2009年08月23日

十年ゴム消し

そこらに転がった 十年なんてゴム消し




君がいた十年

君がいない十年




馬鹿な頭で考えた


そしたら、僕の机の隅っこに思い出のカスが残った




僕といた十年と僕といない十年

確かにそこにあったのです

十年ゴム消し.jpg

旧道のようになってしまった国道56号線

道端に緑 背の高い雑草 道路に向かって

空には緑と青の境界線


考えたって始まらない帰り道は三日月の夜


西の空に細く鋭い三日月


なぇ あの日食べたかったラーメン思い出してよ


優しかった人、冷たかった人

忘れられない人、忘れたい人



「十年なんてゴム消しさ」



忌野清志郎がそう言った



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。