2011年09月15日

夜の散歩をしないかね そのA




「よーし 風をあつめてー」




”とても素敵な

味爽どきを 通り抜けてたら

伽藍とした 防波堤ごしに

緋色の帆を掲げた都市が

碇泊してるのが 見えたんです”



おとこ.jpg



「あ、違う それ 2番だよ」



ごきげんに 散歩する 




”風をあつめて


風をあつめて”



ひとつひとつのみえてくる風景はすてきなのだが

酔っ払いは

時々、どこがどこだかわからなくなる

どこが先で どこが後か どうつながるのか


そんで こまったら


また


”風をあつめて


風をあつめて”


と歌うのであるが



それから



”蒼空を翔けたいんです”



とつづくから



ああ やっぱり すばらしいなと



酔っ払いは立ち止まって



風のあつめ方と空の翔け方をじーっと考えるのだった



細野晴臣 「風をあつめて」 スペシャルバージョン






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。