2008年06月17日

あの日の青い春「ガラスのジェネレーション」

つまらない大人になりたくないと歌うのは

ちょっとズルイかなとも思う


「ガラスのジェネレーション 」


ガラス(壊れやすく、もろい)のジェネレーション(世代)

ズバリではないか 

これは佐野元春さんの妙技 言葉の感覚でしょうか


その姿勢は最後まで貫かれる


ガラス(日本語部分)とジェネレーション(英語部分)

バランスの維持 そいつを崩さない

歌詞を書きとってもらうとわかりやすいけど

規則正しく日本語と英語がちゃんぽん?されている


実際

疾走する言葉とビートに

途中 何を言っているのかよくわからなくなるんだが

(Bメロ辺りに顕著)


最後に

”つまらない大人にはなりたくない”



ああ そうだったのかと気がつく


sano.jpg


ボクは

恋をしようぜベイベー 綺麗な恋をメイビー

といった青春は送ってこなかった…


どっちかつーっと

オナニーに明け暮れる青春だったかもしれないざます


まぁ

盗んだバイクで走りだす青春の陰に

そのバイクを盗まれた青春もあるのだ

それを忘れてはいけんです


オレの青春に佐野元春さんは居なかったが

ガラスのジェネレーション が 名曲なのは間違いない



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。