2009年08月26日

RCサクセションはTVの中で

最近めっきり涼しくなっちゃって

扇風機は休止中

僕はレコードの整理中


… 発見


ビートP.jpg

RCサクセションで一番売れたアルバム

…ですが、後追い自分にはこのアルバムへの思い入れはあまりないのでした

(RCサクセションを知ったのは小学6年生の頃で、1989年、90年辺りです。「BEAT POPS」に間に合わず)



そんな中、思うはあの有名な

夜のヒットスタジオでの「SUMMER TOUR」ガム吐き

昔はそんな映像なんか観れなかったものだから


音楽雑誌などで(活字から)得た情報を自分の頭の中で勝手に映像化するしかなく…

完全に想像の世界でした



インターネット全盛の今はそういう面でとても幸せ


1982年(昭和57年)6月14日の放送

視聴者からの苦情の電話が殺到した忌野清志郎のガム吐き



映像は田原俊彦さんが歌う「トランジスタラジオ」から始まります

これについても何かコメントしたいところですが、あえて自粛します


「SUMMER TOUR」RCサクセション




派手でキラキラしていて どポップ

この時のRCサクセション特有のかっこよさが今この映像の中にある



そう

僕の愛したRCサクセションはTVの中





ラベル:夜ヒット
posted by yuzamurai at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか・・・。
89年頃が小6とかですか。
決して自慢とかではなく、そういう感性を持ってる湯侍さんにも、この動画をリアルタイムで観た時の何とも言えないドキドキ感、味合わせたかったなぁ。
Posted by LA MOSCA at 2009年08月26日 21:06
リアルタイムで観たのならどれだけの衝撃だっただろうと思います
ああ”リアルタイムで観たかった”
そういうのが個人的に沢山あって・・・
この”夜ヒット”もその1つです
Posted by yuzamurai at 2009年08月26日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。