2010年05月11日

夕暮れ時の歩き方

最終バスを乗り過ごして〜


昔そんな歌があった… ような無かったような曖昧な夕暮れ時



この過酷な状況にお腹も鳴ってる



ぐぅ やら きゅぅ やら合唱して忙しい




僕は夕暮れ時の寂しさを歩いている


バスをのがしてしまった 仕事の帰り道






ふと

視線を感じて、坂の途中で立ち止まった



「誰さ!?」するどくターンしてみせる



「あッ」



白鳥?.jpg


公園だ

その先に 白鳥の群れ?



汚れを知らぬ少年のように無邪気に駆け寄ってみる



スキップ気味で接近  



白鳥は

近くで見るとリアルでたいへん怖い


くちばしが折れてて… とても写真はアップ出来ない


トラウマ必死 


どうしよう と隣を見たら


あッ



「誰さ!?」




「誰だろう?」



知らない人だった

白鳥の横の彼、彼女.jpg

全身黄色い



この公園の主かな



写真を撮ってたら、そばを夕暮れ時のおばはんが通り過ぎてゆく



「あなた、お酒の飲みすぎかしら、顔が黄色いわ。何かつらいことがあるのね、

だからお酒なんかに逃げて… 肝臓悪いの、黄疸?」


怪しまれるといけないので、黄色い彼と話しているふりをしてやり過ごした



余計危険ね



ああ もう帰ろう



「さようなら」



夕暮れ時は こうやって歩く




寂しさをまぎらわすために〜


昔そんな歌があった気がする
posted by yuzamurai at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。