2009年07月14日

70年代のRCサクセション「お墓」

拍子ぬけの梅雨

明けて汗だく 青春アブラーゼ



今年の梅雨は本当に雨が降らなかった

というわけで四国は水不足が懸念されております

宿毛市に関しては大丈夫なんですがね、水が豊富な町ですので



懸念の渦中、気がつけば7月も中盤

僕は

そろそろ お墓掃除にいかなくちゃと思いながら晴天の夏空を仰ぐ


rc70.jpg


70年代のRCサクセション「お墓」




この曲リンコさん(ウッドベースの素敵な方)はあまり好きではなかった

そうですが(露骨な曲名がいやだったのかな)、

たいへんな名曲です

僕はそう思います

この時期のRCサクセションにしかない切迫感があるんです



ねぇ

僕の心が死んだ場所はどこなんでしょうか

いったい いくつのお墓がたっているのか

想いは深いようです



そのうち降らなかった梅雨のことも忘れ

君も僕もお墓の掃除に行くのでしょう

「二度と戻らない」と言ったあの町へ



夏はまだまだこれからです

 



posted by yuzamurai at 13:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

冷やし中華の季節になりましたね。僕は既に1回ではありますが、自宅で食べました。おいしかったです。あと本日は冷やしラーメンです。これは初めて食べます。

僕も『お墓』の歌詞は何度聴いても感動しています。凄い歌ですよね。力がありますよね!
Posted by ちゅう吉 at 2009年07月15日 17:41
これは名曲ですよね〜
OKにはいっていたので、当時はその頃の曲かと思っていたのですが、ラプソディネイキッドにもは行っていたし何しろこの画像のようにフォーク時代からやっていた曲なんですね。
いい曲だなぁ・・・
Posted by マイト at 2009年07月23日 04:08
ちゅう吉さん、今年はですね例年に比べ冷やし中華の摂取量が少なくて・・・
これじゃイカンってなわけで
会長(笑)として・・・
これからばりばり食います
「お墓」は歌詞も初期独特のメロディも最高です!
Posted by yuzamurai at 2009年07月24日 00:16
マイトさん
名曲ですよね「お墓」
清志郎の独特の詞、メロディだななんて個人的に思います
いい曲だぁ
好きですこの曲
Posted by yuzamurai at 2009年07月24日 00:20
ごぶさたです!
OKに入ってたレゲエ風のアレンジより、こっちの方がストレートで心にきますね!!!
しかし、この初期のRCってフォークという枠組みにおさまらないですよね。この時期はリアルタイムで知らないんですけど、この頃すでに「異端児」だったんでしょうね。
なにげなくみてた映像ですが、もう清志郎がこの世にいないんだな。と気が付いた曲の後半、涙がこぼれました。グスン
Posted by SHIN at 2009年08月05日 14:49
個人的にレゲエアレンジより、初期の方の真っ直ぐさが好きです
直接胸にくる
本当に独特ですよね
この感じは3人のRCにしか出せないなと思ってます
Posted by yuzamurai at 2009年08月10日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。