2008年10月26日

10月に見つけた夏

小学生の頃といえば、もう20年以上も前のことだ

・・・

「暑い」

「もういっちょ泳ごうや」

そして僕らは一斉に川に飛び込んだ

natuda.jpg

あの頃・・・

”パパとママと赤いスポーツカーで海に繰り出しました”

なんてことは一度もなく



毎年夏が来ると友人数人と近くの川に自転車で繰り出した

それがほぼ毎日

情熱を注げる唯一のものが川だったのでしょう


まぁ実際のところド田舎の夏なんて泳ぐ位しかやることがなかったのだが

毎日、飽きずに泳ぎ、川でエビをつき、時にそいつを近所の居酒屋で買い

取ってもらった

そのお金で”お乳”って名の恥ずかしいアイスを買った



朝、昼、夕と泳ぐと体もたいへん綺麗になった気がして

「今晩は風呂に入らなくていいな」

なんて言った素敵な僕らは実際に入らなかった

ド田舎の川なので確かに汚い水ではなかったけれど

そのまま夏の夜にすべり込んだ


土曜は夜市とドリフで笑い楽しみ

あなたの知らない世界と日本心霊科学協会理事、新倉イワヲさんの素性を考えながら

眠った


朝になればアサガオの観察をおばあちゃんに強要され

昼間の草野球では掛布、バースに変身、気分はスター選手



あの日の阪神ファンの親父の興奮と巨人ファンのおばの悲しみを忠実に再現

してみせる



そして笑点のテーマソングが日曜日の終わりを告げた



もう11月も近づいたこんな寒い日になんで夏の話なんじゃーと思うが

小学生の頃のそんな作文が出てきたのです

natuda1.jpg

”反対するパパとママを振り切り イカシタ彼女とこれから海へ行くんだ”

なんてこともなく



健全な僕の作文の最後に記されたのは


”この町には映画館も遊園地もありません

僕にあるのは

すごく暑い夏に川だけです”



という切実な思いだった





思い出は遠く 深い





*写真と本文は特に関係はありません




こちらもどうぞ


「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

「たのしいにっき」へ
この記事へのコメント
ああ、夏貸家バックスクリーン3連発。
85年、あの年は熱狂しましたよ。
しかし、湯侍さんいい作文ですね。
詩人ですな。
Posted by マイト at 2008年10月29日 02:16
31日を擁するある夏の一か月のうち
2〜日泳いでましたから(台風の影響を受けた数日以外)
本当に僕らには川しかなかったのです
Posted by yuzamurai at 2008年10月29日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。