2008年07月14日

すいかとラジオ

ラジオって その響きと 在り方に うふふとなる

これは大正モデル↓
RAJIO2.jpg

これは最近モデル↓
RAJIO.jpg

他にも色んなラジオがあるね

トランジスタラジオやカーラジオ、思い出のロックンロールラジオに

壊れかけのラジオ・・・ 深夜ラジオってのもある

 
どれもうふふ


でも デモ DEMO



「オレはラジオユーザーではない!」



別に怒ってはいないけど 「!」を付けたいくらい断言デキル


今も昔も

ヘビーユーザーではない

ちょっと熱心なユーザーでもない

フツーのユーザーでもない 


つまり・・・

本当に少しも聴いてこなかった

(少しもと書くと あげ足をとられそうだ)

ちょっとは聴きましたが


ほぼ 聴かない



友人の

「いやー今日なんて日は 深夜ラジオにかじり付きで寝不足だよー」

「録音もしちった えへへ」

なんて話に憧れたりはしたが


オレには無理だった



ああ そうなんだ

現在の愛車はAMラジオオンリーの頑固モノだが それでも聴かない

そこにはエンジンの音が響くだけだ




つまりラジオが


何も聴こえない 何も聴かせてくれない


のは オレがそのスイッチを入れないからで



反対に徳永英明さんの


何も聴こえない 何も聴かせてくれない


という状況はスイッチを入れた状態のそれであるから

ラジオは壊れかけというよりも完全に壊れている



ただ

それでもいい 聴かせて欲しい という無理難題が美しいのだ




そう ラジオは美しい  音楽を運んで来るから


スローバラードだって カーラジオから流れたから素敵なんだ




以前 夏の風物詩としての すいかは大好きだが、すいかは嫌いと書いた

(気がする)

理由は どうも合わないので


やっぱり すいかとラジオは似ている


電波に乗って音楽を運ぶラジオの存在は大変素敵だが

昔から自分と合わない 


ラジオを前に いつ好みのナンバーが流れるのかもわからない状況にも

退屈をおぼえる



でも その存在を愛している



困ったもんだ





こちらもどうぞ↓

「RCサクセション」へ

posted by yuzamurai at 04:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湯侍の日常は、うふふ!となる
事が多そうですね。

ラジオとすいか。
僕にとっても現在は微妙な存在です。

でも、好きですけどね。

高校生の頃は『トランジスタラジオと
タバコをポケットに入れておくのは
必須でした!!

でも、授業はさぼれませんでした。
(度胸がなくて・・・)

あっ、授業中にあくびはしました!!
(笑)
Posted by ちゅう吉 at 2008年07月14日 12:11
わたしはそれを

うふふの日々と呼びます

とても大事なことです

今日も炎天下の中 スイカを頬張るオッサン

にこれ以上ない夏を感じ 感動しました

(絶対 自分は食べないですけど)

そんな うふふの日々です
Posted by yuzamurai at 2008年07月14日 15:09
さりげなくじゃがたらのフレーズが使われている^^
Posted by マイト at 2008年07月14日 21:36
そこは意識しました 笑
Posted by yuzamurai at 2008年07月15日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。