2011年01月30日

ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

「君はいつもぼくを愛してる 君だけがぼくの味方だった時もあった」





東京の街へやってきた


職員旅行、

こういう場ではなにより大事なハズの団体行動から外れたぼくは

東京の街をふらりふらり


ひとりお茶の水へ


知っている場所、知っているはずの場所


P1270598.JPG

知っているはずのレコード屋さんは健在で営業中の札が揺れるのだけれど

内に店員さんの姿はなく

入口には鍵もかかり入店できなかった



そして、またひとり記憶を頼りに歩いて

P1270602.JPG


思い出の公園、ベンチに腰掛けてみた






それから新宿へ

10数年ぶりの友人達と感動の再会を果たし


日が沈む前から

新宿の公園で缶ビールをあおりはじめた



深い夜の居酒屋から

朝を迎えに友人宅へ


ウイスキーの川の流れるところで目が覚めて


午後は生きる屍




そして…


また夜だ


友人の新居へお邪魔


飲めない夜

あったかい布団

爽やかな朝、やさしい朝食


「ありがとう」と

みんなとお別れした最終日は国立駅

P1290610.JPG



多摩蘭坂はどこだかわからなかった




「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

坂を下って 坂を下って 国立に行こうか


ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

大学通りを 大学通りを 二人乗りしようよ」
 





最後は渋谷へ立ち寄り、明治通りを歩く


その先に

モッズパーカーをはおって、細いジーンズに白いスニーカーを履いた男の子がいた

右手にはディスクユニオンの袋が揺れている




あ… あれは 10数年前の オレだ





違った

そんなわけはないのだ




男の子の耳元でイヤホンが揺れる

どんな音楽が流れているのだろう


もしかしたら、趣味が合って友達になれるかもしれない


そう思ったところで、なんだかおかしくなった

十代の頃もそんなことを思ってたなと…  

気の合う友達をいつも探していたのだ





「君はいつもぼくを愛してる 君だけがぼくの味方だった時もあった」


10数年前、

おばあちゃんにもらった弁当箱みたいに大きなぼくのウォークマンは

毎日、毎日

そんな風に歌ってた

posted by yuzamurai at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

ロックンロール慰安旅行

旅に出ます




旅…


いや

これはただの旅行だ



人生で初、慰安と冠がつく旅行




ああ

巻き込まれて都へ






尋常じゃないくらいにはりきった私は、



旅行鞄に酒をがっつり忍ばせて




飲む.gif


明日


おのぼりさん 東京の街



posted by yuzamurai at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ロックで殺せ!

ある日出会いがしらに

風邪をひいてしまった

さいてーだ



つうわけで

その日はまだ37℃後半くらいの軽いジャブだったのだけれど


「熱い風呂に入れば治る。汗をばんばん出す。これ本当」言うて

huro2.jpg


ちんちんの熱い湯に浸かって前後左右に暴れていたら



マックス悪化







でも

やっぱり菌は

roll2.jpgで仕留めました

「ロックで殺せ!」ギターウルフ






えかった


えかった



おしまい


ラベル:ギターウルフ
posted by yuzamurai at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

幸福の音

33歳の僕は幸福な食卓に寝転がった



この部屋でただひとつの灯かりが目にまぶしい

人工的で退屈な蛍光灯は

部屋中の装飾にあらゆる角度から光を与え

どんなものにも影があるのだと教えてくれる




僕は寝転がったまま、

あるハズのない鍵盤をポンポンとたたく



「幸福な音

さぁ 幸福な食卓を」


ロニー.jpg



ロニーでささやかに



「How Come」Ronnie Lane and Slim Chance





この幸福の部屋には入口がひとつしかない

つまりそれは出口にもなりうるわけだ





34歳の君が帰宅した





posted by yuzamurai at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 酒(SAKE ROCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

Mississippi Fred McDowell

夜、夜中

fred.jpg

Mississippi Fred McDowellで酔っぱらう


TVでは日本を代表する人達がボールを蹴って

ヨルダンと闘っている



「ああああッ ヨルダンに先制されました!!!」



私はそれをバチっと中断して

最高のブルーズに転がった




Fred McDowellを知ったのは例にもれず

「You gotta move」でした




酔っ払いには

一音一音

その声が素敵すぎる


シラフでも変わらんか?



こういうのをぶりぶり流して雪の札幌を徘徊するのは

イカレタ私くらいかもしれないなと思う


時々私のipodが混線して、知らない人の音楽を受信するが

Fred McDowellには出会ったことがない

最近、結婚されめでたい浜崎あゆみ氏やAKB氏とかはよく出会うけれど




うむ


寂しいことだ




posted by yuzamurai at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーズを踏み鳴らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドカドカうるさい雪が降る

「雪、少ないねぇ」なんてのんきなこと言ってたら



次から次へと雪が降って来て

街を真っ白けっけにしてしまった



昨日の仕事帰りにがっつり雪かきしていたけれど

また振り出し



でもめげず秀岳荘へ出かける



<雪とおっさんその@>

しゅうがくそうへの道1.jpg



「発見です」


たくさんの赤い車



たくさんの雪


年末年始は誰よりも働いたであろう彼らも

雪に埋もれて


一休み



<雪と赤い車>

しゅうがくそうへの道.jpg


直立不動で吹雪かれるおっさん


雪は真横に吹く


<雪とおっさんA>

しゅうがくそうへの道2.jpg



アウトドア道具好きの聖地


札幌は秀岳荘へ到着


しゅうがくそう.jpg


2010年末のこと、秀岳荘さんから


”2011年のカタログプレゼントします”とお便りを頂いていた私


目的通り、カタログ2種を手に入れた(コールマン → スノーピーク)


カタログ.jpg
(スノーピークのカタログには拍手を送りたい。素晴らしい出来栄えです)



なわけで

今年もまた

我が家のアウトドアライフに想いを寄せる



「まず… ワカサギ釣りだな」




窓の外


ドカドカうるさい雪が降る



ラベル:秀岳荘
posted by yuzamurai at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

吾輩の故郷は宿毛市である

高知県は宿毛市という田舎町で生まれて育って

不思議と今は北海道にいます


そんな吾輩が発見したのはパナソニックのCM


この物語の主人公じゅんの故郷は宿毛市のようです(柏島かな)



鳥を助けるとか… どうとか…

物語の内容はかなりどうでもいいですが

(その行動は良いことなのかもしれんですけど、個人的にはどうでもいい)



「ちらちら映る、宿毛シティ…」



そこにつきるな 



「盛り上がって来たー」



よーし

働いて働いて 金ためて 

労働コーリング.jpg


夫婦ともども今年は帰ります


ラベル:宿毛市
posted by yuzamurai at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

清志郎の赤い原付が再び

「うさぎ年ベイベー」

うさぎ.jpg



いやぁ

なんだろう

もう完全にツボなのです

「赤い原付」の話が好きすぎて、好きすぎて…


前もブログに書いたけど、また違う映像を見っけた

ひとりでがぜん盛り上がってます



なわけで…

盛り上がりをおすそ分け


「赤い原付」忌野清志郎




最高だなー


願わくば、このおまわりさんの話を聞きたい


今は何してんだろう?


きっとまだおまわりさんしてるでしょうけど



その時の話を少しだけでも聞いてみたいのです


どうにかならんのかな?




まぁ 個人的ですごく勝手すぎる思いではあります
ラベル:赤い原付
posted by yuzamurai at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

やっぱり宝くじは買わなかった

みんなが

「宝くじを買った」と話してる

「いくら買ったの?」

「どこで買ったの?」



僕は買わなかった


やっぱり買わなかった




僕の気持ちはあの頃と変わっていないから

宝くじは買わなかったよ





今しがた そうパソコンで打ち込んだ





そのそばで

愛してくれる人は寝込んでいる


寝込む寸前、こう言った


「いつもやったら、ちょっとやそっとのことでお酒が飲めん

ゆうことはないけんど、今日はこれ以上飲めん。ダメや」


自身の健康をはかる基準が酒ってのがすごい


僕は猛烈に感動した


人間は時に色々なものをこじらせてしまうが、

今夜の君は酒が十分に飲めないほど風邪をこじらせた



感動と心配

時は2011年1月5日


ぐーすかと死んだように眠る君にこう宣言する


僕は

童貞をこじらせてたあの頃と同じようにやっぱり宝くじは買わないし

風邪だかノロだか知らんが菌なんてもんはやっぱりroll2.jpgで殺せると信じている



世界は愛であふれているんだ



だから今夜もROLL1.jpgを忘れずに




グッナイベイビー




北海道は旭川の牧場にて、清志郎&チャボの 「宝くじは買わない」


posted by yuzamurai at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

労働CALLING

労働がオレを呼んでいる

働くぜ

昼も夜も…



そしたら


「あんた… 毎日ここにいるな」と職場のじいさんに言われた

労働コーリング.jpg



「うむ じゃあ 今日は帰ります」



…なわけで家に帰ったら、いぶし銀の緑茶とかわいいウイスキーがあったから


それを幸せな割合で混ぜ合わせて飲んでいる


”緑茶&ウイスキー”


珍しい組み合わせだ でもオレは気にしない



どうせ また仕事だ




エルビス!.jpg





ロンドンコーリング.jpg





労働コーリング.jpg





ロックンロールは




すてき
ラベル:怒髪天
posted by yuzamurai at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

元旦も働く男のバラード

「あけまして…

おめでとうございます」


そんな寝ぼけた朝は日の出前

時計は5時35分を差す


「ああ 今日も仕事だぜ」


私は急いで身支度をすませ

6時を前に家を出た


外はまだ夜の薫り


街灯が照らす雪の道路を長靴が

ざくざくと力強い音をたてて進む




ただアレだな


とにかく… アレさ



「SA、SABUIIII!!!!!!!!!」(さぶい)


オーティス.jpg
(オーティス並みのシャウト)



マフラーのすきまから入り込んでくる夜明け前の冷たい空気は

ツーンと鼻の奥、

いや… 頭の奥の奥まで届いた


北海道の空気は南国育ちの私から言わせると


「度を超えている」


冷たすぎるそいつがお酒にぼやけた頭や身を嫌でもしゃきっとさせた



「うぎぎー もうこの際だから、元旦からダイヤモンドダストでも起こしてほしい」







当然、誰からの返答もない


ぶうううううーんと大きなトラックがむなしく目の前を通り過ぎる



また

ざくざくと雪の中を進んだ




結局、何が書きたいのか?

それは

私は年末も年始も休まず働いていると…

そんな毎度の話ですね



「ことしも素敵な1年になりますように」


鼻からちょうちん店主 2011年元旦 通勤の道すがらみんなへ愛をこめて


posted by yuzamurai at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。