2010年08月05日

帯広のデヴィッド・ボウイC

3月も末に十勝平野へ突入です


英語で言うところのMARCH(マーチ)

それは以前住んでいた高知でいえば”ザ・春の到来”

花見だ 酒だ とうかれてもよい時期であったが、



ここ北海道の3月には春も桜も遠かった



まだ雪一面、帯広への道のりは ”らしい雄大な景色” が続く

北の空1.jpg

助手席では今朝から頑なに睡眠不足を訴えていた嫁がスヤスヤと眠っている

昨夜の寒さが余程堪えたのだろう、車の暖房も彼女の手によりフル稼働




「暑い…」 


頑張りすぎの暖房がいささか不快ではあったが嫁が可哀そうでもあり


我慢した



そんな暑い車内で冬季キャンプ対策を頭にめぐらせる


まずは寝袋のバージョンアップだけど…

厳冬期のそいつはいささか値がはるんだなー


やっぱり、あれか

家にある毛布を持ち込んで対応するのが現時点での最良の策か


そうか


そうだ


昨日の寒さの原因は忘れてきた毛布だ 


んー 


結局は毛布かぁ…

でも生活臭をキャンプに持ち込むのがヤダなぁー

スマートじゃないよなー


しかし厳冬期対応の寝袋は高い!とケチな意見が飛び交う




頭の中で昨夜の敗因を分析するのだ



そんな堂々巡りの対策会議であったが、金銭の問題は非常に大きく



必要なのは 生活感あふれる毛布 と結論づいた


冬のキャンプ対策会議は終了




相変わらず嫁は気持ちよさそうに眠る

ヒーターも相変わらず頑張っている



「やっぱり 暑い…」



嫁に気づかれぬようヒーターのつまみをカタカタッと左へ回す

つまみは優しく”1”を差した




会議が終了し、今度は雄大な景色の連続という退屈に陥っているオレは

北の空2.jpg


「あー これはすごいぞ!」


大きく声に出し目の前に広がる雄大な十勝の大地を称えてみた



それに反応した嫁



「ううー 突然、何ー」と低い唸り声



「君ー外を見たまえ、すごいぞー」とオレがやさしく声をかけると



上半身を起こし外の景色を面倒くさそうに確認後、またバタリッとリクライ

ニングに倒れこんだのであった


「いやー すごいろー」わざとさっきより大きな声で言ってみるが


助手席から

「そうやね」と明らかに”面倒です”と察しがつくような返答があっただけだった


ほんとにすごいんだがな 感動のない女だ 


これぞ北海道じゃないか




そんな折にも

カーステレオから小さな声でジーン・ヴィンセント

それはこの景色にそぐわなかった


”ビーバップ ア ルーラぁ シズマぁ ベイベー”

ジーンビンセント.jpg


ここはベタに

松山千春や小林旭などのジャパニーズ・シンガーが良いのだろうかと思っ

たが我がipodには収録されていない



「北国のぅ 旅のー そーらー


マイトガイ小林旭…」


退屈なオレは自分で歌ってみる

憧れの旭さん.jpg


北国の旅の空


流れる雲はるか向こう




”熱き心に”を聴くと思い出す風景がある


祖母の家、近所のスナック、自分を可愛がってくれた何だかやさぐれた感がする

飲み屋のおばさん(子供心にそんな印象を持った)

いや、お姉さんと呼ぶべきだったか


朝、小学生のオレらが元気よく家を飛び出す頃、彼女はいつも気だるそうに

スナックの店先を掃除していた 


はじめは夜遅くまで働いているからきっと朝がつらいんだろうと子供心に思

ったけれど

昼だろうが夜だろうが、気だるそうなところしか見たことが無いから、きっ

とそれが彼女にとってはニュートラルな状態なわけで朝が特別気だるいわけでは

ないようだった




「小林旭はええ男、あんたらもあんなええ男になりなさい」




彼女はそう言って当時流行っていたのであろう”熱き心に”の一節を口ずさんだ



「あんたら 知っちょるか?小林旭」









この歌の何だか不思議な高揚感と目の前を広がっていく景色

北の空3.jpg



車は走る



みんな涼しい夏の北海道を褒めるがこの雪まみれの冬もいいなぁと思った





そんなこんなで

気がつけばオレが行きたいと望んだ”雪まみれのでっかい帯広”はもうすぐそこだった





つづく
posted by yuzamurai at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。