2008年12月17日

ノータリンズイン宿毛シティA

朝起きたら声が もんたよしのり みたいになってた

MONNTASANN.jpg

ライブと忘年会が立て続けにあったからその後遺症か?と思ったが

どうやら原因はソレだけではなく風邪との併発!

オレともあろうものが迂闊でした


今宵 菌はロックで殺そうと思います


mich02.jpg


ノータリンズの話 つづき


ライブ会場の”ノイエ”入場から…





着いたわけです 男4人(内泥酔者2名)

午後6時半、客の入りはまだまだ


とっしー先輩によると開演は午後7時の予定だったが前座が中止になったので30分

押すとのこと

「残念だ オレが前座やるべきだった」などとゴキゲンのオレは口走ってみるも


実は怖気づいてました…


その昼間、ミチロウさんが

「前座やってくれよ」と宿毛バンド野郎一団に言ったのですが

「いやー とても出来ません 最近 全くしてないので」と

オレを含め みんなビビってて…

ダメだねー


そんなこんなでライブまでの時間は酒盛り

遅れて嫁がやって来て、また酒盛り

いい時間に言い具合なったとこで


「うえぇぇい 最前線にいこうぜぇ」となった


まず

今は邪魔になる物をお店に預けた

MUSI.jpgZUNOU.jpg

(サイン頂くようにレコード2枚持参)


「ここ! ここ! 最高!」と軍曹が手招きする


男4人が横並び+オレの嫁

正に最前列

ノータリンズまでの距離1メートル半?位かな


「うほほほー チョー至近距離ぜよー」と皆うるさい


アルコールがまだ足りないと全員の意見が一致

いつもの”じゃんけんで負けたもんおごり”でアイクが見事負けた

ブツブツ言いながらも買って来る


さぁ アルコール再補充


準備は万端 オレ達 ハイテンション!



そ・し・て



SEが鳴りやみノータリンズ登場!

ノイエの二階から2人がおりてきた


「うひゃひゃひゃひゃあああああああ」と

言葉にならないオレ達の叫びの中、定位置についたミチロウさんとトシさんから

ブッ放たれるアンプラグド・パンク!


n0.jpg


「1999」が始まった




が・・・ 実は


興奮しすぎてライブの詳細はあまり覚えていない

ジャックスの「マリアンヌ」の興奮

「オデッセイ」の嬌声

「お母さん、いいかげんあなたの顔は忘れてしまいました」では

曲終了後

「おとーさーーん」とオレが叫んだら

「それはまだ 早い」とミチロウさん

それから


またオレ泣いてた


先に泣いたのは突然最前線に割り込んできた いの先輩だったか?

いや オレか?

とりあえず仕事を放棄した男は隣で泣いていた

さっきまでオレと押し合いへしあいのハイテンションだったのに


ライブ後

「いの先輩はオレの隣でメソメソしてたぜ」と言ったら

「泣いてないわ!」と言ったが、あれはどうみても泣いてた

オレもボロボロ泣いてたし、軍曹もケツ出したりしながら泣いてたんだけどね



感極まった号泣ライブ



その後アンコールになり、オレ達(オレ・軍曹・板金ロッカー・アイク・いの先輩)が

”ロマンチストコール”したら


まさかだ… 始まった 


ミチロウさんがギター一本で


「ロマンチスト」


また はしゃぐオレ達

「お前ら 歌えー!」とミチロウさんが叫ぶ

ビールの噴水… 男5人のダイブ


興奮と涙


泣いても笑っても最後の最後


「仰げば尊し」


肩組んで合唱&揺れた

ビールまみれの最前列で…

一度皆ドタバタと崩れたが オレは再び軍曹を呼び起こし、また二人肩組んで揺れた


ああ そうやって 終わったのです…


泣きすぎとはしゃぎ過ぎのオレ達は

ノータリンズと握手を交わした

情熱と感動をありがとうと


しかもトシさんがオレにスティックをくれた


ぐおおおお ありがとうございます!!!


傍らで

「すげー マジ すげー うおおー サイン貰いたい!」

かなり興奮気味の板金ロッカーとアイクがオレに言う

自作ポスターを渡すと

「うおおー」と唸ってノータリンズの方へ去っていった


ふと足もとに目をやると紙切れが

「何だコレ?」

開いてみた


・・・


!!!


うほほおおお ミチロウさんのセットリスト!

not2.jpg
(これを見ると「ロマンチスト」が予定外だったのがよくわかる)

するともう一枚同じものを発見!オレの奇跡!トシさんのだ!

その一枚は友人にプレゼント、そしてもう一枚は大事に頂きました

あとはノイエ入口でサイン会

ミチロウさんにズバッっと頂きました

「どこに書こう?」と言うので

「レコード盤に直にお願いします」と頼んだ

「聴けなくなるよ」とミチロウさんは言ったけど

「音源はまた手に入れるので大丈夫です」と

not1.jpg

そして…

ノイエの二階、控え室に猛ダッシュ

トシさんにサインをズバッっと

「これ オレも持ってないよー」と言った

「再発なんですが よろしくお願いします」とオレ

「パンタの分オレが貰ってやるよー」とトシさんが笑って言った

本気だったのかな?

そんなハズないか

レコードはそのままオレの手元にある

not0.jpg
(ライブ使用スティク付き!)

今度はパンタさんに貰わねば!


100人以上詰めかけた客(宿毛では快挙!)は居なくなった

板金ロッカーとアイクも帰ったみたいだ


ノータリンズとマネージャーさん、主催者を除けば、すー先輩、オレ夫婦と軍曹

だけになった


控室でノータリンズと会話

というかハイテンション軍曹の独壇場?

ミチロウさんとトシさんを完全独占し

「んもー めっちゃ感動した!」と話し込んでいる

軍曹主催の祭りが来年の3月にある話になった

「よーし3月 ライブ来るよ 具体的に何日?」とミチロウさんが言った


n4.jpg


ああ 最高すぎたライブ

翌日 アイクに

「オレ最近ライブの度に感極まって泣くんだ これまで無かったのに

おかしなもんだ」

と言ったら

「オレも泣いてしもうた」とアイクが言った

「ライブ ハンパなく よかったなー すごかったなー」と


そのあと板金ロッカーからも連絡あって

「昨日は最高だった」と

「ああ 最高すぎたぜ」とオレは言った  



ここで話は終わらず

怒涛の打ち上げ編に突入する…

ミチロウさん、トシさん、マネージャーさん、いの先輩、とっしー先輩、すー先輩、

そしてオレと嫁と・・・

「軍曹は来るな」と いの先輩が言ったが

「なんで なんで なんで オレも行くぜー」と言ってやってきたのでした…

ここからがある意味本番?


語り継がれるであろう宿毛の夜の伝説



つづく



こちらもどうぞ

「ロックンロールを想うぜよ」へ

「ロックンロール会議」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。