2015年10月30日

Here Comes the Summer 函館 D

以前、barで細野さんかけてもらったら

ハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977だった

ほそのさん.jpg


”冷たくひやして”が流れる


わたしはこの歌を知らなかったので

これはうかつだったなぁ と思った


そしてとても感動した



「Don't be cruel つめたく冷やして」細野晴臣



さて、函館市に入りました

港の方でにぎやかにお祭りやってます

疲れた・・・休もう


腰ときんたまが痛いし



とわたしはひとり、コンビニにバイクをとめて

コーヒー買って


それから、ぼーっと祭りの様子を眺めていた


たくさんのひとがコンビニに無断駐車をして、祭りの会場へ流れてゆきます



昔コンビニで働いてた身としては、こころが痛い

と思ってたような、思ってはないような


そういえば、札幌ドーム近辺の店もドームでイベントある度に、無断駐車と闘っている

のは見ます



こういうの、

逆手にとって臨時駐車場にしてお金とったら、良いのではないかしら

と余計なこと思ったが、

そうでもないな



函館はあまりに暑くて



冷たくひやしてーの鼻歌





ただ、ずっとそうしてるわけにもいかん


今ここでビールは飲めないし、タバコもやめたので、もうすることないから



何か食べようと、すこし走る



ラッキーピエロ発見したが、


ハンバーガー食べたい

とはさずがに思わなかった

IMG_3537.JPG


昨日、食ったラッキーピエロ


IMG_3538.JPG


そして、


image7 (1).JPG


「はせがわ」


image2.JPG


「ハセガワストア」



お手軽なのでここにした


店内には、焼き鳥弁当はグレイもおすすめって書いてある




味は、塩かたれか・・・


迷って、

これにした

image6 (1).JPG


食った


今日は良い天気、


そういえば新函館北斗駅も見たかったのだけど

まだまだ工事してて無理だった



それから、蔦屋書店へ

寄り道

image2 (3).JPG

おもったとおり

よかった

image4 (1).JPG


代官山と函館にしかないって聞いてたけど

今は増えたのかしら


これは、うちの近所にほしい


image3 (2).JPG


すごい本屋だわ

図書館みたいだし、自由だし、

ちゃんと利益でるのかしら


と、昔本屋で働いてた身として思った


エルビスコーナー


IMG_3535.JPG



「Don't be cruel」



そして

帰る


また、コンビニによったら

猫がいた

image1 (3).JPG



短い北海道の夏





posted by yuzamurai at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

マーシーの I FOUGHT THE LAW

ましまろ(真島昌利、真城めぐみ、中森泰弘)は

先日、NHKでバディホリーを日本語でカバーしてました

ましまろ.jpg



そして

これもいろんなひとにカバーされてて

個人的にはクラッシュやストレイキャツが印象的


それと、マーシーの日本語で歌うのが好きですね


冷たい檻にぶち込まれ
法律と俺は戦った
法律が俺に勝った
あの娘もどっかへ消え去った
法律と俺は戦った
法律が俺に勝った
ツキにも見放されて
もはやこれまでか
あの娘はとってもいい娘だった
法律と俺は戦った
法律が俺に勝った


詞の内容はオリジナルに忠実だと思います



真島昌利 I FOUGHT THE LAW 歌詞つき


posted by yuzamurai at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲本ヒロトと真島昌利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

公団の屋根の上どこへいく

最近までキリンジは聴いてこなかったんですが、

これはすごすぎ



「エイリアンズ」キリンジ


この世界で考え込もう



旅客機(ボーイング)、公団の屋根、

バイパスの澄んだ空気、仮面のようなスポーツカー、


単語の一つ一つと取り巻く状況が無駄なくひとつの世界を形成している




「ああ、都市生活者のロマンチシズム」




ぼくらは夜空を見上げても、月の裏側は見えません

月そのものが地球と同じように自転するため、地球にたえず同じ面を向けているからです



この星の僻地で

月の裏を夢見る



江戸アケミが都市生活者の夜”で

”昨日は事実、今日は存在、明日は希望

うしろからしがらみが追いかけてくるけど

そんなことは少しも問題じゃない”


と歌ってたのをふと思い出す




ぼくらにとっての明日





タグ:キリンジ

2015年10月24日

Here Comes the Summer 函館 C

自転車を完成させたし、いざ

と思ったら、明日は雪

IMG_3357.JPG

あの時は夏だったのに



これは、8月の話です


アメリカについて悩みつつも熟睡


酒の力は偉大だ

尿意で目が覚めればもう朝だった

よたよたとテントを這い出て、トイレまで

image8 (2).JPG

本日も夏の晴天です

テントとバイク、その向こうに日本海


用を足したら、ビーチサンダルに履き替え、朝食と日向ぼっこ

ぽこぽことクッカーが音をたて湯が沸き上がる


朝飯は何を食べたんだっけ、日が経ちすぎて忘れてしまった


そして、わたしはパンツ一丁

image11.JPG


ついでに服も日向ぼっこ

まわりには誰もいません

キャンプ場のそばで、巨大な風車が何機か回ってるだけ



今日は函館まで行こう

お祭りもやってる


いか踊り?というものもあるってさ





あ、そうだ

ここではコーヒーだけ

朝食は出発して、すぐのコンビニ

外でスマホいじりながら、パン食ってたら

「これ、何cc?」と話しかけてきたおっさんが言った




「函館は祭りやってる。アディオス」

(のようなことを言った)
posted by yuzamurai at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

完成。お嫁においで

「ドープにスワッグにヒップに彼女を幸せにする」



加山さん.jpg

幸せだなア
なんて今のご時世じゃそう言えたもんじゃないけど
蛍光灯に照らされてる洗った顔は もうそんな若くない
落ちついたら喫茶店やって ランチはカレーだけ そんなのいいかも
なるようになってく 多分ノリさ



そう


いつも、青春だ




お嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEE

PVには加山雄三氏も出てます




そして、わたしの自転車が完成した






2015年10月21日

エイリアンズ

先日は高知の田舎へ帰ってた


街も人も

そして

我がじいさん、ばあさんも何かがすこしずつ変わり、


でも

30年前は何でしたか?

して、何してたかというと

まあ、特に今と変わらんようにも感じて混乱



rool.jpg

じいさんとばあさんが大事にしてきた心のアルバムは、

はたからすれば、埃をかぶってはいるものの

そのときのまま

あのときで時間を止めていたので、



「人間は過去へいき、未来へ戻る。この実感として、

とても幸福であるけれど、懸命でもある」などとゆっても



他の誰もが答えず





自分がいるための、誰かが眠るその場所に

そっと、こうべを垂れるのでした



2015年のこの僻地、

街が寝静まってきた


夜は眠れないと長いな



「ロケン」
posted by yuzamurai at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | せつない思い出のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

how I roll

「自転車の乗って〜

ベルを鳴らし〜 と」


「自転車にのって」高田渡 1988テレ朝プレステージ


鼻歌まじりで、せっせこと

パンクを直して

ホイール付け替えて


・・・


image1 (4).JPG


「how I roll」


問題はギアのところさ


・・・


おじさん、違うとこ分解してもうて

危うくベアリングバラバラにするとこだった


image2 (4).JPG



「見切り発車はあぶい」


・・・


スプロケットってゆうのが

外れない・・・

とりあえずここまで


「今度、工具買いに行こう」


高田.jpg


posted by yuzamurai at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

自転車操業 〜E.Tとロッキー〜

みなさんいかがお過ごしでしょうか

札幌はもう


「とても寒い」


et2.jpg

突然ですが「E.T.」(The Extra-Terrestrial)って映画があって

公開は1982年、監督・製作はスティーヴン・スピルバーグ、アメリカのSF映画です

わたしは1977年生まれですから、公開当時はもすぐ小学生って頃かな?

日本でブームが起きたのは、アメリカよりも少し後になるだろうから、ちょうど小学1年生か



みんな観ましたね 大人から子供まで


そこで印象に残ったのが、ETは当然として

あとは、エリオット少年が乗る自転車

BMXです

et.jpg

これ、日本のKUWAHARAのものですが

当時のわたしにわかるはずもなく

アメリカは自転車まで、かっこいいとうなったのでした



そだ

少し、脱線して

ロッキーでもうなった

あのトレーニングウェアに

ロッキー.jpg
今見てみると、これはチャンピオン製かな?

ロッキーは1976年の映画だから、E.T以前ですね

ずいぶんと幼い頃に観たんだろうと思う


そして、フードが付いた服を初めて見たのがロッキーだった


今では誰でも着てますし、どこでも売ってますが

当時は周りの誰も着てなかった


だから、母にねだった

ロッキー着てるみたいな形の服が欲しくて

わたしはそれを観た日の部屋の風景まで覚えているから、余程のインパクトだった




今では、ロッキーみたいなスウェットもいつでも着れるし、愛車もHOW I ROOLだ



時は流れるぜ


そういえば、わたしの父の家は自転車屋さんだった


ピンポーン

ベルが鳴る

宅配屋さんがタイヤとホイールを届けてくれた

image1 (1).JPG


先日、タイヤがさけたのでした

image2 (1).JPG
趣味であふれた部屋がまさにカオス



直すだけではなく、カスタムしたら


赤いスウェット着て


et1.jpg


こえやって、街へ出よう



おじさん、ひとりだけどな

posted by yuzamurai at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。