2008年08月11日

けんかをやめて

けんかをやめて 二人をとめて

わたしの為に争わないでー


kn.jpg


ある日 けんかを見た


パンクバンドがいくつか出たあるイベント 

あるライブハウスの前で

「うるるるるるるあー」

言うて声が 聞こえたので そちらの方に目をやると

パンクスが二人けんかになっていた

パラパラと野次馬  

女の声もする

「やめてー うううううきゃー」

どうやら 女性をめぐって 仲間内のけんかが勃発したようだ

男と男がつかみ合っている

その時、ライブを見終えたオレは友人数人とちょうどこのけんかが一部

始終見える場所で談笑、飲んでた


うーむ こりゃー どうなるのかな?と観察していたら


このけんかしている二人のお友達なのだろうか

スパイキーヘア、鋲ジャンの男が颯爽とやってきて


「やめろよ! ここは70年代のUKじゃないんだぜ!!!」

と言って二人の間に入った


でも


何事もなかったかのように 二人は完全無視

もみ合い、つかみ合いは続いた


けんかを止めるセリフとして やめろよ!まではいたって普通だったが 

その後に続いた

70年代UKというフレーズが予期せぬものだったのでたいへん驚いた

「UKはそんなに物騒なのか?」と友人は言い

俺は

「たぶん」と言った



  

<素晴らしいけんかの止め方>


あれは若かりし頃 学校での出来事

ある科のグループとまた別のある科のグループが酔って楽しくやってい



文化祭だった



ライブを終えたオレはその時、ギターを抱えバンドメンバー談笑、これ

また飲酒中


一人の男が酔って路上で前転をしたところへ、違うグループの男が火の

着いたタバコを投げた

・・・

一瞬の間があって


「うるるるるるあー」


言うてけんかになった


正にあれれ?である さっきまで みんな めっちゃ陽気やったやん

みんな きゃーきゃー言っている

するとだ

やってきた

泥酔した部長が・・・

オレはめっちゃ驚いた 


すでに部長は号泣していたから


そして このうえなくデカイ声で

「ふぐぐぎゅ おばえら やめろよ げんかはぁやめどよ」と泣き叫ん



けんかはあっという間に飛び火して数人対数人の団体戦になっていた


そこへ 尾崎豊氏さながらに迫る部長がいた


oy.jpg


号泣、絶叫、這う


すごかった あっという間にみんな(野次馬)の関心はけんかでは無く

部長にそそがれた

あまりにすごいのでみんな けんかよりも部長が心配になってその元に

駆け付ける

アップで見る鼻水と涙に濡れる部長の顔はまじですごい怖かった

ある女の子はそれを見て「う、うわわわ・・・」と小さく口にした


物凄い注目を浴びた部長は、自分がけんかを止めているんだかなんだか、

途中から(目的が)わからなくなったのだろう(感情の昂ぶりだけ残したまま)


1人、全然関係のない方向へ突き進んでいった


みんなの知らぬ間にけんかは終了


部長はまだ猛烈に泣いている しかも泣き声がめっちゃデカイ

けんかしていた数人は鼻血や口から血を流しているものもいたが、

鼻血の出し損にみたいな状況でとても不憫だった


部長とは以前から少し付き合いがあったが、素面で猛烈に熱い男だ

ある科の部長になったのも立候補である

そして酒を飲むと急激にその温度を上げる


部長は 完全にけんかより目立った・・・喰ってしまった・・・


けんかは野次馬ありきみたいなところが多分にあるから、誰も注目しな

くなった時点で収拾するもんなのかもしれないなと感心した


誰も見てないし、誰も止めないし、女の子の「うきゃー」も無い


そこには

自分らのけんかよりも目立ち、野次馬を一手に引き受ける男がいるのだ

絶対にかなわない稀代のパフォーマーが・・・

せっかく痛い思いをしているのに踏んだり蹴ったりであったことと思う




こんな止め方があるんだなと感動したが、きっと彼にしか出来ない






こちらもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
posted by yuzamurai at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アハハハ!!!
「70年代のUKじゃないんだぜ」
サイコーですね。
お前は70年代のUKに居たのか?と
問い詰めたいっすねぇ。

<素晴らしいけんかの止め方>
コレがまた輪をかけてサイコーですが、
この部長の真似は俺には出来ません(笑)

楽しい記事をありがとうございました!
Posted by ラ・モスカ at 2008年08月11日 20:24
70年代のUKの彼の引き出しは、たぶんこんなもんじゃないと思いますので、ちょっと面白いです
普段からそういった単語、フレーズを連発していたことでしょう
ただ 
今はもうパンクスではないかもしれません
一方、部長は相も変わらず部長です
間違いありません
      不変の男です
もう何年も会ってませんし、連絡先も紛失してしまいましたが、今もきっとどこかで号泣してますね 熱い男です

 
Posted by yuzamurai at 2008年08月11日 21:10
いや〜すごいセリフですな
「70年代のUKじゃないんだぜ」って日常会話ででないよ普通。しかも緊急事態で(笑)彼は頭の先からつま先までパンクスですね。
そういえば、僕もライブを見た後に寄った居酒屋で、同じくライブをみた後と思われるグループのひとりが、会話の中で、やたら「ウェル ウェル ウェ〜ル」とのたまわってた人がいた(笑)

Posted by shin at 2008年08月11日 21:27
「ウェル ウェル ウェ〜ル」って 
もしかして… 同一人物なのでは (笑)
彼?彼ら?
実は愛すべき人種であるの可能性が残されていますね
わたしはその可能性を信じます (熱)




Posted by yuzamurai at 2008年08月12日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。