2010年03月23日

アメリカ青春映画とうどん映画、ロックンロール

昨日は何故だか「鶴瓶の家族に乾杯」(毎週必ず観ているのだ)の放送がないので


ああ

困ったぞ 困ったぞ


地団太をツイスト風にアレンジしてステップ


家族.jpg


じゃあ

今夜はひさしぶりに映画でも観ようぜ ということになって


映画館ではなく・・・


TSUTAYAへ




「アメリカングラフティ」

アメリカングラフティ.bmp



「UDON」

ウドン.jpg

をレンタルしました


20年ぶりくらいに観る「アメリカングラフティ」

初めて観たのは思春期突入期、”よくわからないけどアメリカというもの”

に無闇に憧れた中学の頃でした

古き良きアメリカがカッコヨカッタのです

まぁ 今でもその思いは変わりませんが…


当時、サントラを買ったことを思い出します



思い出映画


今ならまた違った感じでみられるだろうなと思いました



「UDON」は初の鑑賞です

嫁が「うどん借りる」と言いました

ぼくは「ええね。うどん」と言いました

それで決まり


以前は

四国に住んでいながら、うろうろしながら、有名なうどん屋さんではうどんを食し

たことがありません


タイミングが悪く…

行く度、行く度、有名なうどん屋さんの店先ではたくさんの人が並んでたからです


並ぶのダメです


地元の方が

「この街は信号機よりうどん屋が多いよ」と言いました


並ばないでよい店もたくさんあります


だからすいてる並ばないうどん屋へ


おおお

並ばなくてもうまいです



思い出うどん



そんで今日は


別冊イカ天


ブランキージェットシティ

ブランキー.jpg




ストレイキャッツ

ストレイ.jpg

の対談とライラックの花を初めて見たベンジーの映像です


「blankey jet city vs stray cats」




ほんと

貴重なものをありがとうございます






今日はアメリカンな気分



さぬきうどん食べたい



posted by yuzamurai at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

豪風ろまん 〜風をあつめて〜

はっぴいな人達.jpg

本日のさっぽろは物凄い風が吹き荒れており


ぐごごごごうううう

ばきききーーーーー



言うて我が家を揺らします


大丈夫?壊れる?


そんなボロ家でもないんだけどなー と思いながらカーテンを開け

外の状況を確認、


あああ


おっさんがひとり、豪風になびいている…

いや、札幌CITY全体がめんどくさそうに右から左になびいている 




そんな間にも通気口から容赦なく豪風が…


ごごごごーっと 吹き込んできてます


のんきにブログ更新している場合じゃありません




「風の音が凄くて眠れん」と嫁も起床してきました




さっぽろ風街ろまん


70年代初頭、日本の4人の若者が歌った ろまんは

当時を知らぬぼくにも確実に届いており

・・・



風をあつめる毎日



豪風吹き荒れる今もこうして…


何故か矢野さんの「風をあつめて」




ああ

知らなんだ。この街には”はっぴいえんどのバンドスコア”もあるんだ。

はっぴえんどの楽譜.jpg

風街ろまん


やっぱり 


ぐごごごー 言うてます




2010年03月18日

ザ50回転ズのR&R予備校

しかし

「WE ARE THE KIDS 」は名曲だ


まじ

あの日が蘇る



ザ50回転ズ

大阪ロックンロール少年院に収容されていた3人が結成した

徳島の酔いどれ ダニー(ギター・ボーカル)

出雲の妖怪 ドリー(ベース・ボーカル)

浪速のドラ息子 ボギー(ドラム・ボーカル)

奇跡のロックンロールバンド

50回転ズ.jpg

やつらがロックンロール予備校にてJohnny B Goodeを演奏


ギャー




いやー ビリビリくるぜ





返事はいらない

手紙を書く、出すという行為の最中、頭のどこかで返事を期待している

まだ 出してもしないのに つまり相手に届いていないのに





ユーミンのデビューシングルが「返事はいらない」というタイトルだと知って

曲を聴く前からいいなーと思った


「返事をください」じゃないところにユーミンという偉大なミュージシャンの、女としての気骨を感じた


んで…

聴いてみると

18歳の女の子(ユーミンは当時18歳)らしい内容の歌詞

でも やっぱり


返事はいらないのだった


araiyumi.jpg

「返事はいらない」作詞・作曲・編曲 荒井由実の

記念すべき一枚目のシングル (1972年7月5日発売)




思い切り話はそれるが、今日のオイラはなんだか頭が痛い

原因は昨夜飲んだ酒



鳥んなって泳ごう

魚んなって飛ぼうとするから わけわかんなくなるのだ


2010年03月16日

瀕死の双六問屋

「愛し合ってるかい」

オーティス.jpg

清志郎さんが教えてくれたオーティス・レディング


その中でも一番の愛聴盤は初めて買った

レディング.jpg

だったりする

他にも良い盤、演奏はあっても

初めて聴いたオーティスが衝撃


「In Person at the Whisky a Go Go」



すごろく.jpg

「瀕死の双六問屋」忌野清志郎

我が理想郷”双六問屋”では履歴書などいらない

タレントが個展をひらいたりしないし、歌の下手な者がCDを出したりもしない・・

しかし、”双六問屋”は今、瀕死であった


以前、TVブロスに連載されていたコラムをまとめた一冊


これは小説という名の虚構なのか

日記と言う名の現実なのか それはわからない

ただ

そのロックな切り口、音の鳴り方はレコード評でもあるから

以前、ぼくがオーティスを知ったように

”双六問屋”を忌野清志郎のレコード評とし、ここで紹介されるオーティス・レディング

やジミヘンに驚喜するのもいい


そして 秘密兵器…

”双六問屋”には得意の漫画も掲載されている

清志郎さんはこう言っていた

「なんだかわけのわからないタレントが簡単に本出したり、歌ってCD出したり

映画作ったり、出演したりするけどさ。

タレントで漫画描く奴いないよね。漫画本出版する奴は。

漫画は本当に難しいんだ。

だからオレは漫画が、漫画家が一番偉いと思う」と


そういうわけでこの本では漫画家を志したこともある忌野清志郎の漫画も読める…


しかも

単行本なら すごいロック なCDも付いている…

1:瀕死の双六問屋のテーマ
2:遠いシナリオ
3:フリーター・ソング
4:瀕死の双六問屋エンディング・テーマ

(残念ながら文庫版には付属されていないのです)



あれ? なんなんだろうこの本は…




ぼくはこれを読んで 今夜もうーんと唸りをあげ

ターンテーブルでロックをまわす




この本が世に出た10年前


あれから世の中は何も変わっちゃいないし


今も変わらず”双六問屋”は瀕死である



ただ、死んじゃいない



ヘイヘイマイマイ

”双六問屋”は死なない 


終わらないのだ 



読んで確かめよう




「愛し合ってるかい?」



清志郎が 大きな声でそう叫んだ




2010年03月15日

血を流して歌う「深夜高速」

gure-tosann3.jpg

フラカンのライブ行きたい

血を流しながら歌う鈴木氏を観てまた胸が熱くなるのでした


「深夜高速」ライブ演奏中アクシデント 流血





2010年03月14日

THE BAWDIESといけちゃん

ちょっと悩んで結局買った

「いけちゃんとぼく」西原 理恵子を抱え帰宅

いけちゃんとぼく.jpg


イエス 今夜もロケンロール


THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)で激しくステップ踏んで 

ばっばっっと 「いけちゃんとぼく」を読む



THE BAWDIES、今のままでも最高のダンスミュージックだが…

この路線維持で走るのか?

いや

まだまだ行けるな…と思う そうであって欲しい


”うわああ 声が渋い かっこいい”とかいう賞賛より もっと先へ…


ロックの先っちょへ


「いけちゃんとぼく」で泣いて 


THE BAWDIESで揺れる 今日この頃


オレって変 でもロックンロール


「YOU GOTTA DANCE」THE BAWDIES







2010年03月11日

パーマネント野ばら

パーマネント野ばら.jpg

私の家は「パーマネント野ばら」

山あいのハウス農家のおばあちゃん達のパンチパーマを一手に引きうけます----



「どんな恋でも、ないよりましやんか----」



娘を連れてふるさとの村に出戻ったなおこ

その母が営む、村にひとつのパーマ屋さんは、女のザンゲ室

そこでは女たちが、恋にまつわる小さな嘘を日々告白している

男に裏切られても、泣いて笑ってたくましく

おとなの女の恋心を描く感動の物語



これを原作に高知県宿毛市で映画「パーマネント野ばら」が撮影されました


「パーマネント野ばら」公式サイト

「パーマネント野ばら」へ

監督/吉田大八

原作/西原理恵子「パーマネント野ばら」(新潮社刊)

出演/菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介ほか

5月22日(土)より全国ロードショー

普段はあまり新作映画を気にすることはありませんが、これは別です


umi0.jpg



本日、雪が降る町はやっぱり雪がぱらぱらとしていて

「寒いね 寒いね」と言いながら、コーヒーを ずずずっう
すすり飲み 過ごしています


「どんな恋でも、ないよりましやんか----」


我が家の造花がふわりと揺れる




その救いのないどうしようもない恋の唄は


カッコ悪いのだけれど


どこまでも力強い



posted by yuzamurai at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

シャツを洗えば

シャツを.jpg

くるりとユーミンの「シャツを洗えば」というとても良い曲がある

もうちょっと前にリリースされたものだけれど


ここでポチリ

「シャツを洗えば」




そんなわたくしも…


10数年前

初めて買った二層式の中古洗濯機

シャツを洗ったはいいけど、排水という概念がわたくしの頭の中で完全に欠如しており…


排水処理方面を完全ノータッチで洗濯機稼働



ヘッドフォンしてギター弾いてたら、我がギター音以外に

どん どん とリズムが割りこんでくる

なんだ なんだと ヘッドフォン外すと

「ちょっと! ちょっと! 大変ですー」どん どん と誰かが我が部屋のドア叩いてる

それで気がついた! 一段低くなった洗濯機部屋と台所、一面水浸し

ここはアパートの二階、となると当然一階にも被害が…


訪問者は一階の住民…



ああ 排水に注意


一階の電気はバチバチいってた  水が滴って!


みんな良い人達でそこまでの被害を出したわたくしを

「今後、気をつけて下さい」だけで許してくれました




「ごめんなさい」 



でも シャツはぴかぴか  




タグ:くるり
posted by yuzamurai at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | くるりのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

みんなのロック

しかし アレだなぁ

パチンコなんかするもんじゃねぇなぁと空き缶蹴飛ばして帰り道


しかし、アルミ缶は良い音がしない


・・・


そんなこんなで世の中を呪いたい気分になるよ 


うぎー





あれ

猫が横切った ちょっとかわいいのが…


厭世感にかられたオレは無暗に追いかけてみる




あああ イカン そんなこっちゃイカン



いつのことだか思い出してみよう



あんなことこんなことあったんです


曽我部恵一BAND「思い出のアルバム」PV

 

みんなのロック.jpg

「ソカバンのみんなのロック!」曽我部恵一BAND

1. イントロ
2. 手のひらを太陽に
3. うみ 
4. かえるのうたDUB(Dub Mixed by 内田直之)
5. ゆき
6. 思い出のアルバム


ベタだけど このPV良い

フラカン「この胸の中だけ」のPV観た時と同じ気分になった



パチンコはひかえよう






posted by yuzamurai at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

いかした喫茶店の窓辺から

毎日 酒ばっか飲んでないで コーヒーも飲むべきだと意気込んで

夫婦で勢いよく家を飛び出した


ボロボロでいかした英国産のラバーソールが雪に埋まる…



「ああ 春はまだか?」



「コーヒーと恋愛」サニーデイサービス




そんな甲斐あって


近所にとてもいい喫茶店を発見 素直に嬉しい


コーヒーが飲めるだけじゃなくて レコードや本も売っててシビレル


わたくしの大好きな感じ


レコード一枚300円


本は半額

喫茶のまちかど.jpg

CHET BAKER「CHET BAKER SINGS」とRY COODER「JAZZ」アンド

ロックとジャズのデザインという面白そうな本(各一冊)とSTUDIO VOICE、ゴ

ダールの特集本を買った

全部で1100円(ゴダールは無料になった!)

「これはサービスします。ゴダール楽しんでね」と口髭をたくわえたマスターが

STUDIO VOICEを手に取り言った

勝手にしやがれ.jpg


「いえーい 勝手にしやがれ」


今日も良い日だ


マスターがあたたかいコーヒーを運んでくる



そんな間にも喫茶店のスピーカーから 誰かがやさしく歌った



「ここはすばらしい」



小さな声でそう言ったら 嫁が読んでいた雑誌からこちらにちらっと視線をあげた


ずっと前から こんな喫茶店があったらいいなと思っていたんだ




あらためて店内を見渡せば

木製の棚に古いポラロイドカメラが置いてある


それが記憶を呼び起こした


欲しいな けど今も昔もフィルムの方が問題だねぇ

今は特にそうか


昔、写真やカメラの仕事もしていた家のじいちゃんが持ってたポラロイド


撮るとすぐ写真になるポラロイド 初めて見たときは驚いたなぁ

勝手に持ち出してはバシャバシャ撮ったものだった 


こんなの抱えて札幌、北海道それぞれの街へ出たらどんなにすばらしいだろう



コーヒー片手にそんなことを思った
posted by yuzamurai at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

きょうは3がつ3かだ

カレンダーや時計のない生活は難しい

毎日 カレンダーや時計を頼りに生活しているもので…


ぼくが設定した 誰かとの大事な約束も それできちんとくくられた 月日 時間が目安だった


ここからそこまでが今日 そこから先は もう明日




うちには時計はあるけど、カレンダーがないから 自作

sc2.jpg

ロカビリーなのにします 


出来た


とても荒く雑でかっくいい 頻繁に眺めるものだから良いものにしたい


オレのセンスは最高だなー と自画自賛



ふと気づいたら きょうは3がつ3か


日付が4かに変わってしまうちょっと前 


時間は確実に流れてる

時計とカレンダーがそれを正確に教えてくれた

便利だけどおそろしいね



そう

先日、本屋で立ち読みしてたら隣の男ふたりが

「もう サンボマスターはないよ オレも若くないし」と言った


君にも時間は流れてるのだ



そうやって今夜サンボマスター聴いたら

できっこないをやらなくちゃと 思った


灯かりをともそう  若くなくてもいい 



「できっこないをやらなくちゃ」サンボマスター




posted by yuzamurai at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前略おふくろ様、あれがリンカーン・コンチネンタルです

前略.jpg


「あれがリンカーン・コンチネンタルです」











posted by yuzamurai at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

曽我部恵一BANDはすごいのだ 

前略おふくろ様


”オレは先日 とても素敵なライブにいってきました” 


ネットという人類最新技術を介した事後報告から始まる札幌青春狂走曲


曽我部恵一BANDはすごかった

サニーデイサービスしか知らぬオレはぶっ飛んだ


ナパーム!




キラキラ.jpg

キラキラ!  曽我部恵一BAND 12曲35分のデビューアルバム

01. 天使
02. 結婚しよう
03. キラキラ! 
04. 5月になると彼女は
05. 海の向こうで
06. 海とオートバイ
07. チワワちゃん
08. 街角のうた
09. まちぼうけ
10. 夢見るように眠りたい
11. 青春狂走曲
12. 魔法のバスに乗って


「長い曲は他のメンバーが嫌がるんです。”長すぎる”ってダメだしされる。

僕は作り手だから出来あがった曲に愛情あったりするんだけど泣く泣く一部分削

ってなんかして曲短くしてます。シャープに」

とは曽我部恵一さん


自分の中で作り上げた勝手なイメージ(勝手なサニーデイサービスの解釈)が

いとも簡単に壊されたものだから、オレは少したじろいだけれど、ものすごく感動して

「良かった 良かった 猛烈に良かった」とライブからの帰り道に繰り返した

外はまだまだ寒くて氷点下、足もとで雪をザクザクやりながら…



”そっちはどうだうまっくやってるか?

こっちはこうさ どうにもならんよ

今んとこはまあ こんな感じなんだ”

こういう形式の歌詞いいなぁ

オレの好きな”前略おふくろ様”タイプの詞です


その『青春狂走曲』のセルフカバーの入った2008年発売のデビューアルバム

”キラキラ”の最後を飾るのはライブでも印象的だった『魔法のバスに乗って』という曲でした


「すごい すごいぞ」


家に帰ってあらためて聴いて、歌詞を噛みしめ感動するのでした


これは終わらない青春だ


曽我部恵一BAND「魔法のバスに乗って」PV





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。