2011年02月28日

オレも天才的アクションに生きようと思った

いままでいろいろと漫画は買ったけれど

引越しに引っ越しを重ねた末、手元に残っているのは

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」1巻〜100巻(途中断念)

「つげ義春 全集」(実に値がはった)

「アイデンティティ 他」(ロックなみうらじゅん著)

「パーマネント野ばら」(北海道に来て買った まじで名作)

「いけちゃんとぼく」(北海道に来て買った、またもや名作)

位しかなかった


「こち亀」は小学校時分からのファンなのでどうせなら墓場まで

「つげ全集」は好きだから

「アンデンティティ」オレはロックだから

という理由残ったのだろうと今思う


そういえば…

大事なルパンの漫画全巻貸したままだ

ルパン1.jpg

ルパン三世 1st 「AFRO "LUPIN '68"」





ギターウルフ セイジのナンバーワンTV から

ネオンBAR 宇宙クラゲ

怒髪天をゲストに迎えてのロックンロールジェットスクール「ルパン三世」編



「オレはラムちゃんが理想」


しかし

だんだんと物が減っていくな



ラベル:ルパン三世
posted by yuzamurai at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

THE TEDSを買った

「THE TEDS」という本を買った

teds.jpg
(表紙の2人がもう、最高です)


純粋なジャパニーズであるわたしは日本語以外読めないから

外国文字を完全無視して

写真を凝視する




「本物…」


teds1.jpg



嗚呼

あとは 無秩序に爆発できるいかれた音が欲しい
*アルコールはすでにIN




だから

ボ・ディドリー


Bo Diddley LIVE 1973 - "Hey, Bo Diddley"




「ロックンロールの神だな」



ロックンロールとテッズ


原始のリズム、狂ったステップ




posted by yuzamurai at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

セックス・ピストルズのTV初出演映像

セックス・ピストルズ.jpg


むずかしいこと抜きで


やっぱり衝撃


TV初出演「アナーキー・イン・ザ・U.K (マンチェスター グラナダTV)」




現代

バターのCMでのJohnny Rotten




昔、

ビール片手にロットンが言ってました


「世の全てのアル中に乾杯」

ビール.jpg


それにならって


今夜、乾杯します






2011年02月24日

ロックンローラーの日常

たくさんの毎日を積み重ねていくうちに

1年、2年と時はたち 


気がつけば


ロックンロールと一緒に

僕の優しさもだんだんと歳をとった 


neko4.jpg

さて、2月24日の午前様にうんこ



それから…

ふらりと室内を徘徊、昨日よごした食器をけなげに洗う




”ティッシュ、ビール、ごま、ねぎ、ジョンレノン”


そう乱雑にかかれたメモ用紙





「ここ大事だから、おぼえておくように… 

はい メモして」

先生が大きな声で言った


ロックンローラーは

日々に埋もれてしまう大事なことをせっせとメモ用紙に書き足す


面倒くさいが、そうしないと日々がちゃんと繋がっていかないのだ






嗚呼 

なんだか


また 

うんこになった

neko3.jpg





posted by yuzamurai at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

アナーキーな料理長、ブリをさばく

ある日のこと


「料理長、クールな宅急便でーす」言うて巨大な箱が送られてきた


義理の兄からだ


料理長である私は、汚れを知らぬ子供のように無邪気にそれを…


開ける


ブリ4.jpg


「裏山で発見された… 不発弾…」






ブリ3.jpg

いや

眼光鋭い寒ブリだった その脇にクエもいる

「こっ、こいつの目は、 あの日の… 

ジョニー・ロットンと同じだ」

ロットン.jpg



「しかし


でかいな」 




<アナーキーな料理教室>

sexp.jpg
(BGMは勝手にしやがれ)



アナーキーな料理長は実際のところ小鰯位しかさばいたことがない



ブリ1.jpg
(でかくて調理スペースからもブログからもはみ出る)


「やり方知らんけど やってみよう」



アナーキーな作法でズバズバ包丁を入れていく


ブリ5.jpg

包丁は先日、自身で研いだばかり

だから切れ味は抜群



「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」と叫んでとどめ



「嫁よ でけたぞ」



ブリ7.jpg

でけたけど、 かなり…



武骨

ブリ6.jpg


寒ブリ最高



「兄さん ありがとう 」



posted by yuzamurai at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

甲本ヒロトと水道橋博士のラジオ


甲本ヒロトさん.jpg
甲本ヒロト氏と

水道橋博士さん.jpg
水道橋博士氏


ふたりは岡山大学教育学部附属中学校の同級生



ラジオでの対談、感動しました


同級生対談@




同級生対談A




同級生対談B




同級生対談C




同級生対談D




UP主に感謝です

posted by yuzamurai at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲本ヒロトと真島昌利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

空を泳ぐ

よく空を飛ぶ夢を見る


それもウルトラマンやスーパーマンみたいにかっこよく きーん と飛んでいる

スーパーマン.jpg

のではなく



ちゃんと漕いでる

両手両足を使って

空を漕いでる


それは”泳いでいる”感覚だ


きっと、幼い時分に嫌々スイミングスクールに通った呪縛であろう


そして僕はいつも空から街を俯瞰する







今日も東京のどこかの空を泳いでた


すると真っ白な野球のボールがびゅーんとこちらへ飛んできたので

勢いよくはたき落してやった


そしたら


「ありがとう」と声がする

小学校高学年くらいだろうか? 背の高い女の子がこっちを見上げている


「こんな込み合った東京の住宅街で野球すんのも大変だろう」と僕が言うと


「外野は特に大変」そう言って彼女は汗をぬぐった


ボールが飛んできた先にホームベースとバッターが見える

彼女はどうやらセンターを任されているようだ

住宅が両脇にびっしりと立ち並んだまっすぐの道、その突き当りに

ホームベースがあり、ピッチャーマウンド、セカンドベース、そして彼女の守るセンター

が等間隔にあった


ただ…

ファーストとサード、いやライトもレフトも両側に立ち並ぶ住宅に隠れて見えない…

野球をする上で問題はないのだろうか? 

いや待てよ、そもそもがホーム、ピッチャー、セカンド、センターのみで成り立っ

たスペースのない都会ならではのベースボールなのかもしれない


「空き地がないからかい?東京の街でやるのは大変だ」

そう言った矢先、


キャッチャーの男がファーストに指示を出した

建物で見えないがファーストは存在するようだ


「頑張って、じゃあ」 


彼女はそれには答えず、じっとホームベースの方を見ていた



僕はさっきと同じように空を泳いで

その場を去った






すると今度はライトを守っている少女に会った

まだ、幼稚園児、いや小学1年生くらいか

懸命にボールを追っては投げ返している


「あのおじさん容赦なく打つから大変」と彼女は僕に言った


その視線の先にはバッターボックスに立つ50代くらいの白髪混じりのおじさんが見えた

ホームベース、ファーストベース、彼女の守るライトが真っ直ぐな道で繋がっている…


その他は先ほどと同じく住宅に遮られて見えない

センターの女の子も見えなかった



すると

「あなたは何?王子様?なんで空を飛ぶの?」と彼女が訊く


返答に困った


「お姫様でも探すの?」


その言葉にのっかって


「そうだよ」と答えた


「私は?お姫様じゃない?」


「10年いや20年は早いな。子供だ」そう僕が言うと


「なんだー」と言って野球とは全然関係のない方向へ走っていってしまった


僕はひとり、ライトのポジションに取り残された



まだ、野球は続いている





僕はその場をそっと離れた

目的も目的地もなく空を泳いで


「王子様とは笑える。しかし、王子の姫探しなんて気楽なもんだ。

ただのガールハントではないか」




そこで

ハッと目が覚めた


かなりの寝汗



ここんとこずっと体調が悪く、また熱を出している


だからだろう

おかしな夢をみた





posted by yuzamurai at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | せつない思い出のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ギターウルフ セイジのナンバーワンTV

セイジ氏が取り仕切るロックンロールTV


この番組、


面白いです


「ネオンBAR 宇宙クラゲ」 

今回のゲストは内海利勝氏(元キャロル)

キャロル!.jpg

音くらう前に、このたたずまいですでに痺れますね



オレは高校3年生の時に偶然観た「リブ・ヤング!」の映像(懐かしのなんとかみたいな番組)

でぶっ飛びました

母親に

「すごいぞ… キャロルは!」とかなり興奮して伝えたこと日のことが昨日のよう…



CAROL(キャロル)


矢沢永吉(ベース、ボーカル)

ジョニー大倉(サイドギター、ボーカル)

内海利勝(リードギター、ボーカル)

ユウ岡崎(ドラム)



その@



キャロル、貴重なお話

そのA




キャロルラストライブ、あの炎上…

そのB




ギター教室


キャロル最高です


親戚筋のおじさんがミッキー・カーティスの付き人をやってたので

「キャロルは身近だったよ」と話してました

その話に異常に興奮したオレは、キャロル活動期1972〜1975年のことを

色々聞いたとを思い出します(矢沢氏の苦労話など)



ああ 思い出すだけで目頭にくるわ


ロックンロール



2011年02月08日

夕焼けあの娘

ロング ロング タイムス

話したいことはあったけど



「なんだったっけ」



真っ赤な夕焼け


沈まない夕日はいつまでも美しい


かって知ったるこの土手の 長く 曲がりくねった道


君は真っ赤 僕も真っ赤


きっと それが 照れくさい



yuuhi.jpg


変わらないものなど ほんとは どこにもないが



夕焼けは毎日


ただただ赤い



「夕焼けあの娘」THE MIDNIGHTS

ラベル:THE MIDNIGHTS

2011年02月06日

肝沢幅一(きもさわ・ふくいち)

RCサクセション、ハード・フォーク期の曲のクレジットで見られる作曲者の

きもさわ氏.jpg

肝沢幅一(きもさわ・ふくいち)氏


その…

よくわからん名前がいいな 発語した後のおかしな感じ… なんだろ…


浅いのか? 深いのか?



実際のところは清志郎が使ってたペンネームなんだけど
(写真も沖縄の知事だかの偉い人の写真らしい)




しかし、相変わらずネーミングセンスは意味不明で抜けてる


第一、自分らの名前が

忌野清志郎に破廉ケンチに林小和生だもんね



で、 きもさわ・ふくいちについては

清志郎が言ってた


”家の父親がTVに映った沢田研二観て、

「あっ きもさわ・ふくいち じゃねーか」と言ったんだ

で、オレは

「誰だそれ 沢田研二じゃねーか」って”



そいつをペンネームに頂いたそうです



うーむ

本当ですかね?

まぁこの際 本当でも嘘でもいいんですけど


では

破廉ケンチ氏、最高の唄声


「忙しすぎたから」(”楽しい夕に”収録) 作詞 林小和生 作曲 肝沢幅一




いつかのこと酒飲みながらこの歌聴いてたら


「なんだコレ… だめだわ この歌…」って泣いてる奴がいた




きもさわ・ふくいちはいい曲を書く



posted by yuzamurai at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

中央線に乗っかって

「いい事ばかりはありゃしない」



がたごと と夕刻の電車に揺られながらそう思った

新宿から数駅過ぎたあたりでもう立ってられないなと思い、

ひとつ席が空いたのを見て座った


情けないことに原因は二日酔い、それに風邪も足されていたようだ

とても気分が悪い




電車に揺られる度、それは悪い方悪い方へとへ流れていく




目の前に友人が立って声をかけてくれるのだが、あまりに余裕がなく

わたしはうなだれるばかり




このままいけば本当に吉祥寺あたりでゲロ吐くのではないかと思った


清志郎1.jpg

「いい事ばかりはありゃしない」作詞・作曲 忌野清志郎


新宿駅のベンチでウトウト  

吉祥寺あたりで ゲロ吐いて

すっかり 酔いも 醒めちまった 

涙ぐんでも はじまらねえ

金が欲しくて働いて 眠るだけ



最終電車で 国立についた  

背中まるめて 帰り道

何も変わっちゃいない事に 気がついて 

坂の途中で 立ち止まる

金が欲しくて働いて 眠るだけ



「名曲だ」そう口に出そうとしたがその一言すら面倒になってやめた




中央線は走る  二日酔いの僕を乗せて




「いい事ばかりはありゃしない」 仲井戸麗市




posted by yuzamurai at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。