2012年06月02日

かなしいお馬さん

高知のどこかの町で出会った馬の目はかなしそうだった

「馬はいつもそんな目をするからね」とぼくが言ったけど

帰り際も同じ目をしてた


120525_1524~01.jpg

北海道で会った馬

青くなった馬は微動だにせず、じっとこっちを見てた


あのかなしい馬の目が再現できてない様子はどこまでも どこまでも かなしいのだった





それでは

出会っても別れても同じように かなしい
posted by yuzamurai at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | せつない思い出のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。