2010年03月02日

曽我部恵一BANDはすごいのだ 

前略おふくろ様


”オレは先日 とても素敵なライブにいってきました” 


ネットという人類最新技術を介した事後報告から始まる札幌青春狂走曲


曽我部恵一BANDはすごかった

サニーデイサービスしか知らぬオレはぶっ飛んだ


ナパーム!




キラキラ.jpg

キラキラ!  曽我部恵一BAND 12曲35分のデビューアルバム

01. 天使
02. 結婚しよう
03. キラキラ! 
04. 5月になると彼女は
05. 海の向こうで
06. 海とオートバイ
07. チワワちゃん
08. 街角のうた
09. まちぼうけ
10. 夢見るように眠りたい
11. 青春狂走曲
12. 魔法のバスに乗って


「長い曲は他のメンバーが嫌がるんです。”長すぎる”ってダメだしされる。

僕は作り手だから出来あがった曲に愛情あったりするんだけど泣く泣く一部分削

ってなんかして曲短くしてます。シャープに」

とは曽我部恵一さん


自分の中で作り上げた勝手なイメージ(勝手なサニーデイサービスの解釈)が

いとも簡単に壊されたものだから、オレは少したじろいだけれど、ものすごく感動して

「良かった 良かった 猛烈に良かった」とライブからの帰り道に繰り返した

外はまだまだ寒くて氷点下、足もとで雪をザクザクやりながら…



”そっちはどうだうまっくやってるか?

こっちはこうさ どうにもならんよ

今んとこはまあ こんな感じなんだ”

こういう形式の歌詞いいなぁ

オレの好きな”前略おふくろ様”タイプの詞です


その『青春狂走曲』のセルフカバーの入った2008年発売のデビューアルバム

”キラキラ”の最後を飾るのはライブでも印象的だった『魔法のバスに乗って』という曲でした


「すごい すごいぞ」


家に帰ってあらためて聴いて、歌詞を噛みしめ感動するのでした


これは終わらない青春だ


曽我部恵一BAND「魔法のバスに乗って」PV





ラベル:曽我部恵一BAND
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。