2011年01月14日

幸福の音

33歳の僕は幸福な食卓に寝転がった



この部屋でただひとつの灯かりが目にまぶしい

人工的で退屈な蛍光灯は

部屋中の装飾にあらゆる角度から光を与え

どんなものにも影があるのだと教えてくれる




僕は寝転がったまま、

あるハズのない鍵盤をポンポンとたたく



「幸福な音

さぁ 幸福な食卓を」


ロニー.jpg



ロニーでささやかに



「How Come」Ronnie Lane and Slim Chance





この幸福の部屋には入口がひとつしかない

つまりそれは出口にもなりうるわけだ





34歳の君が帰宅した





posted by yuzamurai at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 酒(SAKE ROCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
大阪市在住の岡田と申します。

私も江戸アケミさんに多大な影響を受けたひとりです。
墓参に行きたいと以前から思っており、陣野さんの増補版も読みましたがヒントが見当たらず...。
今年も1月27日を迎えるにあたり、ウェブを調べていたら辿り着きました。

不躾なお願いで、大変申し訳ないのですが、
江戸さんのお墓のある場所をお教えいただけませんでしょうか。
何卒よろしくお願い申し上げます。

※余談ですが、私も実家が香川県丸亀市の四国人で、
清志郎さんも大好きです。
今後、ブログを拝見させていただきます!
よろしくお願いいたします。

岡田圭介
modernlovers_2004@yahoo.co.jp
Posted by 岡田 at 2011年01月19日 11:13
初めまして岡田さん

自分も今高知に住んでいなくて

お墓の場所も記憶に曖昧なのです

(地元の方でもわからない、山の方なんです)

なので

陣野さんの増補版に書かれていた”地元の

若者たち”の中のひとりで

ことの全てを繋ぎ合わせてくれた

友人に問い合わせてみます

彼なら正確な場所がわかるはずです



分かり次第連絡いたします
Posted by yuzamurai at 2011年01月20日 21:54
yuzamurai様

ご返事をありがとうございます。
この度は無理なお願いをしてしまい、大変申し訳ありません…。
特に急ぎではありませんので、いつか解りましたら、よろしくお願いいたします。

岡田
Posted by 岡田 at 2011年01月20日 22:32
早とちりしてしまいました(笑)

今月の27日に行くのではないのですね

わかりました

あらためてお返事いたします
Posted by yuzamurai at 2011年01月22日 17:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。