2011年12月10日

イカと道南とBIG JAYの旅

BIG JAY McNEELY(ビッグ・ジェイ・マクニーリー)が流れる

時代遅れのいかれたバーのカウンターに座った


ビッグ氏.jpg


もしここで




「あんた、イカ好きか?」




と聞かれれば



「いえす」と深刻な顔で答えるのだが



場にそぐわないからか、誰も聞いてこない





まぁ、聞かれても、聞かれなくても、イカの旅はつづくんだが…



「ああ マスター もう一発 ビッグ・ジェイ 頼むよ、品のないイカシタやつ。


あと、ウェルチ。 レモンのスペシャルなの。 ウオッカで割ってくれ」



「PSYCHO SERENADE」BIG JAY McNEELY












翌日、



オレはイカをもとめ道南をさまよった




ふらり、森町へ


イカめし1.jpg


「ここが森駅だ」



「かのゆーめいなイカめし下さい」




イカめし.jpg



「うまい」


「けど、小さい」



オレは

イカめしというものに金をかけたのは生まれてはじめてだった



イカめしとは、


青江美奈が歌うブルースに狂ったばあちゃん

とか

近所のJBみたいなおばはんが作るものであって


いつも無料で食えたものである



そうでしょう?




今、オレが突然


「イカめしが食べたくなった。買って来る」と言っても


ベントスでもほか弁でも近所の西友(SEIYU)でも売ってない(たぶん)





そう言えば昨日


いかにもイカめし風のばあさんに


「西友(SEIYU)ってわかる?」と聞いたら



「水牛?」言うてた 文章にするとまったく面白くないが、オレは面白かった




とにかく


念願のイカめしをクリアした 2年越しのことであった



また、車は走る


ロードナンバー ファイブ





つづく




posted by yuzamurai at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。