2011年06月16日

ゆーわけでせっかくだし悪いけど

月の光がやさしい


月夜とはこんなにあかるいものか

そう 思って夜空を見上げた


つき.jpg


左側が少し欠けた月が浮かんでいる

携帯のカメラで撮ってみるが… なんだかよくわからない写真になった


周りは砂の海、波の音はするが実際の海が見えない


僕らは音のする方へ歩いた
   

小高くなった砂丘

そこを登ったらやっと海が見えた



丘の上に小首を傾げた実に頼りない小さな看板がひとつ


”丘”という字は読めるが… あとは


潮で腐食していてなんて書いてあるのか読めなかった



わからない



本当のところ

自分がいる場所がどこだかわかっていなかった




月の光に照らされた丘から


うつくしいもの と よごれたもの


それ いったい どうするのですか?





まだ夜は長く

明けることはない



posted by yuzamurai at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。