2011年10月20日

Serge Gainsbourgと麻婆茄子

セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)は


世を挑発し続けた


セルジュ.jpg



十代の頃


「ゲンズブールに手を出しとかないけん」と


わけもわからずに買ったレコードが


ぱちぱちと音をたてる



やっと


そこで鳴ってる

セルジュ1.jpg





室温18度の我が家でパンツ一丁


部屋の中は寒い けど フライパンは熱い 


寒い けど 熱い


ゲンスブール 


ゲンズブール


だんだんわかった


だんだん わかった



ただ



フランス語がわかった方がいいし、服は着た方がいいな






誰かが僕にこう言った





「ゲンスブールはだらしなさとクールが同一線上にある」




「あっ それだ…」



なすを切りながら 思わず口を出た



「さぁ いためよう」


にんじん多い.jpg


にんじんとピーマン多い…



人生初の麻婆茄子(まーぼーなす)を作っている



料理はようわからんことだらけで、それはそれでおもしろい



「でけたぁ」



にんじん多い気がする.jpg


やっぱり、にんじんが多い気がする…



あまりに赤がいっぱいなので、これはいけんと思って


紫色のなすをさがしてほじくり返す



ぐっちゃぐちゃ



「まぁいいや」


これで

嫁さんに愛想尽かされてひとりぼっちになっても、世を呪いながら

麻婆茄子(まーぼーなす)は作れる



そして

奇跡的にうまかったら

料理長がいつかゲンズブール爆音のクールなお店を構えた時の

メニューにもくわえよう



野望はつきないぜ








クールなA面が終わりましたよ



posted by yuzamurai at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アナーキーな料理長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。