2011年07月31日

ホッキと岩がきのベイビー

苫小牧の海へやってきた

ホッキ貝をとりに



海に胸までつかって足で砂地をぐりぐり(腰振り)やるんだが…


恐ろしい寒さで2個とったところでやめた


裸ではとても耐えられん


”やはり…

ウェットスーツが 必要だ”


腰を振りながらそう思った


とにかく

南国土佐の夏ではかんがえられん水温です


 

そんなわけで

非常事態にいつも冷静な対応ができるわたしは

脳内日記をシタタメタ



”家庭と海水はいつもあたたかいものだと思っていたが

間違いだったようです。

わたしは嫁と寒さに弱い。

おわり”





かわりにといってはなんだが

今が旬の岩がきをとった


かき.jpg


7月最後の夜


いつもの金麦


ホッキ


岩がき


スタンドバイミー


泣いたりはしないが


やっぱり



大事なことを おもいだした

posted by yuzamurai at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 喰えばわかるよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。