2008年11月16日

リー・ブリローがいた

1975年に発表されたDR.FEELGOODの「Down by the Jetty」だが、僕が知った

時は…

それからもう20年もたっていた



また後追い

好きになったバンドはどれも結構な確率で間に合わない 

洋楽、邦楽ともに最新の音楽も聴かないではないが、好きになるのはいつも自分が

生まれる前だとかの音楽になる

するとそのバンド等は僕が知った時点で大多数がすでに解散している

つまり、ライブをみることもできない上に、新譜の期待もできないんである

これはデカイ





dr.fel.jpg


あの日

「これいいよ」と友人は「Down by the Jetty」のジャケットを僕に手渡した

そして自らがレコード盤をプレイヤーに乗せる



「このジャケだけでもうびんびんきますな」と言うと

「きっとそう言うだろうと思った。それなら 音聴くと死ぬよ」と

友人が流したのが

1曲目の”She Does It Right”でした



まだ当時、ミッシェル・ガン・エレファントは知らず

ドクター・フィールグッドの影響を感じるバンドといえば

圧倒的にTheピーズ

グレイト・リッチーズも”牛乳&タバコ”

あとマッドギャング


ミッシェル・ガン・エレファントも初めは雑誌に第二のピーズなんて書かれ方を

していたと記憶します



残念に思うのは1994年のリー・ブリロー(ボーカル・ハーモニカ) の死去

僕がドクター・フィールグッドを知った1996年にはもうこの世にいなかったわけです

今も現役のドクター・フィールグッドですが、リー・ブリロー がいないのは

寂しすぎる



友人の部屋、あの日の「Down by the Jetty」


僕にはリー・ブリローこそがドクター・フィールグッドだった 


R・I・P




こんな話もどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ
この記事へのコメント
とかくウィルコばかりが取り沙汰されるけど、リー・ブリロー(勿論、ビッグ・フィガー、スパーコも)カッコイイっすよね〜。
取り分け、ブリローの、あの酒焼けしたようなしょっぱい唄。
俺も大好きです!
Posted by LA MOSCA at 2008年11月16日 20:20
ウィルコ・ジョンソン期、ジッピー・メイヨー期みたいに結構ギタリストで語られたりもしますけど、それをひっくるめたブリロー期というククリが個人的にドクター・フィールグッドで最高です
Posted by yuzamurai at 2008年11月17日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。