2012年02月07日

ROCKERS

「ROCKERS」という有名な映画がある


ロッカーズ1.jpg
(↑はサウンドトラック)

1. We a Rockers - Inner Circle
2. Money Worries - The Maytones
3. Police & Thieves - Junior Murvin
4. Book Of Rules - The Heptones
5. Stepping Razor - Peter Tosh
6. Tenement Yard - Jacob Miller
7. Fade Away - Junior Byles
8. Rockers - Bunny Wailer
9. Slavemaster - Gregory Isaacs
10. Dread Lion - Scratch
11. Graduation In Zion - Kiddus I
12. Jah No Dead - Burning Spear
13. Satta Massagana - Justin Hines & The Dominoes
14. Natty Take Over - Justin Hines & The Dominoes




1978年作(ジャマイカ)。

リロイ・ホースマウス・ウォレス、バーニング・スピア、グレゴリー・アイザックス、

ビッグ・ユース、ジェイコブ・ミラーなど、何人もの有名なレゲエアーティストが出演している。


ロッカーズは当初、ドキュメンタリー映画になるはずだったが、レゲエ文化の全盛期に

おいて、その等身大の成長を示す代表作となった。

この映画では、文化、登場人物、特徴などに、全て実際の物が使用されている。

主人公であるリロイ・ホースマウス・ウォレスは、映画の中で実際の自宅に、実の妻や

子供達と住んでいる。劇中に登場するレコーディングスタジオは、1970年代にボブ・マーリー

も含む多くのルーツロックレゲエアーティストがレコーディングをしていた有名な

「ハリー・J・スタジオ」である。(wikiより)



昔観たが、いつでもどこでもいけるよう手元に欲しかったので、

今回手に入れた


ロッカーズ.jpg



そういえば、

オレにレゲエやスカのかっこよさを教えてくれたのは、クラッシュだったのだろうか…


酒に気分がゆれて、はっきりと思い出せない



まぁ


難しいこと抜きで


音と画、全てがいかれてる  





「クール」




Rockers (Reggae) - film intro






先日、ワカサギ(衝撃の2匹)に打ちのめされたオレは言う




「ねぁ、あんた


これで、一緒にゆれないか」





posted by yuzamurai at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。