2010年06月29日

夢の中 

ボ・ガンボス1.jpg

「ボ&ガンボ」Bo Gumbos 1989年発表のデビュー・アルバム

1. 助けて!フラワーマン
2. 泥んこ道を二人
3. 魚ごっこ
4. Hey Flower Brother
5. ダイナマイトに火をつけろ
6. 夢の中
7. ずんずん
8. 見返り不美人
9. トンネル抜けて
10. ZOMBIE-ZOMB☆(ゾンビ・ゾンバ)
11. ワクワク
12. 目が覚めた



ボ・ガンボスに「夢の中」って曲があって


ほんとに心を打たれます



この曲を歌っていた どんとはもういないけれど、名曲が残るんだ ちゃんと




ボ・ガンボスには

ボ・ガンボス.jpg


”なんだか衣装が変わった人達だ”

”RCサクセションより派手だ(今思えばそうでもないか)”


なんて印象しか持たなかったものだから


リアルタイムでは聴くことがなかった


周りにボ・ガンボス聴いてる人がまったくいなかったし

ちょっとしたきっかけもなかった

どんと.jpg
(どんと氏)

だから今

「ほんといいなー夢の中。すごい名曲。ブルース」

などとほざいて一人で泣いても


悲しいかな 完全に後追いです



BO GUMBOS(ボ・ガンボス)

久富隆司(ボーカル・ギター)愛称はどんと

永井利充(ベース・ボーカル)

岡地明(ドラム)

川上恭生(キーボード・ギター・ボーカル)愛称はDr.kyOn


ボ・ガンボスの「夢の中」




”働いて 働いて 汗に埋もれて


まちがえて まちがえて 手も足も出せなくて


淋しいよって泣いてても なにも元へはもう戻らない


欲しいものはいつでも 遠い雲の上”





くるんだなぁ 胸のなんだか 



ふかいところまで





生前どんとが話したことで個人的にすごく印象に残っているものがあって


どんと「もうどれぐらい前かな?

沖縄でロックフェスがあったんですね。それにボ・ガンボスも呼ばれて

… ブルーハーツも出演してた。

とても暑い夏のことで…


ボ・ガンボスのメンバーでライブの合間に泳いだんだ。

オレ達は事前に用意してた海パンをはいて ざざざーと海に入った。


じゃぁ 誰か後から わーわー言って 海に入ってくるんだな。


それがブルーハーツ。




ばしゃばしゃとヒロトが僕のそばまでやって来た。


でさ、パンツはいてないんだヒロト。全裸。



ノーパンだった。



いや、実はヒロトだけじゃない ブールーハーツみんな海パンなんかはいてなかった。


ショックだったよ。


それで…


オレら、ブルーハーツにはどうしても敵わないって思ったんだ。」



そう語ったどんとが 今とても好きだ




「夢の中」




うまく言えないけど…



これは本物の音楽



どんとは本物の歌を うたった




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。