2009年12月07日

ウナギのおばはん

高知の人が珍しいのだろう


札幌の職場でよく高知についての質問をされる


「高知の川だと鮎やアカメですね」とある上司が僕に言った


「そうですねぇ あと青さのりや川エビ、ごりとかも有名ですね」

と僕が言う


「ほーーー」


「ああ ウナギもとれます」と言うと


上司は


「ウナギもとれますかぁ」と言った


そいえば以前 宿毛市松田川の河原で宴会をしていたら


下品で素敵なウナギとりのおばはんに会った


おばはんは

「えらい楽しそうやね、おばはんも混ぜてほしいわー」言うて

僕らが宴会するその脇を漁の道具でがしゃがしゃいわせなから通り抜けた



「何とるが?」と聞いたら


こちらを振り返り、待ってましたとばかりにおばはんは言った


「あんたの股についてるような ウナギをね とりにきたよー」


ベタな下ネタが刺激的


「活きのええやつね うひひっ」最後にそう言っておばはんは川に消えた


すこぶるビール


宴会も終りに近づいた頃

おばはんが川より浮上


「とれた?見せて」と言うと


「ええががとれた」とウナギの入った籠を僕らに見せた


「おおー ええねぇ」と僕ら


「あげんよ、見せるだけ あげんでもあんたらには股についちょるけんね ぐひひ」

とおばはんは下品に笑った


画太郎先生.jpg

土佐のはちきん ウナギと下ネタ  日本伝統のコラボレーション




昨日、上司とのなにげない会話の中でそんなことを思い出していた



posted by yuzamurai at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶんストレートな下ネタを吐くおばちゃんですな^^
Posted by マイト at 2009年12月10日 00:57
下ネタのおばはんはとても生き生きしていました
下ネタが元気の素
下ネタという活力源

あやかりたい?

気もします
Posted by yuzamurai at 2009年12月13日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。