2011年01月30日

ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

「君はいつもぼくを愛してる 君だけがぼくの味方だった時もあった」





東京の街へやってきた


職員旅行、

こういう場ではなにより大事なハズの団体行動から外れたぼくは

東京の街をふらりふらり


ひとりお茶の水へ


知っている場所、知っているはずの場所


P1270598.JPG

知っているはずのレコード屋さんは健在で営業中の札が揺れるのだけれど

内に店員さんの姿はなく

入口には鍵もかかり入店できなかった



そして、またひとり記憶を頼りに歩いて

P1270602.JPG


思い出の公園、ベンチに腰掛けてみた






それから新宿へ

10数年ぶりの友人達と感動の再会を果たし


日が沈む前から

新宿の公園で缶ビールをあおりはじめた



深い夜の居酒屋から

朝を迎えに友人宅へ


ウイスキーの川の流れるところで目が覚めて


午後は生きる屍




そして…


また夜だ


友人の新居へお邪魔


飲めない夜

あったかい布団

爽やかな朝、やさしい朝食


「ありがとう」と

みんなとお別れした最終日は国立駅

P1290610.JPG



多摩蘭坂はどこだかわからなかった




「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

坂を下って 坂を下って 国立に行こうか


ぼくの自転車のうしろに乗りなよ 

大学通りを 大学通りを 二人乗りしようよ」
 





最後は渋谷へ立ち寄り、明治通りを歩く


その先に

モッズパーカーをはおって、細いジーンズに白いスニーカーを履いた男の子がいた

右手にはディスクユニオンの袋が揺れている




あ… あれは 10数年前の オレだ





違った

そんなわけはないのだ




男の子の耳元でイヤホンが揺れる

どんな音楽が流れているのだろう


もしかしたら、趣味が合って友達になれるかもしれない


そう思ったところで、なんだかおかしくなった

十代の頃もそんなことを思ってたなと…  

気の合う友達をいつも探していたのだ





「君はいつもぼくを愛してる 君だけがぼくの味方だった時もあった」


10数年前、

おばあちゃんにもらった弁当箱みたいに大きなぼくのウォークマンは

毎日、毎日

そんな風に歌ってた

posted by yuzamurai at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。