2009年11月12日

まんだらけで「ついでにとんちんかん」と再会する

まんだらけに行ってきた


まるで博物館のよう


そこで古い週刊少年ジャンプが目に止まり、手に取ってみると

ジャンプ.jpg

「ついでにとんちんかん」えんどコイチだった


実に懐かしい


間抜作(あいだ ぬけさく)と天地無用(あまち むよう)


彼らの職業は先生と警察官


二人は当時小学生のオレらが尊敬した究極のアホだった


アホも行くところまでいけばヒーローになれる


”中途半端が一番いけないのだ” この漫画が教えてくれた


posted by yuzamurai at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ロックンロールな本の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほうほう、北海道にもまんだらけがありましたか〜
この漫画、ばかすぎて好きでした。
やっぱり徹底的にやらないと面白くない。
Posted by マイト at 2009年11月30日 23:56
まんだらけ楽しいですよねー
見てるだけで楽しい
懐かしくて欲しいものも沢山あって!
でも買えないんですよね
結構な高値ついてて…

そう アホも徹底的に!
Posted by yuzamurai at 2009年12月05日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。