2011年06月25日

野ばらが咲いていました

カムイ岬を望む積丹の浜辺へキャンプにやってきた



「ああ やった 大きな海だ」



むじゃきに泳ぐ


しゃこたん.jpg


まだまだ冷たい海は僕を震え上がらせたが、

海から上がって浴びたシャワーはそれ以上に冷たくて

がたがたと歯を鳴らした



むらさき色したくちびるの僕が

強い風でばたばたとなびくテントに身を寄せる

そこから…

水平線へ沈んでゆく夕陽が見えた



「橙色がうつくしいな…」



ってこともなかった

この日の主役は海でも夕陽でもなく風だったのだから




僕は風に巻かれて酒を飲む 揺られてビール

ウイスキーでごろごろ

そんで

酔っぱらって眠る









”そこには夕日が沈んだ海があった


毎日つく小さな嘘が沈んだ海


星が出て 月がのぼった”



野ばら1.jpg






深夜1時の騒音で目が覚めた


っばっばばばばっばばば 


もの凄い風


面倒な現実


テントが半分潰れてる

完全に寝ぼけた頭だが、ぼーっとしてはいられない状況なので

ハンマーを片手に強風吹き荒れる戦場へ…

風に対抗すべくロープでテンションを加え、ペグをしっかり打ちなおした

あとはメインポールが耐えられるかどうか…

テント内から手で押さえたり足で蹴飛ばしたり援護していたけど、

そんなこっちゃ眠れないので諦めた


とにかく寝る


はるばる来た積丹、意地でも撤収は避ける




明るくなった朝5時、

テントにつぶされ目が覚めた


もう限界だった


風は止むどころかひどくなる一方

撤収だ 海を楽しむどころでない 



テントも裂けてる










「今日はこれでさようなら」









札幌に着いたのは朝7時30分

憂鬱な信号待ち

出勤、通学する人達






海… 風… 昨日の夕焼けベイビー



”あんな顔するだなんてベイビー 何にもいえねえよ”



カーステレオが歌う



僕を追い越して あの娘つれてどこかへ 


野ばら.jpg


ああ


この気持ちは

なんの花にたとえられましょうか







野ばらが咲いてた 




やつれた僕のそばでふわふわと風に揺れてる
posted by yuzamurai at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

かっぱ大王

楽しいことがあれば

悲しいこともある人生の道すがら

大王に会った

大王.jpg


オレは

”楽しい日は楽しく飲めますけど

悲しいことが合った日も

やっぱり楽しくお酒が飲めますように

死ぬまで楽しく飲めますように”

とお願いしてみた


そしたら大王が

”楽しいとか悲しいとか

そいつを決めるのは大王でも他の誰でもなく

お前さん自身なんだよ”

と顔に似合わずやさしくやさしく言った



”そうか それも そうだなぁ”と思って



お礼をして帰った

posted by yuzamurai at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

ゆーわけでせっかくだし悪いけど

月の光がやさしい


月夜とはこんなにあかるいものか

そう 思って夜空を見上げた


つき.jpg


左側が少し欠けた月が浮かんでいる

携帯のカメラで撮ってみるが… なんだかよくわからない写真になった


周りは砂の海、波の音はするが実際の海が見えない


僕らは音のする方へ歩いた
   

小高くなった砂丘

そこを登ったらやっと海が見えた



丘の上に小首を傾げた実に頼りない小さな看板がひとつ


”丘”という字は読めるが… あとは


潮で腐食していてなんて書いてあるのか読めなかった



わからない



本当のところ

自分がいる場所がどこだかわかっていなかった




月の光に照らされた丘から


うつくしいもの と よごれたもの


それ いったい どうするのですか?





まだ夜は長く

明けることはない



posted by yuzamurai at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

夜、夜中

厭世感にかられた時

酒はいつでも救いの手を差し伸べる




ちょいやばい妄想ととてもすてきな空想




ありきたりの快楽に溺れよ




「酒は 夜 やさしい」




ROLL1.jpg
posted by yuzamurai at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒(SAKE ROCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

サマー記念日

「あっちか?」 



あっちはすぐこっちになる


海への道はむずかしい



迷った



”ヘタクソなスケッチは陽炎にアスファルト

やさしい笑顔だったな”



海へやってきた

砂浜へころがった

夜と1.jpg


隣で見知らぬオッサンがでっかい亀とたわむれてる

愛のかたちは人それぞれ



今日は記念日だ

ただの記念日


夏の1日 


海と.jpg



「母さん アーリー サマー この有り様ですよ」



”この天気ならいいだろう なにかもそろってる


なにを待ってるんだ いただきます”
ラベル:The ピーズ
posted by yuzamurai at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

脳みそと海の関係

「こころとからだはつながってるらしい」


なるほど


じゃあ あれだ 今日は海へいこう


いしかりの海


天気も良いし、きっと気持ちがいいよ




見えないもんまで考えることはない



そこに海があるのだ




「こころとからだはつながってるらしい」



コンダラ.jpg
posted by yuzamurai at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

アナーキー料理長 〜史上最大の戦い〜

料理長に1本の電話が入った

義兄からだ


「料理長、鯛を送る」


その短い会話の中に少し危険なにおい(Sっけの強い義兄のおちゃめないたずら)

を感じないでもないわたしだったが、


「ありがたき幸せ 見事さばいてみせます」とお返事した




翌翌日


「料理長、クールな荷物です」


いつも親切な宅急便屋さん、彼は何も知らずの澄んだ瞳で


「デカイですねぇ 重いですねぇ 気をつけて下さい」と言う



「君に会えるのはもしかしたらこれで最後かもしれないな

わたしはこれから… いや… その先はよそう… いつもありがとう」



とにかく来た


鯛5.jpg


開ける前からこの威圧感…


前回のブリとはまた違うオーラが出ている 



「よし、開けよう…」



鯛6.jpg


「鯛だ」


箱におさまりきらない程のサイズ… でかすぎるため尻尾が折れてる


わたしはそいつを

ぐぐぐっと持ち上げまな板(戦場)へ叩きつけた


料理長最初の一撃


やつは無言だ



「しかし…

こいつはずげーなー 7キロって… これほんとに鯛か?」

鯛3.jpg


まな板は全く用を足していない(半分しかのっかってない)


包丁(武器)を取り出す


「おかーさーん 出刃(でば)はないのか? 家には…」


誰の返事も無かった

そう、嫁は仕事に行っていないのだ


料理長は頼りないごく普通の包丁を片手にひるんだ


「どこから、攻めればよい?」


鯛4.jpg


ザクっとエラにぶち刺してみた


”カキン”ちゅう音を出してはじき飛ばされる


「本格的にまずいなぁ」


バルサに立ち向かうコンサドーレ札幌みたいな感じ

たとえが貧相


「ああ とにかくやるしかねぇ」


ザクザクとめげずに包丁を刺していく

ほんとに切れない

どれくらいかかったろう…


やっと

3枚に…


「まじで… めちゃくちゃだ…」わたしに笑顔はなかった


鯛2.jpg


調理場は血の海、うろこや身が飛び散って… 大惨事…





「確実に嫁に消される… 殺される」





殺されるけど…

どうしようもない、やつが規格外なのだ


料理長は限界を感じていた 


「おかーさん だって、うろこ見てみ… このサイズ…


西川きよし師匠のコンタクトレンズぐらいあるよー



ダメだ 今日のわたしはダメだ 表現力に乏しい…」


誰かと話をしたかった

でも誰もいない


孤独な戦いに疲労しきっていた



完全に無表情



その後も

「ぐわわわわわわわわわわわわわわわわわわわー」

ちゅうて何度も鯛の反撃(鋭いひれに刺される)を受けながらも

なんとか…


これ

鯛1.jpg
(ほんの一部である)


笑える


でもこれがほんとの限界


なんだかんだ2時間近く一人闘っていた


手と包丁、そして心はもうぼろぼろだった






血まみれで魚臭い料理長は星を見上げた


「神様(嫁)出刃包丁を下さい

硬くて強い奴

誰にも負けない出刃を…」



料理長は自分の力不足を大きく反省し


明日へのリベンジをお星様に誓った




「翌日出勤したら

なんか魚くさいと言われましたよ義兄さん

風呂入ったのに…

まじで強敵でした 完敗です」




おしまい
ラベル:巨大な鯛
posted by yuzamurai at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

我に返ったらおしまいだ


夜中に鬱.jpg



こんなの…



我に返ったらおしまいだ
posted by yuzamurai at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

ハミングバード

ああああああああああああああああああ



ギター欲しい



神様(嫁)ハミングバードが欲しいです



神様.jpg









なにをオレはつべこべ


望みは底なし



それより 金でもためて


ショーウィンドーのギブソン手に入れ 


あの娘にブルースをきかせよう







働け
ラベル:ギブソン
posted by yuzamurai at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。