2010年06月30日

あの日、あの夏、境界線

あの日 高知は ものすごい日差しで


肌がこんがりと焼けた 


真赤になった



そんな私がいざ車に乗ろうとすると


後ろから 心配性のばぁちゃんが


「真っ赤な顔して、飲酒運転するな」と怒ったから


「これは日焼けじゃ」と言って


首元や腕の日焼け境界線を見せたら


「そうか 疑ってすまなんだ」



と言って前掛けのポッケから取り出したを一つ私にくれた

リチャード氏.jpg
posted by yuzamurai at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たのしいにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。