終了後

「おとーさーーん」とオレが叫んだら

「それはまだ 早い」とミチロウさん

それから


またオレ泣いてた


先に泣いたのは突然最前線に割り込んできた いの先輩だったか?

いや オレか?

とりあえず仕事を放棄した男は隣で泣いていた

さっきまでオレと押し合いへしあいのハイテンションだったのに


ライブ後

「いの先輩はオレの隣でメソメソしてたぜ」と言ったら

「泣いてないわ!」と言ったが、あれはどうみても泣いてた

オレもボロボロ泣いてたし、軍曹もケツ出したりしながら泣いてたんだけどね



感極まった号泣ライブ



その後アンコールになり、オレ達(オレ・軍曹・板金ロッカー・アイク・いの先輩)が

”ロマンチストコール”したら


まさかだ… 始まった 


ミチロウさんがギター一本で


「ロマンチスト」


また はしゃぐオレ達

「お前ら 歌えー!」とミチロウさんが叫ぶ

ビールの噴水… 男5人のダイブ


興奮と涙


泣いても笑っても最後の最後


「仰げば尊し」


肩組んで合唱&揺れた

ビールまみれの最前列で…

一度皆ドタバタと崩れたが オレは再び軍曹を呼び起こし、また二人肩組んで揺れた


ああ そうやって 終わったのです…


泣きすぎとはしゃぎ過ぎのオレ達は

ノータリンズと握手を交わした

情熱と感動をありがとうと


しかもトシさんがオレにスティックをくれた


ぐおおおお ありがとうございます!!!


傍らで

「すげー マジ すげー うおおー サイン貰いたい!」

かなり興奮気味の板金ロッカーとアイクがオレに言う

自作ポスターを渡すと

「うおおー」と唸ってノータリンズの方へ去っていった


ふと足もとに目をやると紙切れが

「何だコレ?」

開いてみた


・・・


!!!


うほほおおお ミチロウさんのセットリスト!

not2.jpg
(これを見ると「ロマンチスト」が予定外だったのがよくわかる)

するともう一枚同じものを発見!オレの奇跡!トシさんのだ!

その一枚は友人にプレゼント、そしてもう一枚は大事に頂きました

あとはノイエ入口でサイン会

ミチロウさんにズバッっと頂きました

「どこに書こう?」と言うので

「レコード盤に直にお願いします」と頼んだ

「聴けなくなるよ」とミチロウさんは言ったけど

「音源はまた手に入れるので大丈夫です」と

not1.jpg

そして…

ノイエの二階、控え室に猛ダッシュ

トシさんにサインをズバッっと

「これ オレも持ってないよー」と言った

「再発なんですが よろしくお願いします」とオレ

「パンタの分オレが貰ってやるよー」とトシさんが笑って言った

本気だったのかな?

そんなハズないか

レコードはそのままオレの手元にある

not0.jpg
(ライブ使用スティク付き!)

今度はパンタさんに貰わねば!


100人以上詰めかけた客(宿毛では快挙!)は居なくなった

板金ロッカーとアイクも帰ったみたいだ


ノータリンズとマネージャーさん、主催者を除けば、すー先輩、オレ夫婦と軍曹

だけになった


控室でノータリンズと会話

というかハイテンション軍曹の独壇場?

ミチロウさんとトシさんを完全独占し

「んもー めっちゃ感動した!」と話し込んでいる

軍曹主催の祭りが来年の3月にある話になった

「よーし3月 ライブ来るよ 具体的に何日?」とミチロウさんが言った


n4.jpg


ああ 最高すぎたライブ

翌日 アイクに

「オレ最近ライブの度に感極まって泣くんだ これまで無かったのに

おかしなもんだ」

と言ったら

「オレも泣いてしもうた」とアイクが言った

「ライブ ハンパなく よかったなー すごかったなー」と


そのあと板金ロッカーからも連絡あって

「昨日は最高だった」と

「ああ 最高すぎたぜ」とオレは言った  



ここで話は終わらず

怒涛の打ち上げ編に突入する…

ミチロウさん、トシさん、マネージャーさん、いの先輩、とっしー先輩、すー先輩、

そしてオレと嫁と・・・

「軍曹は来るな」と いの先輩が言ったが

「なんで なんで なんで オレも行くぜー」と言ってやってきたのでした…

ここからがある意味本番?


語り継がれるであろう宿毛の夜の伝説



つづく



こちらもどうぞ

「ロックンロールを想うぜよ」へ

「ロックンロール会議」へ

2008年12月16日

ノータリンズイン宿毛シティB

しわしわになった伝説のポスターとチケット

pt.jpg

ノータリンズが宿毛にやってくるのが決まり、ポスター・チケット作成の依頼を

受けた時

「ノータリンズの打ち上げにも来いよ。とっしー先輩の店”グーフィー”でやるけん」

と言ってくれたのは いの先輩でした


彼にもなかなかいいところがあるのです



<ノータリンズ打ち上げ編>

3台のタクシーに皆が乗り込み、ライブ会場だった”ノイエ”から車で数分の

”グーフィー”へ …同車したのは ハイテンションの軍曹!


いつもなら体内アルコール濃度が高まるとすぐ寝てしまう男だが今夜はやれそうだ

ノータリンズライブの感動が彼をそうさせるのだろう…


午後10時過ぎ、グフィーに到着


2台のテーブルをくっ付けた団体様テーブル

オレの正面にミチロウさん、その左にトシさん、マネージャーさんが並ぶ

我が宿毛陣営はオレ夫婦、軍曹、いの先輩、すー先輩、とっしー先輩


オレはと言えば・・・


”拝啓 おかーさん、おとーさん 憧れのパンクロッカー… ロケンローラーが同じ

テーブルですよ…

緊張するけどこんな機会はそう無いです

いっぱい話したいこと… 何から話そう?”


・・・



なんて思ったら


すでに軍曹がガンガン話してた


お疲れ様です 乾杯もそこそこに


軍曹トーク!


ミチロウさんはアルコール飲まないから素面なのだが、軍曹の酔っ払いトークを

ちゃんと聞いている


感動だ


出遅れてはイカンとオレも会話に加わる 

ライブの話、旅の話(軍曹はバイクで全国を周っている)、友人の話

awogeba.jpg
(写真はセットリストより… 2はアンコール2曲の意味ですが突如「ロマンチスト」が
挿入されたので実はアンコール3曲目)

「お前らの仰げば尊しの肩くんで揺れるのは笑ったな

あんなノリ初めてだった

ああ そうだ ロマンチストもノータリンズで初めてやった」とミチロウさん


「めっちゃ 良かったろー 宿毛最高!」と軍曹



「まるで 軍曹の打ち上げのようだ」といの先輩が言った



そんな中

「旅の途中もし東京に立ち寄ることがあれば、これを機にミチロウさんとトシさんの家に

泊まればいいんでないか」

とオレが言ったら

ミチロウさんとトシさんは口を揃えて


「軍曹はイヤだ」と言った



しかし軍曹のエネルギーはいつもながら凄いな

ノータリンズもスターリンも頭脳警察も知らなかった男がの受けた感動のでかさ

ライブ前オレの家で二人酒盛りしていた時

オレが

「軍曹の兄ちゃんなら遠藤ミチロウも知っているし、きっと好きだと思う」と伝えると

軍曹は遠く東京に住む兄に電話をかけた

「オレ、今から遠藤ミチロウのライブ行くぜ」と

すると兄はこう言った

「オレが東京に出てきた 理由の3人の内1人が遠藤ミチロウだ」と

「すげぇね すげぇね」と軍曹


ライブで流したあの涙は東京にも繋がっているんだ



そんな軍曹

独演会に疲れたのか、ケンカ中の嫁さんが気になったのか



「オレ帰るぜー」と深夜一時だか二時だかに帰っていった



「しかし、面白い男だなぁ」と誰彼ともなく言う

「オレは31年彼を知っていますが、非常に愉快で心配な男であります」

とオレが言うと

トシさんが

「心配だが面白いねぇ」と素敵に酔っ払った声で言った



もうなんだか音楽の話はいいかなぁな気分になっていたので

ミチロウさんにもトシさんにもそんな質問はあまりしなかったと思う(オレもあまり覚えていない)

ただすごく覚えているのが


「歌の聴こえない 歌詞の聴こえないのは好きじゃない 最近そんなのばっかだよ」と

ミチロウさんが言ったこと

オレが

「清志郎は聴こえます 歌詞カードいらずです」と言うと

「清志郎は節なんだよ 清志郎節… 俺にはない」と

「ええ ミチロウさんもあるじゃないですか 後に影響を与えた」

「いや ミチロウ節はないんだ」 




それから・・・

ミチロウさんが鍋をふるまってくれた


作っている間少しお邪魔

mitirousannnabe.jpg

「明るいサイケデリックは嫌いだ 暗いのがいい

だから ドアーズが好きだ」と言うミチロウさんの鍋は最高だった


たぶんオレが一番食った ごちそうさまです


よく考えるにこの時、軍曹がいなくて良かったなと思う

食い物にも相当な情熱を注ぐ彼のことだから… 鍋食い戦争が勃発しただろう



いやぁ 本当にうまかった

今日も嫁に

「あのミチロウさん鍋美味かったなぁ あんなの作ってくれや 味覚えちょる?」

とねだったのでした




午前4時に解散…

”グフィー”の去り際

ミチロウさんとトシさんと握手を交わす



「ありがとうございます」と



沢山の思いがあってうまく伝えられないが言葉にするとそうなるんだと思う


ありがとうっていいなぁと思ったら



また少し泣けてきた



嫁と二人帰り道

いつもの神社の小道


「すげぇええライブ、夜やったなぁ」とオレが言ったら


「ほんまやねぇ」と嫁さんがバリバリの宿毛弁で言ったのでした




終わり

2008年12月15日

ノータリンズイン宿毛シティその後

ノータリンズが宿毛を去って早いものでもう10日もたってしまった

mich02.jpg

しかし、それは

”たくさんの思い出を残してくれたわ”といった類のノスタルジック、過去形ではなく

現在進行形のようで…


先日「ロマンチックに飲みたい」と軍曹からのお電話があって


ノータリンズの打ち上げで使ったお店”グーフィー”に出向いて行くと


「これ! これ! トシさんがオレにおろしてくれた焼酎!」


と軍曹はカウンター照明の下、その焼酎ボトルを誇らしげにかかげたのでした


とっしー先輩によると

「是非軍曹に焼酎おろしてやってくれ」

とトシさんからその日連絡があったと…

幸せな男だなぁと羨ましくあります


そう言えば

「軍曹は何だかオレの若いころに似ている」と

打ち上げの席でトシさん言ってたなぁ

東京に帰っても軍曹がほっとけないんですね


ライブの思い出だけ残していくのではなく、こうやって続いていくのはたいへん

素敵なこと



でも軍曹には問題が…

「オレ、ミチロウさんのこと知ろうと思ってネット検索したがよ…”近藤ミチロウ”って」と軍曹

本人も間違いには気付いたみたいですけど…

ヤッパリ ほっとけんなぁ




オレはと言えば

遠藤ミチロウさんと話した内容が頭に残り(ノータリンズイン宿毛シティB)


一日が忌野清志郎でたまらなくなってしまったのです


打ち上げ翌日いや当日か…

酔っ払って明け方5時〜6時に寝付いたにもかかわらず

9時10時位にはバッチリお目目でもう寝ていられず

寝床から這い出たオレは、なんだか一人切なくなってしまったのであります

ミチロウさんの言った”清志郎節”を聴きながら

この人の歌がまだまだ聴きたいのだとガラス越しに見える12月の空、

浮かぶ雲に想いを寄せるのでした 



そして

もうひとつ忘れられないのが

「野狐禅がすごくいいよ」とミチロウさんが言ったこと

yakozen.jpg

また聴いてみようと「東京23区推奨オモイデ収集袋」野狐禅↑探してみますが

(4〜5年前、今回のライブも一緒に行った友人アイクがコレいいよと

野狐禅のCDをオレに手渡したのでした)


必死の捜索もCD棚に野狐禅を発見できず…


パソコンを立ち上げ

YOUTUBEで野狐禅


今聴くと思いっきりジャストした


音楽って聴くタイミングがあると思う

4・5年前あまり響かなかったものが今はたいへん心を打つわけで… 


「そうなんだなぁタイミングなんだなぁ」と独り言

(ただオレが鈍いだけかもしれませんが…)



今、ネットで調べてみたら 来月高知に野狐禅がやってきます



オレ、また泣きそうです



こうやって

ノータリンズが宿毛に来なければ無かったことが沢山あって

それはオレの日々に繋がっていくわけであります


「東京紅葉」野狐禅




”近頃 君の夢ばっかみて 寝起きどうも切ないから

近頃 オレいっそ寝んの やめた”


野狐禅が信用できるなぁと思うのはこういう詞にあります




そうだ そうだ

これまたオレの愛する古くからの友人ジョニーが今回のノータリンズライブを体験できず

「また オレだけ観てない…」と落ち込んでたから

やさしく声をかけたいんだ

「残念 また 次回」と



まぁなんだかんだとあの日と今日が繋がっていく


オレ達の日々の転がりは巻き込み型


オレも軍曹もジョニーもまだまだ青春ごっこの最中

日々何かをひっかけて進んでいきます





こちらもどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

「旅の手帖」へ




2008年12月10日

ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います

ある日

”ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います”

と清志郎さんがTVで歌ったわずか一節を

家でゴロゴロしながら聴いて

「今の歌なんて歌だろう?」と隣にいた彼女に聞いたのですが… 知るわけも無く

後日、RCサクセションが好きな友人にその一節を歌って聴かすも

「わからないなぁ 新曲かなぁ」とのお返事

「いや 新曲ではない気がするなぁ」とオレ

もっと調べてみると曲名は歌いだしそのままで


「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」


そして3人のRCサクセション、初期のRCの曲だとわかった


でも音源がどこにもない…と思ったら 

ここで出会えた

sr0.jpg

Screaming Revue [DVD] 忌野清志郎


久々に聴いてみたらまたセンチメンタル




冬の寒い朝、数人の小学生が白い息を吐きながら…

でも楽しそうにハシャいで我が家の前の道を通っていきます

あの頃の自分達のように…  


そんな時、この歌を思い出すのです


ああ オレも変わってしまったかと


ガラスごしに外を眺めてます



posted by yuzamurai at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ROSSOが4人

rosso0.jpg

昨日、ROSSOは3人がいいと言っておきながらも

4人ROSSOのTV出演を紹介したりします

ミュージックステーション出演時

「アウトサイダー」




たいへんロケンで痺れます


結局どっちやと怒られそうですが

チバユウスケ氏のコードで押し切る感が個人的に良いので

好みは3人組のROSSOです

zukkoket.jpg



こんなのもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ
ラベル:ROSSO
posted by yuzamurai at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | チバユウスケR&R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ROSSOが3人

必要最小限である3人(ギター・ベース・ドラム)で疾走する姿が美しいから

初期のROSSO(ロッソ)が個人的好みです

「シャロン」



チバユウスケ氏のコード掻き鳴らしには、どこぞの饒舌で華麗なギター奏法より

もっともっと原始的なロックンロールを感じる

そしてMASATO氏の真っ直ぐなドラムが心打つんだ


でも実は… 照井利幸氏が弾く「シャロン」のベースラインが一番美しい


ああ 3人組

bird.jpg


ケルト&コブラ


以前某TV番組で

「ロックンロールはスーツか皮ジャン」と言ったチバ氏も最近はスーツ姿、皮ジャン姿

共にあまり見かけなくなった

ここではケルトなロックンロール姿




ロックな雰囲気を醸し出せる小道具 <其の@煙草・其のA煙>

bird0.jpg

私、煙草やめて一年 もう煙は吸いたくないけれど

ロックンロールな小道具としての煙草と煙は実にいい


あと、カッコイイライターを見ると欲しくなる

キャンプで焚き火&バーナー着火時位しか使用する機会はないが


まぁ カッコつけてなんぼだと思う




P.S. 小学生低学年の頃、ズッコケ三人組のファンクラブに入ってました

ズッコケ三人組常識テストで合格ライン80点以上とってね

ズッコケファンクラブ会員証とズッコケファンクラブ手帳を持ってた

zukkoke.jpg

今調べたら会員が4万人以上いるみたい

会員入ったの20数年前だからめっちゃ若い会員番号だと思う 

先輩風吹かしたい気分さ



その頃から三人組が好きだったようです




そして現在

さっきネットサーフィンで偶然知った40歳のズッコケ三人組が気になってます

「ズッコケ中年三人組」 那須 正幹 (著)

zukkoke40.jpg

”あのズッコケ3人組も、28年を経て不惑の歳を迎えた。

さて、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんの人生は?

カバー裏にはシリーズ全50巻の表紙を掲載。「ズッコケ3人組」シリーズで

育った大人たちに贈る(アマゾン紹介文より)”


*ちなみに私のズッコケファンクラブ会員証と、ズッコケファンクラブ手帳は

随分昔になくしました ごめんなさい






こちらもどうぞ

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ
posted by yuzamurai at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チバユウスケR&R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ローリングストーンズが来ない

驚きだぜ

ローリングストーンズの映画「シャイン・ア・ライト」が来ない

まぁ四国の隅っこ宿毛市に来ないのはわかる

まず映画館がないから

でも高知市にも、なんと四国にも来ないのだ


四国の大都市である松山市には来るんじゃないかと思っていたのだが

甘かったぜ!


じゃぁ 海を越えるのか?

本州へ、九州へ

4ninn.jpg

<シャイン・ア・ライト公開劇場>

****************************************************************
【北海道】
・シアターキノ               011-231-9355 公開中
****************************************************************
【関東】
・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ         03-5775-6090 公開中  
・日劇PLEX  (レイトショー)       03-3574-1131 公開中

・渋東シネタワー (レイトショー)     03-5489-4210 公開中

・新宿武蔵野館               03-3354-5670 公開中

・TOHOシネマズ ららぽーと横浜        045-929-1040 公開中

・TOHOシネマズ 川崎             044-230-1122 公開中

・TOHOシネマズ 海老名            046-292-4620 公開中

・TOHOシネマズ 船橋ららぽーと        047-433-9911 公開中

・TOHOシネマズ 流山おおたかの森       04-7178-2255 公開中  
・ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園   048-812-2055 公開中
****************************************************************
【中部】
・TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ       052-659-0111 公開中

・ピカデリー                 052-551-5461 公開中  
・TOHOシネマズ モレラ岐阜          058-320-5770 公開中
****************************************************************
【関西】
・TOHOシネマズ 梅田              06-6316-1312 公開中

・TOHOシネマズ なんば            06-6633-1040 公開中

・TOHOシネマズ 鳳              072-271-1040 公開中

・TOHOシネマズ 二条             075-813-2410 公開中  
・TOHOシネマズ西宮OS                公開中

・三宮シネフェニックス           078-392-0270 公開中****************************************************************
【中国】
・広島バルト11              082-561-0600 公開中****************************************************************
【九州】
・TOHOシネマズトリアス 久山         092-957-5555 公開中

・KBCシネマ                 092-751-4268 


以上であるらしい



ローリングストーンズが遠い



ki-su0.jpg


拝啓

昨日、今日と高知にたくさん雪が降りました 


寒いです


yukidesu.jpg

2008年12月06日

ローリングストーンズ『SHINE A LIGHT』

最新のローリングストーンズ映画です

映画に疎いので、監督のマーティン・スコセッシ氏もその代表作「ディパーテッド」

も全く知りませんが

猛烈にローリングストーンズを知っています

12月5日全国ロードショーの映画「シャイン・ア・ライト」


予告ですでにしびれる


映画「シャイン・ア・ライト」予告編



私、15年間映画館で映画観てませんが、観るならコレだと直感しました!

・・・

とは言うものの、実のところは最近「崖の上ポニョ」で封印を解くところだった

ponyo1.jpg

マジかわいい

ponyo.jpg

私は単純ですからもしポニョを観ていたらこのブログ内容の3分の2がポニョ化

していた可能性があります

今のとこ観てなくて本当に良かった(TV化されたら間違いなく観ます)


とにかく 映画館で観るなら15年前の夏に流行った恐竜映画以来です

kyouryuu.jpg

↑こんなシーン全然記憶にありません

涼しい映画館 内容の3分の1も観ずに寝てしまったあの日以来なのに


予告編にもある「JUMPIN' JACK FLASH」あたり、ミックと同じポーズで私が壊れそう

sal.jpg

あとで知ったのですがマーティン・スコセッシ氏は「タクシードライバー」や

「ラスト・ワルツ」の監督さんらしいです


それなら家にビデオがあります


とにかく12月5日(金)封は切られました ロケンロール




こちらもどうぞ

「ロックンロールの偉人・変人1号2号大集合」へ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ

2008年12月05日

史上最長寿のロックンローラー

”史上最長寿のロックンローラー ”遠藤賢司

enkensann.jpg

縦60cm・横60cmの特大ジャケット(レコード4枚分)に12cmCDシングルが1枚(1曲収録)

バックを湯川トーベン氏(b)と(近日宿毛に来訪する)元頭脳警察のトシ氏(ds)

が務める25分25秒のロックンロールなんだが…


情けないことに私はこれを所持していない


以前(10数年も前)、行きつけの中古レコード屋数軒に何とか手に入らぬかと依頼

してあったが… 現在もそのまま

でももういいんです オヤジから引き継いだこの一枚があるので

ロケン!

manzoku.jpg


「大地を踏みしめて生きる力強さがロックンロールだと俺は思ってる」


と言ったあなたのギターのカッティング音ひとつひとつが私を前へ前へと

押し進めます


生きるための前進です







こちらもどうぞ

「ロックンロールを想うぜよ」へ
posted by yuzamurai at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミナリと真夏のストレート

最近何もない日は早い時間からアルコール入れて夜の9時とか10時とかに寝てしまう

今日も9時半就寝 だからか妙な時間に目が覚めた


AM2時


中途半端で非常に困るなぁ

二度寝にトライしてみるも無理なようなのでごそごそ起きてきた

パソコンを立ち上げ冷奴を製造し、またビール飲んでる



そんな今聴く

manatu0.bmp

「真夏のストレート」 純粋なソロ作 甲本ヒロト氏の一人多重録音




小学生1年生で十分理解できる単語とメロディ

曲展開、使用コードもやさしい

しかし

”明日こそはとつぶやいて 泣いたのはおとといだった”

と始まるが何で昨日ではなくおとといなんだろう?

歌の世界では昨日、今日、明日が定石ではないか

おとといの明日は昨日  


おとといの時点では希望だった明日が今日からすればもう昨日という過去になって

しまいました  おととい来やがれ?



なんだかやさしいなぁ



だから切なくなるんだオレは

鉄の壁も涙の雨もぶっとばして 笑い飛ばそう 


冬の夜更け天気は雨 カミナリごろごろ




こちらもどうぞ

「映画のお話」へ
ラベル:甲本ヒロト
posted by yuzamurai at 03:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲本ヒロトと真島昌利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

ありがとうが言えない

あの風景も思い出もいつか忘れてしまうか

覚えてられるかな

夜の闇にだってずいぶん待ってもらったってのは本当だと思う

yoru0.jpg


ここ数か月、右の肩と腕が痛い

動いている時は痛くないがじっとしていると痛い

正確には寝ている時は痛くない

だから座ってじっとしている時、例えば車の運転時や、パソコン操作時はマジで

ズンズンと痛い


その痛みをいつも”そいつぁ歳をだよ”で簡単にすませてしまうが


そうじゃないだろう 何よりも先にオレには肩や腕への感謝が必要だ 


どこどこが痛い時だけ何ともなかった正常時(健康状態)を想い

「ああ 痛くないってのはすごいなぁ ありがたかったんだなぁ」などとのたまう

よく下痢で苦しむオレは、トイレにしがみ付いたまま

「下痢じゃない時のオレ最高」と心でつぶやく


普段から感謝出来んもんかね?

身体でも当たり前に酷使されりゃへそも曲げるだろうさ

その緊急シグナル(痛み)に「なんだ突然イテぇな コンニャロウ」じゃ

あまりに思いやりに欠ける


音楽だってそうだ

嬉しいときも悲しいときも切ない時もそこにあるけど感謝しない

夜と音楽にどれだけお世話になったか 救われたか

夜とメロディと言葉  すべてに感謝


そんな今も痛い


ありがとう 病院へ行ってきます


bonobos 「THANK YOU FOR THE MUSIC」






よかったらこちらもどうぞ

「私は最高のダンス・ナンバーで踊りたい 」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。