2010年05月23日

ことしもさくらがさいて

「この国には何でもある


ただ希望だけがない」



国会議事堂で、中学生がそう叫んだ



あれはいつのことだったか?



かって子供だった大人は寝起きに首をかしげる

僕もかっては子供だった 


中学生だった


さくら1.jpg


外は桜が咲いている

もう5月も終わろうとしているのにね

北海道では梅と桜が同時に咲く


僕は朝食も昼食も摂らずに家を出た


春の晴天  街を歩く


厚手のツナギを着て出かけたらやっぱり暑かった

少し汗ばんでくる



先日、職場で同僚が

「てんじん… 天神… りょく… なんだっけ りょくちゃ」とか言うので

「何?お茶の話?」と聞き直すと


「いやいや、なんだっけ、りょくち… そう てんじんやまりょくち


天神山緑地」と言った


そこは桜が素晴らしいという


「穴場です。札幌人のくせに最近までオレ知らなかったんですけどね。

この間、そこへ花見に行って来たんですよねぇ。 桜と梅がぶわーと咲いてて

しかも人が少ない、静かで良かったです。

おすすめです」らしい


僕はそこへ向かっている


でも結構歩くんだこれが…


札幌に来てよく歩くようになったなぁ


暑いからツナギを腰に巻きける

THE FOOLというメーカーのツナギ

直訳すると”愚者”になるのかな


この気温でツナギは正に愚者であるようだ



「あづい」



天を仰いだ



まぁ そうやって歩いた甲斐もあって…

さくら5.jpg

天神山緑地はとても気持ちの良い場所


確かに桜と梅がたくさん咲いていた

さくら2.jpg


ビールをぐびりとやる まずこれが無ければねぇ


さくら4.jpg


しばらく桜を眺めてる




以前、

職場で80歳を越えるお婆さんが新聞を読みながらこう言ってた


「これ… 中学生の自殺だって…

なんでだろう?」 


「中学生ねぇ」と僕が覗きこむ


「どうしても どうしても こらえられない嫌なことでもあったんだね。

嫌なことばかり…

この子は絶望したんだ。

でもね、自殺はね。だめだね。そりゃ人生いろいろあるよ。

嫌なことだってたくさんあるけどさ。

でもねぇ

帳尻はあってくるさ。 いいことばかりも、悪いことばかりもないもの。

ただ



中学生で帳尻は合わないさ」


話は自分の小学生の頃、戦争の話やら長くなるのだが、最後にこう言った


「楽しかった。 私の人生」そう笑った


「まだ、終わってないやん」と僕が言うと


今度は何も言わずに笑った






「この国には何でもある


ただ希望だけがない」






自ら命を絶つとはどういうことか



かって子供だった大人は桜を見て


考える



僕らは希望がない国の 中学生だった




今年、日本で一番最後に咲いた桜が風に吹かれ、

散っている




どこへ向かっているのだろう?




さくら3.jpg



希望のないこの国に

ことしもさくらがさく



愚者が見ているその前で


花びらが風に舞った


それは …




とても とても うつくしかった

posted by yuzamurai at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道・・・さすがに開花が遅いですね。
桜を見て『日本にうまれてよかったなぁ』こともたしかです。
が、仰る通りもっと希望を持てるようになればいいですね。
Posted by マイト at 2010年05月26日 01:11
もう北海道以外では桜散ってますよね
6月はすぐそこ、梅雨入りの時期ですもんね
空が暗くならないよう、希望が持てるよう
大人が勇気をださねばと思います
Posted by yuzamurai at 2010年05月26日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。