2012年12月11日

旭川という街へやってきましたA

旭川食堂.jpg

旭川食堂が見えます

ここが旭川の道の駅

雪の量は札幌より多く、寒さも厳しいようです





そうそう

さっき、ぶおーーーん オレと日産チェリーがすれ違いましたね

オレは見逃しません



「あんた、すてきやん…」



話は脱線しますが、

真冬の道をひた走る旧車を見かけると

気持ちが高揚し、目もきらきらして少年になってしまいます


「この過酷な環境下で、乗りまわすなんてしびれる」と


プリンス.png
(写真は雪国を走ってはいませんが、所さんのやりきったプリンススカイライン、
かっこよすぎ)


「乗りたい?そういうがは高知でやってくれる?北海道はわけが違うで。

それにお金は?あと普段の足として計算できる?無理やろ?はい。ダメ」


と家族は反対します (至極もっともなお話です)



さぁ ここは旭川…

車外へ出ると

きーんとしたつめたい空気、びゅーっと風も吹きつけます

襟を立てて、建物の中へ…



そうだ

昔は襟を立てるのは、かっこつける以外にはありえないと思ってたのですが、

北海道で生活してみてわかりました

首元からの外気を遮ると驚くほどに暖かいのです


ちなみに襟を立てると尖ったそれが、相当ワルイ角度になって

無精した前髪が視界を遮断するかしないかの時と同様の効果をもたらし…

 
“あしたのジョー”な気分になれます


ジョー.png




ブルービートなバーを探すのに、ホットペッパーなんか読んでみようかしらん…

インターネットは出来るの?


道の駅内はおおさわぎ、たくさんの人

子供が足元を駆け抜け、観光客が狂ったようにみやげを買いあさる

これは祭りだ

道内の名産品が大集合


旭川道の駅.jpg


すてきなものがたくさん売られてます


旭川の地酒にラーメン

富良野は唯我独尊のカレー

木彫りの熊


ただ

飲んだくれる気まんまんのこの時点では、購買欲がわかないので


ジョー1.jpg



結局、襟を立てて去ります  



「さばら」 




旭川の街へやってきました


あいかわらずわけのわからないことをやってます




つづく








posted by yuzamurai at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。