2009年01月15日

この胸の中だけ

fc1.jpg


あの頃夢描いた今の自分ってなんでしょう

憧れたりなりたかったものって… なんでしょうね


なんて思いながら便所の中

出るべきものが出ねぇという状態 


まるで人生と一緒だ


くそしても流れちゃうからね

窓の外でも眺めてりゃ一日が過ぎちゃうからなぁ

あの日、原稿用紙に書いた思いは

そんなんで大丈夫だったんだろうか?



オレと君の



たましいによろしく



tamasii.jpg

フラワーカンパニーズの新譜




鈴木さんもいろいろあって ここまできた



こちらも ずいぶん涙もろくなりました



「この胸の中だけ」当初はライブ会場限定だったが、PV化、アルバム収録された



こちらもどうぞ

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

「旅の手帖」へ
この記事へのコメント
こんばんは!

フラワーカンパニーズ!
最近、僕、すごく気になっていた
バンドでした。

この曲もいいですねーー。

あと、僕もここ数年でめちゃめちゃ
泣くようになりました(笑)
Posted by ちゅう吉 at 2009年01月15日 18:34
この胸の中だけ・・・

今日初めて聴きました。

ありがとう。

聴いていると、
コメントをしたくなりました。
急におじゃましてすいません。

夢中になれるものを持ってるって事が幸せってこと・・・
この歌の歌詞だったんだ。

涙がとまらない。

切ないから歌があるのではなく、歌があるから切ない・・
そうかもしれない。

フラカンを聴くと切なくなるから・・・

聴かないようにしていたフラカン・・

この胸の中だけ と 深夜高速 

今日は、繰り返し繰り返し聴いてます。
Posted by ぽちっとな at 2009年01月17日 23:50
ちゅう吉さんと鈴木さん(フラカン作詞・作曲)はほぼ同世代ではないでしょうか
鈴木さんはピーズのハルさんの2〜3つ下だと思います
(フラカンとピーズはよく対バンでやってます)
どちらも
おんなじ時を生きてきたみたいなの感じるんじゃないかなと…
僕なんかは少し下の世代ですが、ピーズもフラカンも同じようにたまらない
聴いてみてください
きっと胸にくると思います
ピーズに心打たれたちゅう吉さんならフラカンは届くんじゃないかなと思います
Posted by yuzamurai at 2009年01月19日 11:06
フラカンここ1〜2年よく聴くようになるまで5〜6年のブランクがあったんです
以前よく聴いてたんだけどご無沙汰してて
再び聴くようになったきっかけは友人が
「生きててよかったそんな夜を探している〜って歌があって、すごくいい フラワーカンパニーズだ」
とある日の僕に言ったこと
それからですフラカン再熱
その友人と二人でフラカンのライブも観ました
泣いてしまった
自分ライブ観て泣くことなんてないのにです
なんだか長々とすいません
でも
こうやって
ブログを通じてフラカンがぽちっとなさんにつながったことを嬉しく思います
ありがとうございました
Posted by yuzamurai at 2009年01月19日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。