2013年01月31日

1月のせぷてんばぁ

最新型のナビゲーター



iphoneを手にしてから1ヶ月


急にいまどきの人になって、舞い上がっている こともないか


背筋をただし、焦ることなく、1月が終わります





「やっぱり、えーこともないが」と日々は、照れくさい





ぼくは窓の外に雪がふるのをみて


それから

しっぽの丸い子犬のことを歌った


UKURERE.jpg


青い水と白い砂と緑の路と真っ赤なお日様がある、

あの空の下へ行きたいと 思っていた子犬の歌



”ある日 子犬は早起きをして 荷物をまとめて首にかけ

生まれたまちにサヨナラをして 歩きはじめました


でもそんなところを 子犬はちっともみませんでした

ただただ 目のまえにビルがあるだけでした”




チューニングの甘いウクレレで歌ったぼくらの日々は、

いつも夢にあふれていたようだ




忘れていたのは、せぷてんばぁだった




“夏がとおりすぎ

茅ヶ崎の海は人もまばら 寂しさをおぼえます


とりたての免許証 小さな車は海へ

波の音をききながら


「もしや、あれがえぼし岩ではないかー」とうそばかり


ほんとうは

月明かりにぼんやりうかんだのではなかったか


そうだ あの時”




前置きが 長いな  


1月のせぷてんばぁ



『しっぽの丸い小犬』TULIP 




posted by yuzamurai at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | せつない思い出のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

大根おろしイズム

男の子はプロレスが好き

オレもそうです

昔はゴールデンタイムのプロレスで一喜一憂し、プロレススーパースター列伝も読みましたよ


馬場さん.jpg
(プロレススーパースター列伝より、馬場氏...
1980年初頭、馬場氏、猪木氏はすでにレジェンドだった)


その影響でオレ、大人になったらコンクリートくらい かち割れるかとおもった はぁはぁ




そう

レジェンド、アントニオ猪木氏は言います

アントニオ猪木氏.jpg
(アントニオ猪木 名言)


「人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います」



わかりました


土佐男児35、大根への挑戦です

おろし1.JPG


手に入れた最新型のセラミックおろし器


やってやりますよ!



ただ、貧乏な我が家には、こんだけしか大根はありません

おろし3.JPG



おろしはじめて30年(はじめてのプロレスは5歳の世界最強タッグ決定リーグ戦、たぶん)



はたして大丈夫でしょうか?緊張します



アントニオ猪木氏は言います

いのき氏.jpg
(アントニオ猪木 名言)

「『迷わずいけよ』と言っても、俺にも迷う時もある」





「すりんっしゃーーーいい」





おろし2.JPG




「ぐわーーーーーーーーーーーーー」




きめ細かく、かんぺきどす


おろし4.JPG





アントニオ猪木氏は言います

いのき氏1.jpg
(アントニオ猪木 名言)


「『世の中で自分が必要とされたい』って思ったら、まず笑え。」




「がはは」




おろし.JPG


新しい大根おろしを手にいれました





「がはは」





今日も笑ってます



ただ、コンクリートは かち割れませんね



posted by yuzamurai at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

我が家はいじょうにさむい

「きんきんにさむい」


なんだか こごえじにそう

しなないけど


とりあえず、テレビ観てきゃっきゃっとわらってみる


カツオ.jpg



「あしたは-11度やって」




posted by yuzamurai at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

Oldjoe

「バンダナ買った」

バンダナ2.JPG

1900's頃のバンダナのファブリックを再現したオールドジョーオリジナルファブリックによるバンダナ

クラシカルかつ、品のある独自の素材感とアートワークが際立つ他には無い

オールドジョーらしいバンダナ/ポケットチーフ



若い頃なら買わなかったデザインだと思う



ここ数年は1900年頃から1940年頃までのクラシカルな物がとても気になるのだった


Oldjoeのバンダナは安く買えたので、即決


だが、送料と代引き手数料の関係で何かいっしょに(1.000円位の物)

注文した方が得なのでリップ(それしかなかった)も買った


リップなんて100円ので十分なのだが、送料・代引き手数料を無料にする為に金額調整


これはretaW × Fragment Design の物

バンダナ.JPG

良く知らない

フラグメントといえば、藤原ヒロシ氏くらいしかわからないが

シンプルながらすてきなデザインではある


そして、いー香りがする 


「がはは」


今日はいい天気、オレは能天気



いろいろある毎日は、良くもわるくも・・・

いやでもすすんでいきます
posted by yuzamurai at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの相棒や素敵な道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

たとえば、また、ねこ

犬とキャンプしてる人は良くみかけるが、

ねことキャンプしてる人はみたことないな


その先駆けになろうかしら



そうそう

ある日、ねこがいた

名はラッキー、日本でいう幸運


とてもいいやつだったから


ねこのこと1.JPG


連れ去ろうかと思ったさ


ねこのこと.JPG


あやうく ねこさらい


でもさ

あーして こーして

よーし、よしよし したいぜ

ねことディラン.jpg
(ディランもねこ)



たとえば、ねことキャンプをします

「もう、オレ達はさびしくないぞー 

さー ラッキーもはしゃごうぜ」と野に放ちます

… まてよ

そのまま逃げ出すかもしれんな 

「あー 幸せが逃げていくー」みたいな


かなしくなってきた



いけん



「さ、飲もう」
posted by yuzamurai at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

たとえば、ねこ

「ねこ飼いたい」


いっしょにおどれるねこ

タマ.jpg


「ねこー」



たとえば、ギターでねこのことうたいました

「ねこー ねこー 

ぼくのねこー たいせつなねこー」



たとえば、ねこに本を読んできかせました

「ねこは、白いねこの となりで、しずかに うごかなくなりました。

ねこは もう、けっして 生きかえりませんでした」


かなしくなってきた




だーれも、相手にしてくれん




「さ、寝よ」

posted by yuzamurai at 16:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

アナーキーな料理長はステーキと踊ってみせる


「北海道に踊ろうマチルダがきますよ」


おどろうまちるだ.jpg


さて、ステーキを焼きます


あ、まず にんにくとしめじを愛用のスキレットに投入

にくまえ.JPG


焼けたらよけて…



塩をふった肉をぼでんとおく

にく.JPG


両面いったらやね


かっこよくワインやね



「誰か見てちょ」



にく1.JPG 


「かっこいいしょ、ちょ、ぐわーーーーーーーーーーーーーーーーー」


にく3.JPG


「ぶほぶほぶほ」


にく2.JPG


「ごほごほごほ」




「はい。予約完了」



2月、踊ろうマチルダいきます


posted by yuzamurai at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 踊ろうマチルダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

のび太先生の帝国

雪がしんしんとふりつもる冬、部屋中のあらゆる家具や物が凍える冬


そんな中、

自らが長い長い時間をかけて築き上げた暖かい布団帝国は、

現時点(帝国在住)で考えうる最高の場所

のび太先生.jpg


のび太先生もそう言っておられますし…


わっちは帝国外と帝国内の状況を天秤にかけ、

出るべきか、とどまるべきかを考えている間にまた眠りについてしまう良(悪?)循環で

眠り続けた



いろいろな夢を見たけど、全部中途半端でどれも完結せず

夢ですら自分の思い通りにはならないのだと痛感し、また次の夢の中へ



・・・



スリープハイ(そんな言葉は無い)な状態で正午前にやっと起床



「ハロー、エブリボデー」



して、歌もかろやか


“夢の外へつれてって

ただ、笑う顔を見させて”



さぁ ばっつり働こう








ラベル:のび太くん
posted by yuzamurai at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

キビナゴとニナ

今日はジムへいってきた

疲れたどすえ


「はい。今夜はキビナゴです」


キビナゴは、ニシン目・ニシン科に分類される魚の一種

インド洋と西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布する小魚で、食用にされる成魚は全長10cmほど

キビナゴ1.jpg

分布域に入る西日本では、沿岸各地で巻き網などで漁獲され、特に鹿児島県、

長崎県、高知県といった暖流に面した地域でまとまった漁獲がある

ただし小魚で傷みが早いこともあり、漁獲地以外に流通することは少ない(wikiより)




みんなキビナゴ知らん言いよるけど、うまい

刺身で食うとうまいのだ

近所の居酒屋の大将も言うてました

「あー キビナゴ、うまいよ。でもここ北海道では出せんな。流通してないもの」


今夜はキビナゴ

きびなご.JPG


そして、ニナ貝も

にな.JPG


「こーやって、ひねくり出すのです」


にな1.JPG

B級貝扱いであまり食べる地域は少ないみたい

塩ゆでにして食うのですよ

磯のかおりがよい


どちらも酒がすすみます



「やー 楽しくなってきた。 踊ろ」











ラベル:キビナゴ ニナ貝
posted by yuzamurai at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

だいこんと反逆

「だいこんおろし好きか?」言われたら

「好きや」と言います


だって、だいこんおろしだけ食っててもうまいもんな(醤油やポン酢はかけますが)


ただ、

だいこんをすり下ろすのは、本当に面倒くさい


だから今夜も面倒くさい


「えー あんた、やりんしゃいや」


だいこんと反逆.JPG
(旧型のすりおろし器とゲバラ氏)


オレは

今こそ反逆を

レボリューションをおこしたい



「だいこんおろしバカ」


コロ助.JPG




「あーもう嫌や、疲れた。だいこんをアットーテキにすり下ろせるやつ買うわ」




バカは9時から“コクリコ坂から”でも観ます



「これ、泣けるがやろーか」

posted by yuzamurai at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ICE SKATINGどす

はじめてのアイススケート

スケート2.JPG


「なんか、変な感じ」


はじめてのスケート靴 2時間300円で借りました


「さみー」


たくさん着こんで、ニット帽に手袋で、いざ

スケート.JPG


ここは円山のスケート場 大人ひとり130円と破格


スケート1.JPG

我流ではありますが、すべれます


らららー スケートって簡単と

調子こいてすっとばす


そしたら・・・



うーん

もうちょいやったら、かっこよくすべれそうなのだけどな



氷の上で大の字


それで 、

1月の澄んだ空と

嫁が氷の上をよちよち歩いてるのが見えた

posted by yuzamurai at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

ブルース

大事なことは 忘れたりしないように

どこかでひろった 紙きれに書いておこう



それでも君と


すれ違っているうちに  

忘れて しまった 途切れ途切れになる



「ざま さむい」



今朝がた、札幌は−15℃くらいまで気温が下がったみたいで、

とてもさむい

あさのコーヒー.JPG
(パティスミスが来ます)


ひとり コーヒーを飲んでたら



ゴミだしを思い出した



フリースの寝間着の上に、またフリースをはおり、

ゴミを手に ばたばたと家をでる


真冬の往来、太陽に照らされるぼくは

白い息を吐きながら

瓶、缶、ペットボトルの順にぶん投げた…


日本酒の瓶に

ビールの空き缶に

焼酎とワインのペットボトル



全部、アルコールやん




それで、空を見上げた




今日までの日々は永遠じゃなくて


そう 一瞬だった



今日は歌も凍える
posted by yuzamurai at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

ウツボのたたき

ウツボという怖い顔の生物がいる


ウツボ(鱓(「魚へん」に「單」))は、ウナギ目ウツボ亜目ウツボ科 (Muraenidae) に分類される魚類の総称(wiki参照)

…らしい

ウツボ.jpg

高知の海に潜ると必ずいて、そこらかしこでゆらゆら揺れながらこっちを見ている

歯がするどいので噛みつかれると大変だが、何もしなければ人を襲ってはこない


わたしとしては

“あ、ウツボだ… たたきにして食べたい”と海中で見つめ合う感じ


高知では普通に食しますが、ここ北海道で食べる人はいませんね

食べる人がいないということは、当然店頭には出回らないし、居酒屋のメニューにもありません


インターネットで“ウツボ料理 札幌”なんて検索をかけても、出てこない

食べたくて、食べたくてもだえ死にそうなんてことはありませんが、

一抹のさびしさは感じます はい


うつぼのたたき.jpg
↑ウツボのたたき(うまそうだ。写真おかりしました)

・淡白で豊潤、磯魚でありながら臭みもなく、独特な歯ごたえは一度食すると忘れられない

・うつぼの持つ独特の旨みはその身を守る厚い皮から皮下にひろがるゼラチン質

だ、そうです(料理のプロがそう言ってます)


個人的にはからあげにするより、断然たたき




そういえば昔

義父が陸から垂らした釣り糸の先にわたしが潜り、

魚がいる場所へ釣り針を誘導するなんて

妙なことをやったことがありましたが、そのとき闘ったのが巨大ウツボでした


海から顔を出して


「おとーちゃん!でっかいウトボおるで、今夜はウツボのたたきが食べたい!」言うたら


「よし、いけ」と釣り糸を垂らします


目の前で餌をちらちらやったら、見事喰いついたのですが、あばれる あばれる

激闘のすえ逃げられました


まぁ

それで良かったのかもしれません

料理担当のおかーちゃんは言います


「ウツボとってくんのやめてぇ。たいへんやわ」


ウツボは小骨が多く料理すんのもたいへんなのでした



ウツボたべたいわー  (通販で買えます)

posted by yuzamurai at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

ジョー・ストラマーは60歳

ドクターマーチンは履くのも、脱ぐのもめんどうくさい


14ホールとか、

居酒屋で座敷の部屋に通されたらだいたい出遅れる

帰りも絶対に一番最後になる


「あんたら、ちょっとは待ちんしゃーい」と言わなくてはならない


スキンズ.png
(ドクターマーチンを履くスキンズの少年)


パンクスもスキンズもたいへんなのだ


そして、憧れのあなた

joe.jpg

もう10周忌


ジョー・ストラマー60歳、わっちの親とかわらないんだね

クラッシュ.JPG



2013年冬、パンクじじい35歳


あしたはマーチン

posted by yuzamurai at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョー・ストラマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

旭川という街へやってきましたC

極寒の旭川の街を歩きます


寒いだけならいいのですが(良くはないか)、

問題は路面です あぶいです かなり滑ります
(先日、酔ってべろべろの帰宅途中に大の字)






「あー イルミネーション… 綺麗」


旭川イルミ.jpg


すれ違ったカップルの声で街が彩られていることに気がつきました



ふーん



イルミネー.jpg

ブログに使えるからと事務的にパシャパシャやってまた歩く


店、どうすっかな?



案B 欧陽菲菲(オウヤン フイフイ)みたいなママがいる場末のスナックへ


おーやん.jpg



いけんよ まだはやい



「ここは雪の〜 買物公園〜」



とにかくだ、はやく酒場へ…





そうそう

酒場放浪途中ですが、ここですごい映像を…


これ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


吉田類の酒場放浪記「吉祥寺いせや総本店」後ろで電話してる男性は、もしかして…



類さんの後ろで電話して、たばこ吸ってんの高田渡さんなんです(当たり前だが渡さん酔ってる)!

吉田類と高田渡が同じ画の中にいますよ

何年か前にこのブログにのせた「筑紫哲也のNEWS23」筑紫哲也と高田渡の対談映像もここです

ほんと、渡さんはいせやの常連だったんだなぁ



オレ、吉田類さんの影響もあって酒場放浪でもしょうと思ったわけで…
(札幌の類さんがおとずれた店も放浪しましたし)

高田渡さんへのおもいはここでさんざん書いた


誰かオレの感動をわかって欲しいんだけど!



じゃぁ

もういっちょ渡さん

高田渡「私の青空」タカダワタル的  


(こんな幸せな音と映像はそうそうない)



うーん


そして… 現実は旭川


“独酌三四郎”


三四郎.jpg


前々から来たかった店





「うん、ついに独酌三四郎です」





つづく


posted by yuzamurai at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

YEAR OF THE SNAKE

roll.jpgとは

ぱっと見て、聴いて、感じて


「かっこいい」と思えることです


キース.jpg



むかし、姪っ子の運動会に行った時のこと

ある男の子が場内放送で



「ぼくは おおきくなったら、ロケットになりたい」と言った



そういうことです



今年もよろしくお願いします


posted by yuzamurai at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。