2010年03月16日

瀕死の双六問屋

「愛し合ってるかい」

オーティス.jpg

清志郎さんが教えてくれたオーティス・レディング


その中でも一番の愛聴盤は初めて買った

レディング.jpg

だったりする

他にも良い盤、演奏はあっても

初めて聴いたオーティスが衝撃


「In Person at the Whisky a Go Go」



すごろく.jpg

「瀕死の双六問屋」忌野清志郎

我が理想郷”双六問屋”では履歴書などいらない

タレントが個展をひらいたりしないし、歌の下手な者がCDを出したりもしない・・

しかし、”双六問屋”は今、瀕死であった


以前、TVブロスに連載されていたコラムをまとめた一冊


これは小説という名の虚構なのか

日記と言う名の現実なのか それはわからない

ただ

そのロックな切り口、音の鳴り方はレコード評でもあるから

以前、ぼくがオーティスを知ったように

”双六問屋”を忌野清志郎のレコード評とし、ここで紹介されるオーティス・レディング

やジミヘンに驚喜するのもいい


そして 秘密兵器…

”双六問屋”には得意の漫画も掲載されている

清志郎さんはこう言っていた

「なんだかわけのわからないタレントが簡単に本出したり、歌ってCD出したり

映画作ったり、出演したりするけどさ。

タレントで漫画描く奴いないよね。漫画本出版する奴は。

漫画は本当に難しいんだ。

だからオレは漫画が、漫画家が一番偉いと思う」と


そういうわけでこの本では漫画家を志したこともある忌野清志郎の漫画も読める…


しかも

単行本なら すごいロック なCDも付いている…

1:瀕死の双六問屋のテーマ
2:遠いシナリオ
3:フリーター・ソング
4:瀕死の双六問屋エンディング・テーマ

(残念ながら文庫版には付属されていないのです)



あれ? なんなんだろうこの本は…




ぼくはこれを読んで 今夜もうーんと唸りをあげ

ターンテーブルでロックをまわす




この本が世に出た10年前


あれから世の中は何も変わっちゃいないし


今も変わらず”双六問屋”は瀕死である



ただ、死んじゃいない



ヘイヘイマイマイ

”双六問屋”は死なない 


終わらないのだ 



読んで確かめよう




「愛し合ってるかい?」



清志郎が 大きな声でそう叫んだ




この記事へのコメント
この本、俺も大好きです。
ひょっとすると清志郎関連の本で一番かも?
フィクションとノンフィクションの入り交ざったカンジというか。
ジョークかと思うと(たぶん)本音だったり・・・。
一筋縄ではいかないとこがいいなぁ。
Posted by LA MOSCA at 2010年03月16日 21:26
清志郎本、どれもけっこう面白い

うん 最高に面白い

いつも冗談めかしてるんだけど本気なんですよね
ユーモアを忘れない人です

この本も清志郎らしくていいなーと思います
Posted by yuzamurai at 2010年03月18日 06:38

このCDいいんですよね〜
単品で売り出してもいいくらい出来がいい
さすが清志郎って感じです。
Posted by マイト at 2010年03月24日 16:39
確かに!

しかしこのCDもったいないですよね

文庫版には付属しないんです

今から聴きたい!って方は古本で単行本探さないと聴けない可能性が…

う−ん
Posted by yuzamurai at 2010年03月25日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。