2010年01月19日

ジンライムのようなお月さま

帰り道


あれはいつだったか


僕はひとり、ジンライムのようなお月さまをみた


sinnyako.jpg


山の中


木々の切れ間からお月さまがチラチラと覗く


運転という世間一般の退屈に飽きてしまった僕は、お月さまがよくみえる場所に

車を停めた



エンジンをきる  


聴こえるのは 風、小さく揺れる木々の音 


四国、高知と愛媛の境



そこへは


名前のわからない山


名前のわからない川


名前のわからないトンネルを越えたり抜けたりしてやってきた





ここでほんの少し休憩してる  で、夜空に




ジンライムのようなお月さま




僕の大好きな清志郎さんはロマンチックだった


お月さまが好きだったみたい


それは時にジンライムようであったり、君の口に似ていた


そうだ… ”あの娘をかえして” と歩道橋渡る時にお月さまにお願いもしたんだ



なるほどね


今夜はジンライムのようだよ


ほんとさ よく見える



そういえば武田真治氏が言ってた

「ボス(忌野清志郎)はジンライムをよく知らなかったんですよ。

ライブの打ち上げでバーに入った時、僕がジンライム頼んだら、

「それ、飲ませてくれる?どんな味?」とボスが言ったんです。

僕が「え?ボス”ジンライムのような”って歌ってんじゃないですか」

と言ったら

「いやー実はよく知らないんだよ。あれはジンライムのようなイメージね」と

ボスが言ったんです」



小学生の頃、僕も母親に聞いた


「ジンライムって何?」


「大人が飲むお酒」






お月さまに一礼して エンジンをかける




君の家は近い




ジンライムのようなお月さまがそう言ってる


清志郎さん.jpg






ラベル:忌野清志郎
posted by yuzamurai at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。