2011年12月14日

札幌、竹原ピストルが歌った

ピストルさん.jpg
(竹原ピストルドサ回りカイロもらった)



鮭とばかじりながら

焼酎のお茶割飲んで、ふらふらしてたライブの日




竹原ピストルさんはステージ上で、もがいてるように見えた


まるで“生きる”ということにもがいているようだったよ


ぼくは、一曲目ですぐ涙がでそうになる







でも、大丈夫だった







「BROTHER」竹原ピストル





人間なんて、人生なんて まだまだ 完成としない方がよい



語るにまるで足らず





ふらふらしながらも


そう、思った




ラベル:竹原ピストル
posted by yuzamurai at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。