2013年03月28日

いつもドキドキしていたい

歳はとりたくない、このままでいたい

いつもドキドキしていたい


昨日と相反しているようだが


そう思う




おんなじ時を過ごしてきたみんなと乾杯しよう



「おしりをくっつけよう」



にゃはは (寝ながら妄想)


夜中に鬱.jpg



「あー いけん、ドキドキしてきた」


ラベル:忌野清志郎
posted by yuzamurai at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

35のブルース

ジャンボ鶴田が好きだった

バックドロップなんか別格だったぞ


引っこ抜く感じで、ぐわーって


ジャンボ鶴田


誰かを美しくバックドロップしたい



でも腰が痛い…



「なんまら、いたい」と


普段使わない北海道弁で口に出してみる




「ひとつ、腰痛。動く時にいてーと声が出る」

「ふたつ、首痛。とても憂鬱」

「みっつ、手首痛。めんどーだから、とりあえず痛いは部門おわり」

「よっつ、げーのー人の名前が出てこない」

「いつつ、すべてにおいて切れがわるい気がする」

「むっつ、朝立ちしない」

「ななつ、想い出がふえる」

「やっつ、想い出だけはいつも美しい…」 

「ここのつ、すぐ眠くなる」

「とう、できないことを歳のせいにする」



「いっぱいあって、めんどくさい。もうどーでもえーわ」





「はい」





どうしようもなくても、夜は更ける




でもね


歳をとるのわるくない… かっこいいぞ 




「がはは、いっしょに歳をとろう」



ラベル:ジャンボ鶴田

2013年03月25日

But lay off of my blue suede shoes

マッチ.JPG



「マッチ買った」



こいつで煙草に火をつけたら、カール・パーキンスに揺れる



“オレはここに座ってじっと見てる

服にあいたマッチ箱の穴を

オレはここに座って不思議に思ってる

服にあいたマッチ箱の穴を

マッチは1本もないけれど

まだまだ先は長そうだ”




思えば

1956年、ブルー・スエード・シューズが世に出てから



わっちはおかしくなった



Carl Perkins - Blue Suede Shoes





“やめてくれ

オレのブルー・スウェード・シューズを踏んづけるのは

お前が何をしてもいいけど

でも オレのブルー・スウェード・シューズからは離れてくれ”





ブルーのスウェード・シューズなんて、最高にいかしてやがる




しかしあれだ


マッチは気分になるな




2013年03月24日

はじめてのナイター

高知の片田舎の少年にはプロ野球のナイターは憧れだった


ナイター中継を観ている親父に

「ぼくは野球を観に行きたい」と言ったら

「そうか、オレも行ったことがない」と言った


キラキラ輝くそれはいつもテレビの中で・・・

一度も観戦に行くことはなかった



KIRINラガービールCM 大沢たかお 「人は、人を思う」2004





 
ナイターはおろかどこへも行かんかったよ


ぼくら兄弟が子供だった頃、親父はどこへも連れてってくれんかった







2005年

親父と弟と3人が並んで座ったのは、甲子園球場の内野席

甲子園.jpg



兄弟はあの頃のように野球帽をかぶってはいないけれど…




親父の影響で阪神ファンになった1985年頃


あれは叔母に連れられて行った高知市営球場、

阪急ブレーブスとのオープン戦で買った阪神タイガースの野球帽



帰宅した兄がかぶった野球帽を見て


「ぼくも帽子ほしい」と


弟はいつも兄と同じ物を欲しがる


だが、実際に弟が買ってもらったのは

ずいぶん後になってからで、母親に頭をバリカンでかられ失敗した時だ

ひどい頭になって、毎日野球帽をかぶってた


でも、それでやっと兄弟で阪神タイガース






2005年、はじめてのナイター


カクテル光線とそれに照らされる天然芝が美しかった



ただ

ダイヤモンドには掛布もバースもいないし


試合の終盤マウンドに立っていたのは山本和でも同郷の中西でもなく、

藤川球児だった




それを

ぼくらは3人並んで観てた



おのおのがどう思ったかなんて知らない




きっと

もう、それでよかったのだな





「それでいいのだ」





今日もよく冷える


ぼくは今、札幌ドーム

2013年03月21日

愛をひっかけるための釘だった

肝心なのはおもう相手をいつまでも腕の中に抱きしめていることだ


2本の腕はそのためにあるのであって、


決して遠くからサヨナラの手を振るためにあるのではない




「ぼくは釘だ」




君がそこから落ちてしまわないように



0点.jpg



テレビでは映像をまじえ



「桜が咲いた」と言う



うー

まるで北海道だけ別世界のようだ

今日も朝から雪

あたりは雪景色、冬へ逆戻り



して、酒ばっか飲んでる 




「ぼくは0点」




ラベル:中島らも
posted by yuzamurai at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

ほうき星がみえる夜

尾が伸びた姿から日本語では箒星(ほうきぼし)とも呼ばれる

彗星01.jpg

・天体写真が似るため流星と混同されがちであるが、天体観望における見かけの

 移動速度は大きく異なる。

・肉眼による彗星の見かけ移動は日周運動にほぼ等しいため、

 流星と違い尾を引いたまま天空に留まって見える。(wikiより) 勉強になるなー




「そんで今、北海道の空にほうき星がみえますよ」




<パンスターズ彗星>

明るさは0等から-4等級という大彗星で、地平線からの高度はやや低め、
放物線軌道のため見られるのは今回が最初で最後になるそうです


彗星.jpg
2013年3月14日18時のパンスターズ彗星 札幌市青少年科学館屋上から
(写真お借りしました)


日が沈んだ直後の西の空、地平線に向かって落ちていくような感じで、尾を引いた彗星が見られる

今後、徐々に彗星は暗くなるけれど、天体望遠鏡があれば5月頃までは観察できるようです




あー

あー そだ



“なぜ人は星空を美しいと感じるのか?”




人間は美しいものを見ないと鬱になってしまう


美しいものを見ないと、脳のある一部がどうとか、こうとか…

脳科学者の茂木健一郎さんが言ってたから



すさんだ大人のこころにはこれだな


大人の科学.jpg

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )



「プラネタリウム買うのだ」と嫁に言ったら、

ぜんぜん必要ないと言われた



「2,200円だぞ?」



プラネタリウム.jpg



こんなになるのにな



仕方がないから


トイレにひきこもってプラネタリウム

トイレでプラネタリウム.jpg


これはこれで鬱にならないか?




やー 気にしない

ウイスキーもちこんで



「乾杯」





 

でも今日はほうき星がみえる  外へ出よう





吹雪いてきました




posted by yuzamurai at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

ぼくはWBCを観ている

「おーい。ジョー・ディマジオって知っちょる?」



「あー ユニコーンの歌やん」



“約束通り走りぬいたけど


届かない ねぇ ジョー・ディマジオ”
 


ジョー1.png



少年はバットを振りまわす



スタジアムは近所のお宮





ぱかんっ






「わー ホームランや」




青空に弧を描いたボールは木々をかすめた


青々とした木々は葉を散らしながら大きく揺れる


少年の声、蝉時雨



「どっち?」


「こっち?」


「あっち?」




「うー」


「わー ない」



「ボールがない」



「ボールが見つからん」



「ほんまか。ちゃんと探そう」





「そんでよ…」 



「もしかして、この状況はよー」





「もうボール買う金がない…」







少年は野球が好きだった






そんで


今、あの頃みたく...





「うーん」



みんなもきっとどこかでWBC観てるんだろうや



2013年03月15日

Sad Song

料理長は古着屋でエプロンを買ってきました

キャンプや作業時なんかに使用しようと思います



まぁ、ただの気分だな


エプロン.JPG
(シンプルなエプロン、caleeのカタログもいっしょに)


フランス製の古いもののようです
(フランスのヴィンテージものが置かれた店で買ったのでたぶん)

そうみると品があるようにも見える



「よし、エプロンして何か作るかー」




ただ、

悲しい気分なので



エプロンしてから、悲しい歌をうたった





「コーヒーでも入れますか?」




posted by yuzamurai at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

マイライフ

サッカーは人生の様

プラティニ氏.gif


「サッカーとはミスのスポーツ。

全ての選手が完璧なプレーをしたらスコアは永久に0−0のままだ」

とプラティニが言った




ジー・我が教訓である




おじさんはすてきなPK合戦をみてしまった・・・



PKが失敗した!はずがバックスピンでゴールになった珍プレイ





「はい」




今日がいい日でありますように





posted by yuzamurai at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | football好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

スペインのドラえもん

アナーキーな料理長は、なんだか中途半端なトマトスパゲッティ作った



「はー」
 



のびた1.jpg





「しっかりしろよ、料理長」





スペインで実写化された「ドラえもん」のCMが全く似てない件について





これ観たらほっこり




「うむ」


posted by yuzamurai at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

何がおこるかなんてわからないぞ

もうずいぶんと歩いた


深夜の散歩


横なぐりの雪

マフラーをくるくると巻いて目出し帽風

足はすねぐらいまで雪で埋まる




遠い 遠い




でも、不思議とつらくないな



のびた0.jpg



そして今日


ぼくはちょこんと正座して部屋ん中




「乾け センタクもん」




室内干しの衣類がストーブにあおられ小さく揺れる

ラベル:のび太先生
posted by yuzamurai at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

The Golden Wet Fingers

ロックンロールは


rock(揺らす)と roll(転がす)やって


ロッケン.jpg



ぐわーーーーーーーーーーー



「世界中」 The Golden Wet Fingers





ぼくに、きみに



ただただロックンロールを




posted by yuzamurai at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | チバユウスケR&R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

空の青さのつたえかた


「生まれたときから目が見えない人に、


空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?


こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ」



そういったのは江頭さんでした



ギター.JPG



冬のひなたぼっこはうたといっしょに



「いったいどこへいくやら」



青い空がみえたら・・・ 




青い空は、空の青さを知っている人が伝えなくてはなりません



ただ、正確に伝える言葉を持たないぼくのうたはすこし


疲れてしまい



「んー、伝える言葉に音」




なにげない朝、


空が青いということは・・・

ラベル:江頭2:50
posted by yuzamurai at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | せつない思い出のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

ぼくらの青春音楽

「えーっと、蠍座へいこうか。

いかれた青春映画でも観てさ。いかした気分になろ」


さそり座.jpg



「いや、待つのだ。待て」



さみーから、おでかけ保留

家ん中、ギター弾いてひとりライブ




女の人は、女の人は、女の人は、

どうか、どうか、幸せになってください

男は、不幸でいいんだ

男は、男は、男は、女の人が幸せで笑っていれば、それだけで幸せだっぺ?



「あー、また雪ふってる…」



ギター置いたら


あとはこたつから外を眺めているばかり…




峯田くんが言った


カッコいいロックの人にもなれないし、ヒップホップにもなれない

あの娘のことが好きなのに、話し掛けることさえできない

そしてなんとなく大人になっていく

本当は何も変わっちゃいないのに

全ての中途半端な人たちに銀杏BOYZの音楽を

僕はドアを叩く 開けてくれ




「よし、でかけよか」



posted by yuzamurai at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。